Qlioplus

大橋未歩アナの目が変わった?昔と顔が違うのは劣化ではなく整形?

どーも、ポジ(@Qlioplus3374だよ☆彡

 

大橋未歩アナの顔が変わった気がするのは気のせいかな?
もう39歳のアラフォーだし、年齢による影響も少なからずあるとは思う。
いまでも十分キレイなんだけど、角度によってまるで別人にみえるんだよなぁ。

スポンサードリンク


プロフィール

大橋 未歩(おおはし みほ)
生年月日:1978年8月15日(39歳)
出身:兵庫県神戸市
学歴:上智大学法学部法律学科
所属:プントリネア
出典:Wikipediaより


テレ東時代と変わらない体型

真正面からみるといつもの大橋未歩だよね。
髪型も昔からほとんど変わらないし、
目立った劣化もないのでどこか安定感がある。


このままいけば確実に永作博美とか石田ゆり子みたいに

”奇跡の40代”の仲間入りを果たせるはず。

 

2013年には軽度の脳梗塞を患い、
一時期は激太り説も囁かれてたけど、
今ではすっかり体型も元どおりだね!

 

なんでも炭酸水ダイエットで痩せたんだとか。

 

食事の前に500ml程度の炭酸水を飲んで
胃を膨らませて満腹感を得るというもので、
単純に食べる量を減らせることからダイエットにつながるんだそう。

 

何事にも貪欲でストイックな大橋アナだからこそ、
炭酸水ダイエットにも成功できたんじゃないかと。

いくらお腹が膨れるとはいってもねぇ・・・
人に見られる仕事してないとまず続かなそう(゜.゜)

 

マルチに渡って活躍しつづけた”女性アナ”

テレ東の顔として、15年にも渡って活躍し続けてきた大橋アナ。

 

アナウンサー業だけでなく、
局アナとしては前代未聞のセクシーグラビアに挑戦したりと、
マルチタレントのような役割すら担ってたよね。

「女子アナという言葉は好きではない。<女性アナ>と呼ばれたい」

と発言するなど、自分の意見をしっかり持った芯の強い女性でもある。
コメンテーターとして活躍できるポテンシャルもあるのでは?

 

フリー転身の理由については明らかにしていないものの
15年のキャリアを重ねたことで
フリーとしてもやっていける自信がついたからじゃないかと。

 

2011年7月にはFP技能検定2級を取得したりと、
向学心も人一倍つよい様子がうかがえる。

こういう成長意欲の強いタイプは独立してもうまくやっていけるし、
むしろフリーのほうが性に合ってると思う。

個人的にはフリー転身のタイミングは
もっと早くてもよかったのでは?と思うくらい。

 

テレ東からの慰留もあって実現できなかっただけかもしれないけど。
テレ東の看板アナだったからね。

スポンサードリンク


目の雰囲気が昔と違う

冒頭で角度によって別人にみえる!と言ったように、
アングル次第でまったくの別人にみえるんだよね。
とくに目の印象はほんの少し角度を変えるだけでガラリと変わる。

 

うん、この人だれ状態やねwww

 

見慣れない帽子姿だから多少はちがってみえるだろうけど、
こんなくっきり二重だったっけ!?
下の角度からみると平行幅がスゴいよね。

 

昔はもっと奥二重だったと思うんだけどなぁ。

目頭切開で平行二重にしたんじゃないかと疑いたくなるレベル・・・。
アイラインやアイシャドーといったアイメイクによるものと信じたいけど。

 

そういえば脳梗塞で約7ヶ月半の療養期間があったっけ。
まさかその間に目の手術もしたんだろうか…。
ダウンタイムは一週間程度なのでやろうと思えばぜんぜん余裕だったのは確か。

加齢によってまぶたの二重幅が狭くなる

やっぱりデビュー当時に比べると、
明らかに目が大きくなったように思う。


髪型とかメイクの影響を差し引いても大きくなったとしか思えんのよね。

 

加齢によってまぶたのたるみが出始めることから、
通常であれば目は大きくなるどころかむしろ小さくなるはず。

 

もともと二重幅が広いひとであっても、
年齢を重ねるごとに二重の幅が狭くなって、
場合によっては奥二重や一重になることもあるんだとか。

年齢に反比例して大きくなってるとすれば、
なんらかの”手を加えた”とみるのが自然かと。

 

目のシワも気になってたみたいだし、
目のしわ取りとともに
整形手術に踏み切った可能性もなきにしもあらず…。

 

フリー転身を決意できたのは、
長年築いてきたキャリアによるところはもちろん、
目ヂカラがアップして心身ともに自信がもてるようになったからでは?

39歳からの再出発にして、全盛期のような再ブレイクとなるか!?
大橋未歩の快進撃に期待したい。ポジっとな☆彡

関連記事:亀井京子の現在は劣化で別人?若い頃と比較!激ヤセ原因は拒食症?

スポンサードリンク


フォローする

関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top