Qlioplus

丸亀のあさりうどん2018!販売期間はいつまで?産地はどこ?

どーも、ポジ(@Qlioplus3374だよ。

 

あさり食べる機会ってほとんどないよね。
丸亀のあさりうどんのおかげで
年に数回はあさりを食べるようになったってひとも多いのでは?

 

はじめて食べたんだけど、これがなかなかイケたよ。
あさりの量もめっちゃ多いので食べごたえもあるし。
実際に食べてみた率直な感想をお届けするよ(*´Д`)

スポンサードリンク


期間限定!丸亀製麺のあさりうどん

 

春限定メニューとして期間限定で販売してるんだよね。
3月13日から発売されて、終了時期は明確には決まってないそう。
なくなり次第に終了しちゃうそうだから食べるならお早めに!

 

 

知らなかったんだけど、あさりの旬は春なんだね!
産卵時期は春と秋なんだけど
春がいちばん身が肥えてておいしいんだとか。

 

旬の食材をいちばんおいしい時期に味わってほしい!
そんな作り手の純粋な思いが伝わるよね。

あさりの産地は非公開?

あさりといったら日本で穫れるイメージが強い。
日本人なら1度や2度は潮干狩りに行ったことあるはず!
あさりの味噌汁やお吸い物だったりと、日本人にとって身近な食材だよね。

 

国内の漁獲量は愛知県がダントツに多く、
その次に静岡、三重と続くんだそう。東海地方ばっかりヮ(゚д゚)ォ!

とはいえ、最近は中国や韓国から輸入されることも多いらしく、
その量は国内の漁獲量と同じくらいに当たるんだそう。

 

埋め立てや温暖化にともなって、
国内での漁獲量が年々減ってるのが要因のようだね。

 

丸亀のホームページには産地の公表がないことから察するに、
おそらくは中国か韓国の輸入物じゃないかと。
国産だったら堂々と「国産です!」ってアピールするはずだから。

 

まぁ国産と外国産でそんなに違いがあるとも思えんけど(汗)

スポンサードリンク


あさりドッサリ!数えたらなんと・・・

注文を受けてから作り始めるスタイルは、
期間限定メニューでは毎度おなじみ!

丸亀の牛すき釜玉うどんが美味!期間はいつまで?おいしい食べ方も!

 

番号札を渡され、席で5分ぐらい待ってたら
店員さんが運んできくれたよ。
丸亀で席まで運んできてくれるなんて!なんたるVIP待遇w

 

これがあさりうどんか!これでもかってくらいにあさりがドッサリと!

うどんの麺がまったくみえないくらいにあさりで覆われてるとは( ゚д゚ )
丼のうえで潮干狩りをお楽しみくださいとでも?
それくらいエンタメ要素に満ち溢れてるよね。

あさりのテーマパークや〜〜〜

 

あとで数えたらなんと26個も入ってたよ(*_*)
1度でこんなたくさんのあさり食べたの人生初かもw

 

もちろん、ちゃんと殻入れを用意してくれてるので
殻が邪魔で食べづらい心配とかはいっさいない。

お客さん目線が行き届いてるのも丸亀らしいよね。

 

あさりうどんの着想はカルグクス?

あさりうどんは目で見て楽しめるだけでなく、
味覚においてもいままでにない新鮮さが味わえる一品だった!

ポジさんさん(@poji3374)がシェアした投稿

そもそもあさりうどんって他にないよね?

お隣の韓国では、あさりがトッピングされた
カルグクス(韓国風うどん)っていう麺料理があるそうだけど、
日本ではあさりとうどんを一緒に食べる習慣はほとんどない。

 

斬新なメニューにも映りがちな丸亀のあさりうどん。
もしかしたら韓国のカルグクスをモチーフにしたのかも?

あさりうどんを食べた感想

スープをひとくち啜ると、あさりの出汁からでた
魚介の旨みが口の中にブワッと広がる。
あさりの量が多い分、旨みがダイレクトに感じ取れるよ。

 

あさりの旨みだけでなく、あご、サバ節、かつお節、昆布も入ってるので
旨みエキスの広がり方が尋常じゃない!!!

 

かといってそれぞれの個性が強すぎることもなく、
ほどよく調和してるのでスープにエグみはない。
バランスよく配合されてるのがよくわかる。

 

ただ、個人的にはうどんの麺よりも中華麺のほうが合いそうな気がした。
エッジの効いたスープなので、
うどんの麺だとどこかボケてしまうというか・・・。

 

魚介系の塩ラーメンのスープに近いものがあるせいかな!?

 

中細麺くらいの中華麺のほうが
しっかりスープを運んでくれていい役割果たしそうだなと。
うどん専門の丸亀にこんなこと言ってもしょうがないけど(汗)

 

あさり自体は肉厚でプリップリだし、
あさりうどんとしての完成度はそれなりに高いと思う。

食べ慣れないうどんなので最初は違和感あるんだろうな。
もう1回食べてみるか。今度はバターのせてみよっと。
ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


フォローする

関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top