Qlioplus

ドトールのかぼちゃのタルトを食べた感想!おいしいけど甘すぎる?

どーも、ポジ(@Qlioplus3374だよ。

ドトールから期間限定ででてる北海道産かぼちゃのタルトを食べてみた。
9月13日に発売されたらしいので約1ヶ月遅れではあるけど…^^;
毎年秋になると発売されるみたいだね。はじめて食べた感想をお届けしたい。

スポンサードリンク


期間限定!ドトールのかぼちゃタルト

かぼちゃタルトのかぼちゃは産地にもこだわってるらしく、
北海道産のかぼちゃを使ってるんだそう。
北海道ってかぼちゃのイメージなかったな笑

ホクホクで甘みがつよいのが特徴っぽい。

タルト単品なら390円(税込)、セット価格だと580円(税込)。
ドリンクなしはさすがにツラい。半強制的にドリンクセット頼むよねw

ドトール王道のブレンドコーヒーで決まり!Sサイズだから小ぶりだけど。
この選択が、のちに後悔をもたらすことになるとは…このとき知る由もない。

かぼちゃのタルトを食べた感想

表面がツヤツヤしてて色っぽいし、タルトのかたちもすごくキレイ!
おばあちゃん家に置いてそうなお皿との相性も完璧だよねw
さてじっさいに食べてみたところ…

プリンとムースの二層ハーモニー

かぼちゃタルトは二層構造になってて、
上はかぼちゃのムース、下はかぼちゃのプリン
表面のツヤツヤコーティングはカラメルによる演出とのこと。

一口目はさっぱりした甘さを感じる。スッと甘さが引いてくような上品な味わい。
かぼちゃ感も強すぎず、かといって弱すぎることもない。
かぼちゃ本来の甘さを活かしつつも、ちゃんとデザートに仕上がってるのがすごい。

プリンよりもムースのほうが甘めかな?バランスをとるべく計算してるのかも。

スポンサードリンク


ダイス状のかぼちゃがイン

かぼちゃプリンの中にはガチのかぼちゃが入ってた!
サイコロの目サイズにカットされたかぼちゃが…
ドトール的にはダイス状って呼びたいらしい。

これがおそらく北海道産のかぼちゃと思われる。

(パクり)

うん、かぼちゃの味がする笑
なるほど。たしかにホクホクしてる。思ったよりやさしい甘さだ。
ダイス状といっても、ご覧の通り小さめなのでかぼちゃの主張自体は弱め。

かぼちゃはあくまで、見た目に華を添えるための飾り付けみたいな位置づけかな。

タルト生地はバリかた(笑)

フォークでカットするときは気をつけて。ムースとプリンの層はいいとしても、
下のタルトの部分がめちゃくちゃ固くて切りにくいから^^;
しかもボロボロこぼれやすいので食べにくさ満点w

三層いっしょに食べるのがいちばんおいしい!とはいえ、
なかなか思うように食べれないっていう…
個人的には、タルトはもう少しやわらかめのほうが嬉しい。

食べにくさが気にかかると、
集中して味わえないのでおいしさが半減しちゃいそうだし(TOT)

コーヒー飲むならMサイズがおすすめな理由

あと、冒頭でもお伝えしたように、コーヒーSサイズにしたのは失敗だったなと。
食べすすめるにつれて、だんだん甘ったるく感じてきたから(^_^;)

 

View this post on Instagram

 

食後のデザートにドトールでかぼちゃタルト食べてみた。一口目は甘さ控えめでやさしい甘さかな?って思ったけど食べ進めるにつれて甘さがくどく感じてきた汗 コーヒーSサイズにしたんやけど甘さを補うにはMサイズにしたほうがいいかも。下のタルトはフォークで切るのがしんどいくらい固いので食べづらさはあるかな。 おいしいけどね。後引く甘さが気にならんひとはハマると思う。 #北海道産かぼちゃのタルト#ドトールのかほちゃタルト#ドトールの期間限定#期間限定#ドリンクセット580円#ドトールコーヒー#ドトール好きと繋がりたい #コーヒーチェーンの中で一番好き #かぼちゃタルト#ポジカフェ

ポジさんさん(@poji3374)がシェアした投稿 –


一口目はサッパリだったのに…
後半からウソみたいに甘ったるさがアップするという。
おとなしめの子だと思ってたのに、じつはパリピだったみたいなw

かぼちゃの甘さというより、砂糖の甘さが気になるかんじ。糖度はかなり高そう。
口コミをみても、甘すぎるっていう意見がちらほら。

 

341kcalなので、カロリーだけみるとそうでもないのに…。
ドリンクセットにするならMサイズでないとキツいかな。
水でしのぐのも手だけど…

もしや、Mサイズを注文させるためにワザと甘めに作ってるとか?w
おいしいけど、ジワジワ攻撃的な甘さが効いてくるかぼちゃタルト。
ハーフサイズとかあるとちょうどいいのに(^_^;)

ポジっとな☆彡

関連記事:ドトールのチョコミルクレープがおすすめ!食べにくいけど美味い!

スポンサードリンク


フォローする

関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top