Qlioplus

土田早苗に旦那はいない?若い頃から独身で現在も変わらない!? 

どーも、ポジ(@Qlioplus3374だよ。

「大岡越前」「大江戸捜査網」などの出演作で知られる
女優の土田早苗が徹子の部屋に出演するらしい。
時代劇女優のイメージがつよいんじゃないかな。

映画・ドラマ・舞台と、女優業が専門とあって、テレビ出演機会はかなりレア。
貴重なテレビ出演なので、いざ登場したときは話題をさらうこともしばしば。
それだけファンも多く、影響力の強さを物語ってるよね。

そんな輝かしいキャリアをもつ、
名女優の全盛期から現在までを振り返ってみたい。

スポンサードリンク


プロフィール

土田 早苗(つちだ さなえ)
生年月日:1949年7月26日(69歳)
出身:大阪府豊中市
学歴:梅花高等学校
身長:164cm
趣味:旅行/声楽/日本舞踊
特技:
乗馬/立ち回り
所属:リゾコーポレーション

舞台女優で培われたたしかな演技力

芸能界デビューは1960年なので今から約60年前。
大阪・神戸で丁稚奉公をした菊田一夫の自伝的小説『がしんたれ
の舞台作で、主人公の初恋役を演じたのがはじまり。

舞台出演した当時、まだ小学5年生だったそう。
舞台上映期間は6ヶ月にも及んだらしく、
幼心の残る女の子にとってはかなりハードな生活だったと思われる。

同世代の子らとはまったく違う世界で過ごしてたので、かなり大人びてただろうね。

本格的に女優として芽が出始めたのは高校生に入ってから。

1967年に放送されたTBSドラマ「風」に出演して、
第14回京都市民映画祭テレビ部門女優賞を受賞。

これを皮切りに、のちの代表作となる
銭形平次』『大岡越前』『水滸伝などの名作ドラマに立て続けに抜擢され、
時代劇女優として確固たる地位を築くことになる。

なかでも、テレ東で放送された『大江戸捜査網』では、
稲妻お竜役を5年間にわたって演じてきたことから、
その役柄イメージが根強く印象づいてるひとも多いはず。

華麗でキレの良い殺陣シーン、凛とした立ち振る舞い、たまにみせるコミカルな表情…。

観るものを魅了する演技力が備わっていたことも
起用され続けた理由のひとつじゃないかと。舞台女優で培った演技力は本物だ。

スポンサードリンク


現在はドラマから舞台主導に

テレビドラマに立て続けに出演したのは、
将来やりたいことにつなげるための布石だったのかもしれない。

バツグンの演技力で視聴者を惹きつけて、
一定層のファンを獲得しておけば、
本業の舞台に足を運んでくれるお客さんも必然的に増えるもの。

90年代以降はめっきりドラマ出演本数が減ってることから、
ドラマ出演はあくまで、舞台来場につなげるための手段
として位置づけてたように思える。

舞台女優として活躍しつづけていくことが、じぶんの望むべき道である。
本人が語ったわけじゃないけど、そう捉えてる気がするんだよね。

舞台の出演にかぎっては、90年以降もほぼ毎年やり続けてるからね。
ドラマから舞台に軸足を移してるのはまぎれもない事実。
もともとが舞台出身だから、やっぱりホームに帰りたくなるのかもしれない。

2009年に公演された「桂春団治」では、春団治の先妻おたまを熱演。
心中の悲しさを的確に表現したことで女性たちの共感を得るなど、
ドラマで培った経験は舞台でも大いに役立ってるよう。

ミステリアスな私生活

舞台女優がメインなので、私生活が明かされる機会はほとんどない。
トーク番組は「徹子の部屋」に1度出演したぐらいで、
そのときもファンが待ち焦がれた恋愛トークはいっさいなし。

母親の介護話だったり、これまでの経歴だったり、健康の秘訣など…。
恋愛以外のトークテーマに終始してる様子からも、
恋愛事情を好き好んで話すタイプではないらしい。

舞台女優という職業に携わるひとたちは、
どこかミステリアスな部分を内包したがる傾向があるように思う。

舞台女優出身の吉田羊とかはその典型例かと。
スキャンダラスな一面が発覚して干されかけたのは記憶に新しい。
>>吉田羊は引退?ジャニーズに消された?ブログ更新ない理由は!?


どうやら土田早苗も独身貴族らしい。結婚歴は1度もなく、

ず〜っと独身を貫いてるそう。夫がいないので当然だけど子どももいない。

スキャンダルでいえば、大岡越前で共演した俳優・竹脇無我との
不倫スクープを週刊誌で暴かれたことはある。
理想の夫ナンバーワンともてはやされたハンサム俳優との熱愛スクープを…。

とはいえ、吉田羊のように自宅マンションに
出入りしたといった決定的証拠もなく、捏造の疑いが強い。

これについては土田本人も、

「かれとは48年間共演したの、二人は怪しいと週刊誌に書かれたこともあるのだけど、なんにもないのよ」

と語ってるので、部数増を図ろうとした週刊誌のデマとみるべきか。

結婚も恋愛も二の次で、舞台女優を極めることにしか興味がないのかも。

舞台女優は私生活の多くを語ってはいけない。
暗黙の了解が潜んでるようにも思えてくる…。ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


フォローする

関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top