Qlioplus

ドトールのシュークリームがうまい!フォークを使った食べ方も伝授!

どーも、ポジだよ☆彡

 

ドトールにシュークリームがあるのは知ってるよね?
はじめて食べてみたんだけど、これが思ったよりも本格派でビックリ!

 

仕事の昼休憩の合間だったのでゆっくりは味わえなかったけど。
近々もう1回ゆっくり味わうとするか。
ティータイムを日常的に楽しむ貴婦人のごとく・・・。

スポンサードリンク


ドトールのシュークリーム+いつものブレンド

250円で食べれるのもうれしい。
ブレンドコーヒー(S)とセットにしても470円!

 

スタバとかでこんなセット頼もうもんなら余裕で1000円近くいくよね?
最近はドトールも店内がオシャレになってきたし、それでいてちゃんと本物志向。

 

ドトールに客が押し寄せるのも無理もない。ポジは断然ドトール派だよ(*´Д`)

 

 

やっぱシュークリームのお供といえばブラックコーヒーでしょ!

甘い物同士だと味がぶつかりあって本来のうまさが味わえんもん。
甘いものと苦いものだとそれぞれの良さが引き立つってもんよ。

 

シュークリームとコーヒーの組み合わせは
まさにゴールデンコンビやと思う。

 

関連記事:ドトールのソフトクリームがおいしい!東京の販売店舗やレビュー!

クリームは注文を受けてから

注文を受けてその場でクリームを注入してくれるよ!
ビアードパパに対抗しとるんかな?
かなり気合い入っとるよね。店員さん的にはめんどいやろうけどw

 

ビアードパパが持ち帰り専門なら、ドトールはイートイン限定。
作りたてがウリなのは一緒やけどしっかり差別化図っとるね。

 

 

 

お皿にのっかったシュークリーム食べるのいつぶりやろ?
テイクアウトだとなにも考えずに手づかみで食べるんやけど、

お店で、しかもフォークがついてきたら
さすがに存在を無視するわけにもいかん。他人の目も気になるし・・・。

 

 

フォークを使ってさも食べ慣れてるかのように、
お上品にマダムっぽさを演出するのがなかなか大変やった(;´Д`)

他人の目が気にならない人はそのまま手づかみでいっちゃっえ!!!

スポンサードリンク


おばあちゃんが作りました感w

 

シュー生地をフォークで割ってみると
ザクッとした音とともにクリームがぎっしりと!

 

シュー生地はクッキーみたいで割りと甘めかな。
ザクザクした食感がたまらんね。
やわらかめのふんわりシュー生地がお好みならアレだけど。

 

どっちかというと、外サクサクが好みなのでこれくらいが丁度いい。

 

中のクリームは昔ながらのバタークリームっぽいやつ。
口どけ軽やかなホイップクリーム”とメニューには謳っているものの、
そんなにホイップ感はないかな。

ビアードパパのクリームとはまったく別物と考えたほうが良い。

 

 

バニラビーンズとかも入ってないしね。
最近流行りのシュークリームとは一線を画しとるよね。

 

なんというか、おばあちゃんが趣味で作ってたら
たまたま美味いのができたみたいな・・・。

”昔ながらのスイーツ”といった表現がピッタリくるんだよな。

 

強いていうなら、万人受けはしないかも!?
好き嫌いははっきり分かれそう。

若い世代よりも中高年世代にウケる味なんだよね。
ターゲット層がそのへんなのかもしれないけど。

 

▼ドトールのビジネス戦略が知りたいなら

フォークを使った食べ方とは?

普段、シュークリームは手づかみで頬張るもんだから、
お上品にフォークを使って食べるのにはかなり苦戦を強いられたよw

 

どうやって食べたらいいのか、食べ方が気になる人も多いのでは?
せっかくなら最後まで綺麗に食べたいよね。

 

コツとしては、クッキー生地を少しずつフォークで割りながら食べること!
わかりやすい動画があったのでこれを参考してみるといい。

ま、最終的には手づかみになるんだけどねw

 

 

それでもフォークのおかげでだいぶ食べやすくなるのは間違いない。
最初見たとき「これいる?」って思ったけど、意外と重宝するよ(´ε` )
なくてもいいけどあったらうれしい・・・例えるなら箸置き的な存在かな。

 

 

ドトールのデザートメニューの中では
もっとも低カロリー(181 kcal)だし、なにより値段も安い!
これなら気軽にティーテイム利用できるよね。

 

 

低カロリーで低価格なのにちゃんと美味い。
個人的にはミルクレープよりも好き!
ミルクレープに取って代わりそうな存在感を放っとるよね。

まずは一度お試しあれ(´ε` )
ポジッとな☆彡

スポンサードリンク


フォローする

関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top