Qlioplus

桂りょうばのwikiプロフィール!経歴や本名もチェック!

どーも、ポジだよ(*´∀`)

 

偉大な父をもつ2代目って

どんな気分なんだろう?

 

落語家として活躍した

桂枝雀さんの長男が落語家として

高座デビューして話題を呼んでるよ!

 

その名も、、、桂りょうばさん!!

AS20150827004131_commL

プロフィールや経歴について調べてみたよ!

バンドマンだった意外な過去も明らかに!!

スポンサードリンク


桂りょうばはこんな人!

本名は前田一知さん。

1972年3月3日生まれの43歳。

年齢不相応なフレッシュさが魅力的!

 

落語家デビューの年齢としては遅めかな。

最年少は柳家花緑さんでなんと9歳のころ!

 

22歳で真打昇進という戦後最年少記録を打ち立てて

いるからこれには到底及ばないけどね。

 

 

落語家の父と落語三味線で活躍した

かつら枝代さんを母にもつりょうばさん。

 

 

幼いころは両親が夜遅くまで

働いていた都合で夕食が夜22時から23時に

なるのが常だったとか。

 

 

子供の頃は夜9時には寝るのが

当たり前だったポジからすると

これにはビックリ!!

 

 

夜遅くなっても

家族できちんと食卓を囲んで一緒にご飯を

食べて育ってきたおかげで

グレることなく素敵な大人に

なっていったんだろうけどね!

 

実は元バンドマンだった!

最初から父とおなじ落語家への

道を歩むことはしなかったんだね。

 

2世とかいわれるのがイヤだったのかも?

 

 

高校卒業後は上京して

バンドマンをやっていたそうだよ。

 

ヴィジュアル系バンドを結成して

ドラムを叩いていたんだとか。

 

 

1995年から2012年にかけて活動した

グルグル映畫館(ぐるぐるえいがかん)!!

10030418

 

たぶん一番左のメガネかけてる人が

桂りょうばさんだと思う。

 

ヴィジュアル系独特のメイクで

もはや誰が誰だかサッパリわからんw

 

 

なんとなくゴールデンボンバー

にも似てるよね(*´ω`*)

 

 

犬神サーカス団とイベントでコラボしたり

してるからヴィジュアル好きなら誰もが

知ってるほどの有名バンドだったのかも!

 

 

バンド時代からの

追っかけファンもたくさんいるんだね〜

スポンサードリンク


やっぱり親子の血を引いていた!?

ず〜っとバンドマンとして

音楽活動に従事するのかと思いきや

まさかの父とおなじ落語家の道へ。

 

「落語を聞き直し、はまった」

 

さすが親子!

2009年に父の生誕70年記念落語会を

手伝ったのがきっかけで落語に目覚めたんだとか。

 

去年8月に正式にざこば師匠のもとに

弟子入りして本格的にプロ落語家へ。

 

この度、私は師匠ざこばの許しを得
入門させていただく運びとなりました。

これからは「桂りょうば」として
師匠の下で修業を積んでいき精進してまいります。

これまで大変お世話になりました皆様方
本当にありがとうございました。

次は「桂りょうば」でお会いできるよう
その時には、また改めてご報告いたします。

更に皆様に楽しんでいただけますよう
一生懸命頑張りますので
これからも何卒よろしくお願いいたします。

ありがとうございました!!

 

これから落語家として生き抜いていこうとする

覚悟が伝わってくる文章だね!

 

 

まだ桂枝雀さんを超えられるほどの

自信はなさそうな様子だけど

少しずつ経験を積みながら超えて行ってほしいね!

 

頑張れ〜〜、ポジっとな(*´ω`*)

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top