Qlioplus

西荻窪のパン屋といえばしみずや!たまごパンが絶品!店主は金原勇三郎!

e0227450_11262792

こんばんは、ポジだよ(´・ω・`)

西荻窪によく行くからせっかくなので

食レポでもやってみようと思うよ。

 

そんなわけでニシオギ特集第1弾に勝手に

ノミネートさせてもらったパン屋「しみずや」について!

 

老舗のパン屋としてニシオギ界隈ではかなり有名なんだよ。

実際に食べたパンのなかからオススメを紹介するよ。

スポンサードリンク


しみずやのプロフィール!

しみずや
住所:東京都杉並区西荻北4-4-5
電話番号:03-3390-6781
営業時間:12:30-19:30(売り切れ次第終了)
定休日:水曜日

 

営業時間は正直あんまりあてにしないほうがいいかも。

前に何度か12時半の開店にあわせて行ったけど

普通に閉まってたからねw

 

店主のご主人にいつオープンしているのか?

聞いたことがあるけど「だいたい昼くらいから」

超アバウトな回答を貰ったくらいだしねΣ(・∀・;)

 

いつやってるのか?分からないからこそ

余計に食べたくなるのが人間の心理というもの。

 

でもご主人はそんな心理学を駆使するタイプには

到底思えないのでたまたまそうなっただけなんだろうけど・・・。

 

オススメはたまごパン!

基本的にどれも昔ながらのパンという感じで

クリームパンとかあんパンのような甘い系のものから

コロッケパンや焼きそばパンなど惣菜系のパンまで

幅広いジャンルのパンが売られてるよ!

 

その中でもダントツでオススメなのがたまごパン!!

ほかのお客さんもよく買ってるから相当人気なんだね。

 

コッペパンの食感が良くて給食で食べたような

パッサパサのコッペパンとは一線を画してるよ!

感動するだろうねきっと。

 

「コッペパンがこんなに美味しかったなんて!!」

 

たまごも味がサッパリしてて全然クドくないから

何個でもイケちゃいそうな気がしてくるよw

 

子供から大人まで楽しめる味に仕上がってるのもいいね!

夕方には売り切れてることが多いから昼ごろに行くのがベスト!

まずはたまごパンいってみよう(・∀・)

スポンサードリンク


店主はどんな人!?

お店の前にかかげてある看板には

「作って売る店」と書いてあるんだよね。

 

その場で作ってその場で売るのがパン屋の常識

だからどこもそうでしょ!

とツッコミたくなるよねw

 

そんなユニークなご主人の名前は金原勇三郎さん

御年80歳になるんだってヮ(゚д゚)ォ!

img_33121_2

普通に70代くらいかと思ってた〜(´・ω・`)

現役バリバリで働いているから見た目が若いんだろうね!

 

新宿生まれ新宿育ちの生粋の東京っ子だよ。

18歳で阿佐ヶ谷のパン工房に入社して

パン職人を志すようになったんだって。

 

36歳で奥さんの幸子さんと結婚して

1970年に西荻窪に「しみずや」を開店することに。

 

夫婦二人三脚でせっせとパン作りに励んできたそうだけど

奥さんは平成19年に69歳の若さで他界してしまったそうだよ。

 

一時期はショックのあまりパン屋を辞めようか悩むほど落ち込んだ時期も

あったそうだけど息子さん夫婦の励ましもあって再開を決意!

 

とても人情味あふれる人だなぁと思っていたけど

まさかこんな隠れエピソードが

あったなんて思いもしなかったよ(´・ω・`)

 

愛情と優しさとぬくもりの詰まったしみずやのパン。

食べると心がほっこりする理由がよく分かったよ。

また明日も買いに行こうかな・・・

ポジッとな(^O^)/

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top