Qlioplus

ホテルエディット横濱に泊まった感想!部屋もモーニングもよかった!

どーも、ポジ(@Qlioplus3374だよ。

東京住まいなので横浜は日帰り圏内だけど、
たまにはホテルに泊まってのんびり横浜観光するのもいいかも。

そこでネットで探してみたところ、
コスパがよさそうだったホテルエディット横濱に泊まることに。

1泊朝食付きで4000円弱の激安プランだったんだけど、
コスパ最高もいいところだった!

誰かに伝えずにはいられないので備忘録もかねてレポートしておく。

スポンサードリンク


ホテルエディット横濱に泊まってみた!

JRなら桜⽊町駅から徒歩6分、みなとみらい線⾺⾞道駅からだと
徒歩5分という好立地にある。
桜木町駅から降りていったんだけど、すぐに建物が確認できたので迷わず行けた。

住所:神奈川県横浜市中区住吉町6丁目78番地1

大岡川のほとり沿いにあるので場所はわかりやすい。
玄関は派手さはないけどどこかスタイリッシュ!

ちなみになぜホテルエディットっていう名前がついたかというと、
自分らしい旅を編集する」をテーマにしてるからだそう。
最近流行りのコンセプト型ホテルってやつだね!

スタッフの対応にばらつき

ロビーもめちゃくちゃオシャレ!デザイナーズっぽさ全開で、
空間もスッキリで広々してるので居心地バツグン!
フローラルなフレグランスのニオイも癒やされる〜

受付のフロントの人は女性スタッフはすごく感じがよかったけど、
男性スタッフはちょっと・・・。


目を合わさずにパソコン見ながら案内するってどうなんやろ!?

スタッフのサービスレベルは人によってばらつきがあると感じた。

女性スタッフは皆すごく丁寧で思いやりを感じたのでもったいないなと。

思いもよらぬ部屋のグレードアップ

「このホテル大丈夫かな?」とちょっと不安になったけど、
フロントの女性スタッフの神対応のおかげで一変。気分はすっかり有頂天モードに。

なんとネットで予約してた部屋から無料でグレードアップしてくれるとのこと。
クレーム付けたわけじゃないのに・・・
こっちの不安そうな表情を読み取ってすかさず提案してくれたとか?

 

だとしたら気が利きすぎるぞw
いくら平日の宿泊で部屋が空いてたとはいえね…

ちょっと広めの部屋をご用意させていただきました」の一言は嬉しすぎた(>ω<)

スポンサードリンク


3階のちょっと広めの部屋

ホテルの客室は4階までで、その上は住居用らしい。
エレベーターは2基あるので待たされることはほとんどない。

エレベーターは部屋のカードキーをかざさないと
動かない仕組みになってるのでセキュリティ対策もばっちり!

スタッフさんの事前説明はなかったのでちょっと戸惑ったけどね(汗)

案内板ひとつとってもシンプルで洗練されてる!
目に付きやすくわかりやすい表記なので部屋がどこだったか迷う心配もない。

泊まったお部屋の紹介

ここからは、じっさいに泊まってみた部屋の様子をお伝えしていく。

入ってすぐ真横にあるもの

中に入ると、すぐとなりにミニ冷蔵庫、ポット、ハンガーラック的なやつがある。
靴の消臭スプレーもちゃんとある。用意されてたスリッパに履き替えつつ、
さっそくスニーカーに消臭スプレーをシュッシュッ(´ε` )

ミネラルウォーターは無料サービス

ミネラルウォーターのサービスは地味に有り難い。
沸騰すれば問題ないとはいえ、
洗面台の蛇口をひねった水をつかうのはどこか抵抗あるよね?

あたたかいお茶を飲むときに使ってくださいっていう配慮かな。

大画面テレビ

テレビは35インチくらいかな。ベットに寝そべってみるのにちょうどいいサイズ。
ふだんテレビはまったく見ないけど、映像もキレイだったので思わずつけたよね。

休憩スペースあり

くつろげるスペースあるとなにかと重宝するよね。本を読んだりパソコンしたり…。
外の景色が眺められないのが少しざんねんではあるけど。

セミダブルベッドは長さが不足

ベッドは横幅はあるのに、なぜか長さがなく窮屈な印象。
身長175cmくらいまでだったら問題なく足を伸ばせるけど、
それ以上ってなるとかなりキツいかも。

欧米のお客さんが多かったので大丈夫かな?と少し心配になる(汗)
もしかしたら部屋のタイプによってベッドの長さがちがうとか?

清潔感のあるトイレ

部屋がグレードアップされたからなのか、トイレとバスが別々だった!
TOTOの最新式っぽいやつでめっちゃ清潔!
足元も広々してるのでベットのような窮屈感はない。


スポンサードリンク


足が伸ばせるゆったりめのお風呂

タワマンとかにありそうなゆったりめの作り 。
とはいえ、もっぱらシャワー派なので浸かってはいないけど(汗)

洗面台

独立タイプの洗面台はほんのりラグジュアリー感すら漂う。

ゴミ箱すらもオシャンティー

細かいところまでいちいちオシャレなんだよね。
さすがは2015年度グッドデザイン賞受賞なだけあるなぁ。

ゴミ箱すらもこんなにスタイリッシュ!

 

そういえば、星野リゾートが手がける大塚のOMO5に泊まったときも
似たようなデザインのものが置いてあった気がする。
>>大塚のOMO5に泊まってみた感想!客室の雰囲気や朝食レビューも!

モーニングビュッフェのクオリティが予想以上!

正直、いちばん驚いたのはモーニングビュッフェかもしれない。
1200円の洋ビュッフェとは思えないほど豪華な内容だった!しかもぜんぶ美味しい!

食事の内容としては、日替わりの冷菜・温菜・玉子料理と
グラノーラ・サラダ・スープ・ヨーグルト・パン・ドリンク

クロワッサンはしっとりタイプ。
フレンチトーストはちょい固さがあって食べごたえアリ。
お世辞抜きに、そのへんのチェーン店のパン屋よりうまい!

メインじゃないけど、個人的にはここのパンナコッタがイチオシ!
牛乳プリンみたいでいくらでも食べれちゃう!(危険)
もちろん宿泊しなくても、モーニングビュッフェだけの利用もOK。

マジで今度それやろうかなって思うくらい、ビュッフェのクオリティ高し。

全体的な総括

接客レベルにばらつきがあったり値段相応の部分もあるけど、
部屋はきれいでオシャレだし、料理も美味しいので総合点でみれば満足度はかなり高い

なによりコスパがヤバすぎる…桜木町近辺で泊まるならぜひオススメしたい。

>>ホテルエディット横濱の宿泊予約するなら

 

観光の拠点としての利用はもちろん、引きこもって仕事する場所としてもピッタリ!
使い勝手に優れてるので、横浜の穴場ホテルとしておさえておきたい。
ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


フォローする

関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top