Qlioplus

細川たかしの嫁は美人?子供は息子が1人!カツラ疑惑も検証!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

演歌界のリーダーに君臨する細川たかし

871649798163c336f41a7b0e67fc051a

 

演歌番組がじわじわ少なくなってきてる

現状でも彼の姿はよく目にする。

 

 

紅白歌合戦ではもはや常連となってるので

根強い人気を誇ってるんだろうね。

 

 

小さい頃は演歌歌手が出てきたら迷わず

チャンネル替えてたけど最近は

演歌特有のリズムとかテンポがたまらなく心地よくなってきた。

 

 

着実に歳を重ねていってるんだなぁ〜と実感する。

演歌の魅力にうっすらながら気づき始めた折、

細川たかしが『徹子の部屋』に出演するという情報が…。

 

 

今回はおもにテレビでは語られない部分に

ファーカスを当ててみようと思う。

 

スポンサードリンク


プロフィール

細川 たかし(ほそかわ たかし)

本名:細川 貴志

生年月日:1950年6月15日(66歳)

出身:北海道

身長:173cm

血液型:A型

出典:Wikipediaより

 

北海道といえば県庁所在地の札幌市がメジャーだけど

細川たかしが生まれ育ったのは虻田郡真狩村字桜川

 

 

”あぶたぐん、まっかりむら、あざさくらがわ”と読むんだとか。

人口約2000人の小さな村の出身なんだね。

 

 

実家はじゃがいも農家で兄ひとり姉3人に囲まれた末っ子。

小学校のときから実家の農家の仕事を手伝うなど

将来の担い手として期待されてた様子がうかがえる。

 

 

少なくとも音楽活動にのめるこむまでは

両親もそのつもりだったのでは!?

 

じゃがいも農家ではなく歌手になりたい

中学の頃から演歌が大好きでその当時から

将来は歌手になることを心に誓ってたそう。

 

 

漠然とした夢しか持ちづらい現代社会。

早い段階で将来の夢をしっかり描けるなんてうらやましいかぎり。

 

 

井沢八郎の『北海の満月』を聞いたのが

歌手を目指すきっかけだったそう。恩人ともいえる存在だね。

 

 

じつは農家を継ぐつもりは当時からまったく考えてなかったそう。

じゃがいもといえば北海道名産なので

農家を継いだほうが将来安泰なのは確実。

 

 

多くの人はリスクのないほうを選びがち。

 

 

そんな大多数の考えを尻目に、

安定を捨てて自分の夢を追いかけたからこそ

大成功の今につながってるんだろうね。

スポンサードリンク


札幌の森進一

もちろん両親は歌手になることに反対だったとか。

理解を示してくれないのなら反対を押し切って出ていくしかない。

 

 

その後は夢を追い求めて札幌へ。

昼は自動車整備工の住込みの仕事、夜はバンドボーイ

として忙しくも充実した毎日を過ごすように。

 

 

 

その容姿と持ち前の歌唱力のおかげなのか

当時ついた呼び名は”札幌の森進一”

地元で愛されてた様子がうかがえる。

 

 

不遇の貧乏時代を乗り越えてそしてついに…

芸能界のドン・バーニングプロ周防社長

目に止まり念願のプロデビュー。

 

 

このエピソードから思うのは

自分の得意なことを発信しつづけてたら

必ず見てくれてるひとがいるという世の中の法則。

 

 

世の中ってつくづくよく出来てるなぁ(*´ω`*)

嫁と息子を残して上京

すすきののクラブ歌手から一転してメジャー歌手へ。

 

 

周防社長の一声でプロデビューが決まったのは

思いも寄らない嬉しい出来事だったはず。

 

 

そのいっぽうで細川たかしは内心悩んでいた。

厳しいプロの世界。上京デビューを果たすもいまいち

売れず札幌に戻ってきた音楽仲間も多かったそう。

 

 

さらに当時結婚して奥さん子供も生まれたばかり。

家族そろっての上京生活は金銭的にも負担がデカすぎる。

 

 

悩みに悩んだ末、細川たかしはプロを目指して上京を決意!

奥さんの一声でふんぎりがついたそう。

 

後悔しないように行ってくれば

 

懐の広さをかんじさせる一言だね。

 

 

メディア嫌いなのか?奥さんも子供も写真はみつからなかった。

きっと奥さんは内助の功として、

息子はひっそり応援したいんだろうね。

 

カツラ疑惑の真相

歳を取るとどうしても頭髪が薄くなってきてしまう。

 

 

一流の演歌歌手としての称号は手にできても

自然の摂理には逆らえないようで…なんとカツラ疑惑が!!

 

5ccfe93c

 

正面からみるとそうでもない気が…

角度を変えて検証してみよう。

 

cfpxq3xusaqasd0

 

…でも、まぁ…人によって物事の捉え方は違う。

著者はカツラにみえるけどじつは

マイノリティの意見かもしれないし…

 

 

老後暮らしを考えて北海道に移り住んでるので

東京に置き忘れてきたとか!?

 

 

”心のこり”はないだろうか!?今一度確認をw

ポジっとな(*´ω`*)

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top