Qlioplus

水越けいこの元夫は息子がダウン症で蒸発?離婚後の現在も生活苦?

maxresdefault (24)

 

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

もうこれで何度目の登場?爆報フライデー

またも歌手でシンガーソングライターの水越けいこが登場!

ダウン症をもつ息子を育てながらシングルマザーとして日々奮闘中なんだよね。

 

 

38歳のときに出産した息子の麗良(レイ)くん

ダウン症だと判明したのはなんとその翌日。医者から告げられたときは

あまりのショックに自分の子どもを抱くことすらできなかったそう。

 

 

高齢出産になるほどダウン症の子どもが生まれやすくなるとはいえ、

予想だにしない結果に精神的ショックも大きかったそう。

現実を受け入れて気持ちの整理がつくまで時間がかかったものと察する。

 

 

さらに追い打ちをかけるように長男出産後、夫と離婚。シングルマザーに。

一時期は生活にも困るほど経済的にどん底の日々を味わったことも。

 

 

そんな困難を乗り越えてこられたのも息子・麗良(レイ)くんのおかげ!

ある日、何気なく歌を口ずさんでたら「お母さんかっこいい!

と言われ、それを機に休止していた歌手活動を再会させることにしたんだとか。

 

 

息子の何気ない一言で持ち前の音楽魂に火が付いたのか、

63歳という年齢をかんじさせないパワフルな毎日。

ライブハウスを中心に全国を飛び回って精力的にライブをこなしてるそうヮ(゚д゚)ォ!

スポンサードリンク


プロフィール

eb577531

水越 けいこ(みずこし けいこ)

生年月日:1954年2月4日(63歳)

出身:山梨県

職業:シンガーソングライター、作曲家

出典:Wikipediaより

 

 

「しあわせをありがとう」でデビューしたのが1978年。約40年前だね!

若い頃はとにかくキュート♡なんとなく二階堂ふみに似てる気も・・・。

 

 

ほんわかとしつつも、瞳の奥にどこか芯の強さがかんじとれる。

当時はさぞかしモテモテだったろうね〜(*´ω`*)

 

 

なんたって朝の情報番組『8時の空』で歌のお姉さんを担当してたんだから。

歌がウマいのはもちろんのこと、キュートさが備わってたからこそ、

癒やしを与えられると制作側から判断されて起用されたんだと思う。

 

 

朝の番組はとにかく癒やしが求められるからね。

著者は毎日アヤパン(高島彩)の天使のようなスマイルに

癒やされながら学校に通ってたな〜(*´∀`*)

スポンサードリンク


夫と結婚するも長男出産後、まさかの蒸発

32歳のときに(1986年)バックバンドのミュージシャンだった夫と結婚。

おんなじ職業なので接点も多く、意気投合しやすいんだろうね。

 

 

その後は順調に子どもを出産。

幸せな毎日を過ごすものかと思いきや状況は一転。

生まれてきた麗良(レイ)くんはダウン症と診断

 

 

時間の経過とともにポジティブな認識へと変化していった母。

それとは対照的に、夫は現実を受け入れられず、

育てる自信を失くしてしまったんだろうか。

 

 

麗良くんが4歳のときに置き手紙を残して行方不明に(´・ω・`)

養育費の支払いをするんならまだしも、その後音信不通・・・

 

 

なんて責任感のない男なんだ!

 

逃げるは恥だが役に立つ?んなわけねーだろ。

 

 

バンドマンと結婚したのがそもそも失敗だった!?

今も昔も”ゲス体質”は変わらないんだね。

 

家計は苦しくても歌える幸せ

 

 

いくらプロのミュージシャンとはいえ、

女手一つで障害を抱えた子どもを育てるには経済的な負担が大きすぎる。

 

 

身の回りのモノを売って家計の足しにしたことも

数えきれないほどあるんだそう。小さなアパートに引っ越して

パートをかけもちながら育ててきたんだから本当に母は強い。

 

 

そんな母の支えもあって麗良(レイ)くんは順調に大人へ。

自宅近くの障害者施設で就業訓練をしてるんだとか。

ハンデキャップを背負いながらもしっかりと着実に前に進んでるんだね。

 

 

家計はあいかわらず苦しいみたいだけど・・・。

ただ、還暦を過ぎても音楽活動を続けられてることに

よろこびを感じてるんだそう。

 

 

紆余曲折を経てなんとかここまでやってこれたのは、

かけがえのない一人息子の存在はもちろんのこと、

大好きな音楽と常につながってこれたおかげかもしれない。

 

 

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top