Qlioplus

安田成美は若い頃と現在で顔が違う!目頭切開の整形疑惑がこわい?

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

とんねるず木梨憲武の奥さんで女優の安田成美

三児の母とはとても思えない若々しさだよね!

おまけに50歳のアラフィフだというからもぉヤバすぎ。

 

 

整形疑惑が取り沙汰されるのはやっかみ半分といったところ!?

一般人からすると羨ましすぎる美貌だもんね。

若い頃の写真と見比べながら疑惑の真相を探ってみたよ(´ε` )

スポンサードリンク


プロフィール

 170831

安田 成美(やすだ なるみ)

生年月日:1966年11月28日(50歳)

出身: 東京都文京区

身長:168cm

血液型:B型

所属:コッカ

出典:Wikipediaより

 

若い頃のビフォーアフターがスゴい!

1981年にCMモデルで芸能界入りしたときはまだ中学3年生!

もちろん安定のスカウトデビュー。

当時からひときわ目を引く存在だったのは言うまでもない。

 

 

 

風の谷のナウシカ」のイメージガールとして

7500人の応募者の中からグランプリに選ばれたのはその最たる例。

残念ながら歌唱力はイマイチだったみたいだけど・・・

 

 

その後みごとにトレンディ女優として大成したんだから結果オーライ!

平均視聴率26.4%を記録した『素顔のままで』は代名詞だよね(´ε` )

女同士の友情を描いたストーリーはトレンディドラマの代表作のひとつ。

 

 

ダブル主演をつとめた中森明菜との相性も息ピッタリだったもんね!

2d212fee-67f6-45af-a1e5-4e06955b56ab

 

この頃はもう現在の見た目とほとんど変わらないよね。

あどけなさを残しつつも透明感溢れる大人っぽさもそのまま!

身長168cmともともと背が高いので当時は老けてみられがちだったのかも。

 

 

 

風の谷のナウシカで歌手デビューしたのが1984年(当時18歳)。

 

 

素顔のままでに出演したのが1992年だから約8年での変化がスゴい。

歌手から女優への転身で心境の変化はあったにせよ、

ここまで顔も変わるもんだろうか・・・。

スポンサードリンク


 

目頭切開の整形疑惑浮上?

a1320_000192

 

やっぱりこうなると整形を疑わずにはいられない。

とくに引っかかるのが!どちらかといえばまん丸気味だったのに

いつのまにか横幅が大きくなった気がしてならない。

 

 

 

目頭切開を疑う声はネット上でもちらほら。

 

 

 

念のため説明しておくと、目頭切開とは

目頭を覆う「蒙古ひだ」と呼ばれる皮膚を取り除くことで

目元の印象をガラッと変える手術。

 

 

 

目の横幅が広がって目元が大きくなるのはもちろん、

鼻筋が通ったメリハリのある顔になるということで芸能人の間でも大人気。

入院する必要もなく、30分程度で終わるプチ整形なのでとっかかりやすさも◎

 

 

 

蒙古ひだを取り除くことで幼い印象から美人顔になる効果もあるんだとか。

歌手時代と女優時代とで印象が大きく変わったのは先述したとおり。

かわいい系からきれい系に脱皮したのはもしかすると整形マジック??

 

 

 

鈴木保奈美、浅野温子、浅野ゆう子など、

当時のトレンディドラマで活躍した女優をみればわかるように、

かわいい系よりきれい系が重宝される時代背景はたしかにあったと思う。

 

 

 

経験のなかった女優業への転身は相当の覚悟を強いられたはず。

需要に応えるべく、目頭切開に踏み切った可能性はなきにしもあらず。

芸能界で生き残るには整形は有力な選択肢のひとつといえるのでは?

 

在日疑惑が整形説に拍車?

安田成美といえばまことしやかに囁かれている噂がもうひとつ。

ネット上で不文律のようになってる在日韓国人疑惑!

本名は鄭成美(チョンソンミ)で親は二重国籍ともっぱらの噂だよね。

 

 

 

お父さんは朝鮮総連のお偉いさんとかなんとかで、

木梨憲武との結婚式では親戚がチマチョゴリを着用するために

マスコミを一切シャットアウトしたとか。

 

 

 

官報に帰化日まで掲載されているとあれば信憑性は高そう。

 

 

 

だとすれば整形疑惑がつきまとうのも無理もない。

整形をネガティブに捉えがちな日本と違い、韓国は言わずと知れた整形大国。

目の整形なんて整形の範疇にすら入らず、美容の一環ととらえるひとも多い。

 

 

 

そんな韓国人の両親のもとで育ったとすれば

整形手術になんら抵抗ないはずだよね。当たり前の文化なんだから。

見た目の変化、在日疑惑もかさなって整形説はますます高まるばかり・・・。

 

 

 

いずれにせよ、生まれもった美人には変わりはない。

あの美魔女ぶりはまぎれもなくホンモノだ(*´ω`*)

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top