Qlioplus

KENTの豚毛歯ブラシ(かため)を使ってみた感想!欠点はあるの?!

どーも、ポジ(@Qlioplus3374だよ。

前から一度は使ってみたいなぁと思ってたKENTの歯ブラシ。
ふだんはドラッグストアの特売品の無名のやつを使ってるんだけど、
なんとなくロフトの歯ブラシコーナーに立ち寄ったらKENTが目についてね。

1本350円するから歯ブラシとしては高級な部類だよね?

バトラーはたまに使ってたけど、KENTはまだ一度も使ったことない・・・。
オシャレだし機能性もありそうなのでどんなもんか試してみたい!
ふと衝動に駆られたので思い切って買っちゃった(´ε` )

スポンサードリンク


イギリス王室御用達メーカー

KENTってかっちょいいネーミングだからヨーロッパ系のブランドだとは思ってた。
イギリスかぁ。どおりでオシャンなデザインなわけだw

歯ブラシ専門ではなく、ブラシメーカーとして有名なんだね。
1777年創業の超老舗だった!
そういえば美容院なんかでKENTのヘアブラシ見たことある。

イギリス王室御用達メーカーに指定されるくらいだから
伝統に裏打ちされた技術力があるのはまちがいない。

日本で売ってるKENTの歯ブラシはイケモトという会社(池本刷子工業株式会社)
がライセンス委託を受けて作ってるんだそう。

そのため、イギリス製じゃなくてメイドインジャパン!

日本の会社のほうが日本人の歯の形を熟知してそうだから
本家よりも安心感あるかも!?

どこに魅力を感じたのか?

いままではナイロンのものばかり使ってたのでそろそろ天然毛のタイプも使ってみたい。
そうなると、自然とKENTに辿りつくんじゃないかと。

 

KENTの歯ブラシといえばなんといっても豚毛
天然の豚毛100%がKENT歯ブラシの特徴だよね。

馬毛のタイプもあるけど、もともと豚毛ブラシメーカーから
スタートしてるのでたぶん主力は豚毛。

老舗メーカーの豚毛の歯ブラシってどんなかんじなんだろう?
グリップも持ちやすそうだし、歯に当たる感覚がめっちゃいい気がする…

ちなみに天然毛のなかでも豚毛は馬毛に比べると硬めらしい。
歯ブラシはかため派なのでこれはちょうどいい。

一度でも天然毛を使ってしまうと、
もうナイロンみたいな人工毛には戻れないと言われるほど。
いや〜、調べれば調べるほどに天然毛が魅力に思えてきたよね。

スポンサードリンク


使ってみた感想

ナイロン毛に比べると、歯にあたる感触がめっちゃソフト!

わりと硬めではあるけど、歯茎にグサッと刺さることもなく、血も出なかった。
いつもは磨くごとに血が混ざってたのに…いまのところ一度も出てない(゜o゜;
歯や歯茎を傷つけることなく磨けるのは豚毛のもつ最大のメリットだと思う。

ヤバイ。めっちゃいい!豚毛!

一度使い始めたら元に戻れない説はガチかも。動物のもつチカラって偉大だなぁ。
歯に優しい当たりなのにちゃんと磨いた感があるのが不思議すぎる…。
復元力も高く、ナイロンより長持ちするのでじつはコスパもいいっていうね。

歯ブラシはかため派だけど、ナイロン毛だと血が出てしまうってひとは
豚毛に替えてみることを全力でオススメする。
もうナイロンに戻れる気がしない(汗)

乾きが遅いのは豚毛のもつ欠点?

ただ、天然毛は吸水性にすぐれてるぶん、乾きが遅いという欠点も…。
乾燥スピードが遅いとどうしても不衛生になりがちなので
そこはデメリットと言わざるを得ないかも。

 

カビが生えたりしないか少し心配ではある。
ユニットバスの洗面台のところに歯ブラシ立てを置いてるのでなおさらね。

シャワー浴びたついでに歯磨きする習慣があるので、
使い終わったらすぐに換気扇回しておかないとカビそうで恐い・・・

もしユニットバスなら、乾きが遅いことをしっかり考慮すべし。
歯磨きの後は換気扇をまわす習慣を徹底しとかないとヤバイかも。
歯ブラシの水気を切ることも忘れないように。

いくら持ちが良くてもカビが生えたら使い物にならんからねw
とはいえ、ちゃんとやることやっとけばそこまで気にしなくても大丈夫だとは思う。

ナイロン毛とのちがいを理解して、正しい使い方をすればいいだけのこと。
個人的には、デメリットよりもメリットのほうが上回ってるので
ぶっちゃけそんなに気にしてなかったりする。

どっちみち1ヶ月に1回のペースで交換してるしね。
月1ペースだったら、よほどの悪環境じゃないかぎりカビないでしょ?!

そんなわけで、KENTの豚毛歯ブラシは買ってサイコーだったよーって話。
ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


フォローする

関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top