Qlioplus

江口ともみは若い頃から美人だった!すっぴん&整形メイクがヤバい?

どーも、ポジ(@Qlioplus3374)だよ。

ビートたけしのTVタックルに出てる江口ともみって美人だよね。え、50歳なの?ぜんぜん見えないんだけど…50歳にしては若すぎるヮ(゚д゚)ォ!ガチで40代前半かと思った!

見た目年齢と実年齢が一致しないよね。奇跡のアラフィフメンバーに加えたよw若い頃もさぞかしキレイだったろうなぁ。むかしの写真を引っ張りだしつつ、江口ともみの美魔女ぶりについて語っていこうと思う。

スポンサードリンク


プロフィール

江口 ともみ(えぐち ともみ)
生年月日:1968年2月4日(50歳)
出身:東京都
学歴:東洋英和女学院短期大学
趣味:料理、ぬいぐるみ集め
所属:オフィス北野
出典:Wikipediaより

 

 

若い頃の貴重なショット

まずは若い頃の写真をみていきたい。21、2歳のときだそう。

 

く、く、くわぃいいいΣ(゚∀゚ノ)
かわいいだけじゃ表現力に乏しすぎる。”くわいい”といいたい。かわいいの最上級って位置づけね。リピートアフターミー。くわいい!!

 

短大卒業後に、商社の内定を蹴って芸能界入りしたんだそう。こんな可愛かったらたぶんコネじゃないかなw商社はコネ採用とか多いって聞くし。

お嬢様系の女子大だったらなおさらね。どっちみち腰掛け程度で考えてたんじゃないかな。だからあっさり内定辞退して芸能界に飛び込めたんじゃないかと。

芸能界入りしてからはグラドルとして活躍しはじめたっぽい。つまみ枝豆の嫁さんってイメージしかなかったので、グラドル時代があったなんてびっくりだよね。写真集も出してて、Amazonで買えちゃうよ!!

 

 

92年、93年にそれぞれ1冊ずつ。24歳ごろなので、まさに旬の時期に撮影されたものだよね。お宝ショット満載なのでファンなら入手しておいて損はない。初々しさとあどけなさ漂う江口ともみが拝める貴重な写真集だからね。やっぱ若いってサイコーwww

スポンサードリンク


50歳の現在も衰えぬ美貌

 

若い頃も可愛くていいけど、歳を重ねたら重ねたで、またちがって魅力が増すのが女性の奥深いところ。じぶんと向き合って、美を追求し続けてるからこそたどり着ける境地なのかもしれないけど…。

夢を与えるのを生業とする芸能界に長年身を置いてるだけのことある。50歳の今もまったく年齢を感じさせず、若々しくてほんとにキレイ(*´∀`*)

 

よくみると目尻のシワだったりほうれい線も確認できるけど、それでもマイナス5歳以上は若く見えるよね。

プロの手にかかるとさらに美しく

ちょっとお化粧するだけでさらに若返る。化粧ノリもよく、肌もきれいなので化粧映えするよね。さすがは奇跡のアラフィフ。美肌を保つための工夫にも余念がないよう。

なかでも「保湿ケア」にこだわりがあるそうで、顔全体を保湿クリームでマッサージするのはもちろん、寝るときは口にウエットタイプのマスク、目にはアイマスクを付けて寝るという徹底ぶり。

保湿に対するプロ意識がハンパじゃない。そこまでやるの?って思っちゃうけど、テレビに出続けるにはそれくらい意識高くなきゃ務まんないのかも…。夫のメンツを潰さないためにも、妻であるわたしが見本を示さなきゃ。そんな思いもあるんだろうか。

 

「きれいだよ。 旦那さんがうらやましいかぎりだよ。」

 

家族・親戚をはじめ、ファンからこんな言葉を何度投げかけられたことだろう…。

 

すっぴん&整形メイク

アメブロやってるんだね。 2008年から現在にいたるまで、途切れることなく続いてるよ。海老蔵みたいに毎日更新が基本らしく、短文ながらも継続できる力をちゃんと備えてる。

ネット発信を続けるって芸能人にとっては結構しんどいと思うのにこれはすごい。一挙手一投足を見られるわけで、ともすればアンチから叩かれ炎上しちゃったりもしかねないわけで…ストレスに感じて、途中で辞めちゃう芸能人も多々。

10年以上も続くってことは、よほど情報発信が向いてるんだろうね。人を楽しませるのが本当に好きなんだと思う。

 

 

ファンを楽しませるエンタメ力も抜群。すっぴん&整形メイクでタイトル釣りしてみたり…w遊びゴコロあるね。

 

もちろん整形はガチじゃなくネタ。整形っぽいメイクを再現してるらしい。

 

桜塚やっくんみたいwww

とにかく読み手のツボを熟知した投稿が多く、表現力豊か。 たけし軍団の夫をもつと、自然とエンタメ力が高まるのかも。Twitterでも、もぐらのぬいぐるみを登場させてファンを楽しませてるよね。「もぐたろう」と呼ぶそうな。

アラフィフの美魔女ぶりだけにとどまらない、クリエイティブで個性溢れる江口ともみ。
芸能界で活躍するシニア女性にとって、生き残り術を学ぶロールモデルにふさわしい人物といえるよね。今後も目が離せない。
ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top