Qlioplus

澤田有也佳アナはお嬢様だった!?高学歴で関西弁がかわいい美女!

どーも、ポジ(@Qlioplus3374だよ。

『たけしの家庭の医学』で2代目アシスタントをこなす
澤田有也佳アナって可愛いよね!
才色兼備でスタイルもいいし、関西のキレイなおねーちゃん感がたまらん。

東大出とるらしいやん!?マックスレベルに頭も切れるのね。
ABCテレビの所属アナのなかでも出世頭じゃないかな。
まだまだ伸びしろのある彼女。気になるので人物像を探ってみたいと思う。

スポンサードリンク


プロフィール

澤田 有也佳(さわだ あやか)
生年月日:1994年1月24日(24歳)
出身:兵庫県
身長:165cm
学歴:東京大学教育学部
趣味:イラスト、デザイン、読書、ダンス
出典:Wikipediaより

 

ほわんとした感じが魅力的♡

頭がいいんだけどイヤミがない女性ってホント素敵だよね。
ツンケンしたところがないというか、
タカピーでお高く止まったところもないのでめちゃくちゃ好感もてる。

本当はめっちゃエリートで高嶺の花にちがいないのに、
ちゃんと親近感が醸し出せるのがスゴい。器の大きさを物語ってるよね。

両親が手塩にかけて、愛情たっぷり降り注いだおかげかな。
良家の才女にはちがいない。

素直でひねくれた様子もなく、純粋な心を持った女性なんだよきっと。
表情からも性格のよさがにじみ出てるけど、動画だとよりハッキリ伝わってくる。

 

ほわんとした感じがまたなんとも魅力的なんよね(*´ω`*)
癒しキャラでもあるし、みんなから愛されるタイプでもあるかと。
ミス東大(2103年)でグランプリを掴んだ実績がなによりの証。

人それぞれ受け取り方はちがうのでアレだけど、
個人的には愛され+癒やしキャラなところに魅力(=価値)を感じる。

声をつかって人に何かを伝えるのがアナウンサーの役割とはいえ、
もはや声すら必要ない気がするwただそこにいてくれればいい。

テレビの前に映ってるだけで、勝手にABCテレビに利益をもたらして、
社会に貢献できる存在なんだから。ダマって微笑むのも仕事のうちだw

スポンサードリンク


さすが東大卒!幼少期からエリート教育

東大女子ってだけでハイスペックぶりは一目瞭然だよね。
やっぱ良家の才女説はガチっぽくて、教育にめちゃくちゃお金かけられてる。

宝塚市内にあるお嬢様学校の小林聖心女子学院出身だった!
こばやしではなく「おばやし」と読む。私立の小中高一貫校で、
言わずとしれたミッション系のお嬢様学校。一言でいうと、金持ちしか入れないとこw

その名からもわかるように、聖心女子学院の姉妹校でもある。
女子アナのOBも多く、有名どころでいえば元テレ東の亀井京子とか。
>>亀井京子の現在は劣化で別人?若い頃と比較!激ヤセ原因は拒食症?

拘束が厳しいことでも有名で、
亀井京子がバラエティ番組で発言したエピソードによると、
地毛が茶色っぽかっただけで三者面談になる事もあったそう。

おしとやかな雰囲気が漂ってるのは教育の賜物なんだろうな。
抑圧されすぎるとその反動から大学デビューで
ギャル化しちゃうケースが多いけど、澤田アナにかぎってはそれは当てはまらなそう。

というのも、小林聖心女子にお世話になったのは中学まで。

高校は心機一転、京都にある名門・洛南高校に進学したので
反抗期もおとなしくいられたように思う。共学だし、地元から離れた京都だし、
環境が一変したことは心理面にいい影響をもたらしてくれたはず。

抑圧どころか開放感に満たされてたのでは。
もしかしたら両親は、娘がグレることを危惧して
あえて京都の学校に通わせることに同意したのかもw

関西弁がかわいい!

普段は標準語なのに、ふと関西弁で話されるとキュンとくるよね!
ギャップにやられちゃうんだよな〜。
生まれも育ちも、ず〜っと関西地方だけに、普段しゃべるときは関西弁だった!

ABC新人アナ時代の貴重な映像からも、
関西弁をあやつる様子が確認できる。
開始2分あたりのところ。
完全にやらかしたと思いました!」のイントネーションがモロ関西w

自称「標準語と関西弁のバイリンガル」らしいけど、
使い分けられてるかっていうと微妙なところ^^;
ひとたびオフモードに入ると関西弁スイッチが入っちゃうのかも!?

個人的には、イントネーションも含めてバシバシ関西弁を使ってほしいところ。
標準語に慣れ親しんだ地域からすると、
そのほうが新鮮だし、かえってキャラ映えするからね。

たけしの家庭の医学でも、ディレクターの指示なんか無視して使っちゃえばいいのにw
仮にそれで視聴率が上がれば、会社の利益につながるんだから。

既存のルールをぶち壊して、あたらしい価値観を世に提示するのだ!!!
ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


フォローする

関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top