Qlioplus

吉倉あおいはまゆげ太いけどかわいい!出身中学や高校も気になる!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

旅サラダガールズとして2016年に史上最年少入り!

2年目も変わらず出演をキープするなど、

高い人気ぶりを伺わせるのが女優の吉倉あおい

 

tsy20150508011

 

最近はドラマでの活躍もめざましく、

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』では寺田心くん演じる

虎松さまのお世話係として出演するなどブレイクの兆し?

 

 

22歳と年齢も若いのでまさにこれからといったところ!

宮崎”あおい”から吉倉”あおい”に

人気・知名度ともに逆転する日もそう遠くないかも・・・。

スポンサードリンク


プロフィール

sub_1

吉倉 あおい(よしくらあおい)

生年月日:1994年11月26日(22歳)

出身:神奈川県

血液型:AB型

身長:167cm

趣味:ショッピング、読書、スーパー銭湯

所属:スターダストプロモーション

 

華のスターダスト芸能3部!

 

将来性を感じるのはスターダストの芸能3部所属だから!

ってところも理由のひとつ。

北川景子、小松菜奈、柴咲コウなど超売れっ子女優がずらり。

 

 

1部、2部、3部、6部など

営業第◯課のように組織が枝分かれしてるんだよね。

 

 

事務所の規模がデカいのでわかりやすく分けてるにすぎず、

とくにランク別ってワケじゃないみたいだけど・・・。

ゲンを担ぐにはちょうどいいんじゃない!?

 

スカウトのきっかけがおもしろい!

小さい頃からずっと芸能界にあこがれてた

という筋金入りの芸能人志望。

 

 

とはいえ芸能界デビューはオーディションではなくスカウト

小6のときにスカウトされたいがために原宿の竹下通りをウロウロ・・・

 

 

そしたら本当にスターダストにスカウトされるという

ミラクルが起きたんだとか!!!

 

追い求める勇気があれば、すべての夢はかなう。
by Walt Disney(ウォルト・ディズニー)

 

 

そして2007年の12歳のときにCMで芸能界デビュー、

おなじ年の12月にはドラマ『ガリレオ (第9話)』に出演するなど

いつのまにか夢を叶えてしまったのがスゴいヮ(゚д゚)ォ!

 

 

受け身の姿勢ではなく主体的に行動した結果だもんね。

持ち前の美貌が備わってたのは否定しようのない事実ではあるものの、

理想をより早く現実のものにできたのは本人の強い意思と行動力の賜物!

 

 

じぶんで道を切り開いていくハングリー精神は

最近の若手女優にはみられない強みだと思う。

スポンサードリンク


 

眉毛の太さもチャームポイントに大変身!

 

 

なりたかった職業に就いたのもあってかプロ意識も人一倍高い。

一日中仕事のことを考えてるそうだから

まったく頭が下がるってもんだよ(`・ω・´)ゞ

 

 

どうすればもっと売れるようになるのか?会社任せではなく、

じぶんでも常に試行錯誤してるんだろうね。

 

 

スタッフから「眉毛」のニックネームで愛されてるのも

ブランディング戦略が功を奏したおかげ?

チャームポイントあるほうが覚えられやすいよね。

 

 

えくぼだったりホクロだったり・・・鼻毛が出てたり(コラ!)

 

 

眉毛を手入れせずそのままにしてるのは

チャームポイントだから気に入ってるだけでなく、

競争の激しい芸能界を生き抜くための戦略なのかもしれない。

 

出身中学や高校について!

神奈川県出身ということで

少なくとも中学までは地元だったみたい。

ジモトは相模原市で相模原市立清新中学校出身とのこと。

 

 

なので実家は中央区内ということに!

といっても相模原市は緑区、南区、中央区の3つしかないけどねΣ(・∀・;)

仮にジモトの高校に進んだのであれば

 

 

  • 神奈川県立上溝高等学校
  • 神奈川県立相模原高等学校
  • 神奈川県立上溝南高等学校
  • 神奈川県立弥栄高等学校
  • 神奈川県立相模田名高等学校
  • 麻布大学附属高等学校

のいずれか。

 

 

ただ12歳で芸能界入りしてるし根っからの芸能人志望。

芸能活動と学業の両立を考えても

芸能コースのある堀越もしくは日出に進学した可能性が高いのでは?

 

 

ちなみに日出の場合、芸能プロダクションもしくは

劇団に所属していることが入学条件だそう。

 

 

芸能活動により欠席が規定数を超えてしまった場合でも

レポート補習によって不足授業時数を補えるのは魅力だね!

 

 

さてどこの高校に進んだでしょう?答えは関係者のみぞ知る・・・。

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top