Qlioplus

桃乃木かなはすっぴんもかわいい!目頭整形で目の変化がヤバい?!

どーも、ポジ(@Qlioplus3374だよ。

恵比寿マスカッツのなかでも5本の指に入るくらいの
ルックスを誇る桃乃木かな
メンバー最年少で小柄なのもあってキュートさが際立ってるよね!

ガチでお人形みたいな顔してるけど、
なんか数年前とはだいぶ顔が変わってるぽい。

今も昔もかわいいのは確かとはいえ、
やっぱり手を加えてないビフォーのほうが好きかな…。

スポンサードリンク


プロフィール

桃乃木 かな(もものぎ かな)
生年月日:1996年12月24日(21歳)
出身:東京都
身長:153cm
スリーサイズ:80 – 54 – 80 cm
趣味:一人カラオケ
所属:ライフプロモーション
出典:Wikipediaより

 

すっぴんツイート発見!二重幅広っw

本業がセクシー女優なので、すっぴんとか晒してなさそうだと思ったら
意外とあっけらかんと晒しててびっくり(゜o゜;
加工ナシっていってるからこれはガチすっぴんのようだね。


まぁその割には唇がやたらピンキーだけどねw本人談を信じるとしよう。

それよりも目ヤバクない?パッチリ二重はまだしも、二重幅広すぎやろw
きれいすぎるくらいの平行型二重だよね。


幅の広い平行型二重はギャルとかに人気で、

華やかでハーフっぽい印象を与えるんだそう。

目を閉じ気味なので目の大きさはわからないけど、
すっぴんでこれだけ二重幅が広いってことはアイプチとかはまず必要なさそう。

つけまつ毛とかアイラインも引きやすいので
ギャルからしたら羨ましいかぎりやろうね。

肌の色も白いから北欧系のハーフと間違われることも多そう。
ま、純日本人のようだけど。

目頭切開もろバレじゃんwww

恵比寿マスカッツのメンバーに加わったのが2015年9月
セクシー女優デビューとほぼ同じタイミングで、
アイドルデビューも果たしたそう。

ちなみに公式サイトのメンバー紹介ページにある写真がこれ。

え??だれこの人?

さっきの写真と同一人物とは思えんよね(;´Д`)
骨格はそのままでも、お目めがまったくの別人やんww

たぶん公式サイト運営者に「写真間違ってませんか?」
って問い合わせ入ってるよねコレ。。

たった数年足らずの間でいったい何があったんだ(・_・)
目頭切開の整形はほぼ確実といわざるをえないよね。
あの二重幅といい、パッチリ目は整形によって手にしたものだったのか?!

 

個人的には切れ長でどこか涼しげなビフォーのほうが好きだけどなぁ。
清楚感あふれるクールビューティーなかんじがどストライクだった。
はぁ〜、ネット閲覧のように元に戻すでカンタンに戻せたらいいのに…。

スポンサードリンク


人気獲得のためなら整形なんて恐くない?

目を大きくしたってことはコンプレックスだったのかな?
たしかに世間的には切れ長目よりもデカ目がブームではあるもんね…。
トレンドが移り変わってきたらきっと戻したくなるだろうけど。


イマドキの女の子って韓国ブームの流れを受けてか、

整形にまったく抵抗なかったりするし、
ましてプチ整形レベルの目頭切開なんてもはやファッション感覚に近いと思う。


デカ目のほうが世間から可愛くみえ、人気が高まると確信がもてるようであれば、

人気商売の芸能人だったらそりゃ整形したくもなるか。

美容整形はいわば、生き残るための戦術のひとつといえるのかも。

大食いキャラでもイケるぞ!

なんとしてでも人気を獲得すべく、目頭切開に挑んだように思える。
彼女なりに悩んだ末の、苦渋の決断だったのかな…。


ただ、仮にルックスで勝負できなかったとしても、

芸能界で生き残れるポテンシャルは十分もってるんだよね。
小柄でシュッとした見た目に反して、じつは大食いキャラでもあるんだとか。

 

ココイチで1.5キロのカレーをペロッと平らげちゃうくらいだから、
もはや完全にフードファイターのそれw

 

もえあずよりも断然カワイイし、
大食いアイドルとしてブレイクする素養は十分備わってると思う。

しかも大の二郎好きだというから、
大食い+二郎系アイドルとして売り出してみるのも面白そう。

いまやすっかりギャル化してるけど、この頃はまだ清楚系だったんだよね。
ギャル+大食いはギャル曽根がいるのでどうしても二番煎じになっちゃうけど、
清楚系+大食いだったらほぼガラ空きなのですぐポジション取れるのに…。

 

目を大きくしたのが事実だとしたら、残念ながらその時点で清楚系からは外れる。
清楚の定義は”(飾りけもなくて)すっきりと清らかなさま”だから。
うーん、なんか惜しいことしたように思えてならん。ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


フォローする

関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top