Qlioplus

東京トンテキ渋谷店でランチ食べた感想!高カロリーで味が濃い?!

どーも、ポジ(@Qlioplus3374だよ。

一度行ってみたかった渋谷にある東京トンテキへお邪魔してきた。
ランチで食べたトンテキ定食の感想はというと…

嘘偽りない感想をお届けすることをモットーとする手前、
少々辛口になることをご容赦願いたい(._.)

スポンサードリンク


階段でのぼるしかない

場所はヒカリエから徒歩30秒のビルの2階。
立地は申し分ないんだけど、エレベーターはなさげ。

階段で2階にのぼらないといけないので足の不自由な人には不向き。

東京トンテキ 渋谷店
東京都渋谷区渋谷2-22-10 タキザワビル2F

 

行列ができる時間帯もあるっぽい。そのときは階段で待つよりほかない。
平日の13時半すぎの来店だったので行列客はゼロだった。

入り口はこんなかんじ。
目の前には最近オープンしたばかりの渋谷ストリームがみえる。
明治通りと青山通りに挟まれた角っこのビルなので眺めはバツグン!

折り曲がったメニュー表

さっそく中へ。一人利用だったのですぐさまカウンター席へ案内される。

それはともかく、なんなんだこのメニュー表は!!!
クシャッと折り曲がってるじゃん…。
いきなりマイナスポイントが目についてしまった(;´∀`)


飲み物が冷たい緑茶っていうのはポイント高いけどさ。

プラマイゼロにしたい気持ちもあるけど、ちょっとカバーできないかも。
B級グルメのお店とはいえね…見るひとは見るよね。

とりあえず看板メニューっぽいトンテキ定食(200g)を注文。
ご飯&味噌汁付きで1050円。立地を考えるとコスパは悪くない。

厨房丸見えのオープンキッチン

いきなりステーキとおなじように、
注文を受けてから目の前で焼くスタイルだった。オープンキッチンってやつ。

厨房でつくってる様子がみれるのはなんとも楽しい♪

トンテキを焼く担当は男性スタッフの仕事らしい。
キャベツを盛ったり、ご飯をよそったりするのは女性スタッフの担当のよう。

手際よく、テンポよく、淡々と仕事をこなしてる印象だった。
さすが行列のできる人気店!テキパキしてて仕事慣れしてる〜。

スポンサードリンク


トンテキ定食200gをオーダー

”ジュージュー”と食欲をそそるシズル音を聞きながら、待つこと5分ほど。
アツアツの鉄板に鎮座する分厚いトンテキが目の前に!

いかにもB級グルメらしいジャンキーな見映えw
キャベツも山盛りで、どうみてもガッツリめしだよね?

ちなみにトンテキというのは三重県四日市市の名物らしい。
分厚く切った豚肉のソテーに濃厚ソースをからめたスタミナ料理とのこと。

味が濃くてご飯がすすむからか、ご飯は普通盛りでも大盛りサイズっていう^^;

まずはキャベツから

ベジファーストをこころがけてるのでまずはキャベツから。
うん、生臭さもしっかり取れててシャキシャキ感も残ってる。悪くない。

キャベツの千切りにはトンテキソースがかかってるぽい。
醤油ベースの濃厚ソースといえばいいかな?
コクがあって奥深さもあるけどとにかく味が濃い(汗)

数十種類の野菜、くだもの、スパイスをブレンドさせて
独自に配合したオリジナルソースらしいけど…。

トンテキにもソースがたっぷり

言うまでもなく、トンテキにもオリジナルソースがたっぷり。
まるで何日間も漬け込んだラーメン屋のチャーシューのようw

うん、お肉が柔らかい!さっきソースをかけたばかりとは思えないほど。
肉厚でジューシーで臭みもなく、これはこれでおいしい。
ただ、どうしても味が濃すぎる感は否めないね^^;

10代20代の渋谷系ガッツリ男子にはもってこいだろうけど…。
中高年向きではないな。高カロリー&塩分過多なジャンクフード的なかんじ。
コレステロールだの血圧だの、健康数値を気にする人にはあまりオススメしない。

ソースの量もっと少なくできたらなー。言ったら対応してくれるのかな?
肉自体は旨味が閉じ込められてておいしいんだけどね。

いかんせんデフォルトのソースが多すぎる…
美女なのに厚化粧みたいなもったいなさがある。

とん汁風味噌汁はあっさり

ぜんぶ味が濃いものと思いきや、とん汁だけはそうでもなかった。

あっさりしてて意外と上品。具はほとんど豚肉オンリーだけど。
箸休めにもなるので、これはなくてはならない存在だね。
ご飯モリモリで満腹感ハンパなかったけど、おかげでなんとか完食〜(´ε` )

総評

食べログ的な点数でいうと3.1ぐらいかな。
もうちょっと上品なトンテキを想像してたんだけどなぁ。
予想とはだいぶ違ってた(汗)

まぁB級グルメ好きのガッツリ男子にはたまらんとは思う。
ジャンキーなトンテキを食べたくなったら立ち寄ってみてはいかが?

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


フォローする

関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top