Qlioplus

滝川クリステルは顔が老けた?若い頃より劣化したとネットの声!?

どーも、ポジ(@Qlioplus3374)だよ。

 

滝川クリステルが老けたって言われてるみたいだけど、そりゃそうだよね。41歳だよ?

さすがに若い頃と比べたら老けるでしょ。とはいえ奇跡の40代にはちがいないけど!

当時と比較しながら、どこがどう老けたのか検証してみよう。

スポンサードリンク


プロフィール

滝川 クリステル
生年月日:1977年10月1日(41歳)
出身:フランス・パリ
身長:160cm

学歴:青山学院大学文学部フランス文学科
所属:フォニックス
出典:Wikipediaより

 

滝川クリステルの代名詞

斜め45度のマドンナ」として人気キャスターの仲間入りを果たしたんだよね。

ニュースJAPANでキャスター出演してたけど、出演期間は2002年から2009年の約7年間。

あれから10年以上も経過してるのか…は、はやい(@_@)

当時すごい大人っぽいなぁって思ってたけど、いま振り返るとまだこの頃は初々しさが漂ってるように感じるな。

クリステルって名前はすごいインパクトあったよなぁ。え?何人なの?みたいな衝撃あったよね。

フランスと日本のハーフだと知ってすぐに納得したけど。お父さんがフランス人でお母さんが日本人のやつ。

 

本名は滝川 ラルドゥ・クリステル雅美で、真ん中のカタカナ部分がミドルネームに当たるので滝川雅美が和名ということになる。

だから新人アナウンサー時代は滝川雅美として活動してたみたい。当然だよね。本名なんだからw

見た目と名前がぜんぜん一致しないから違和感しかないけどね^^;

 

視聴者もみんな疑問を抱いてたそう。「滝川雅美アナは本当に純日本人なの?」みたいな問い合わせが殺到したっぽくて、

所属してた共同テレビの方針でハーフっぽい名前に変えた経緯があるんだとか。

滝川クリステルで売り出したらきっとブレイクするだろうって上層部が判断したんじゃないかな。

”滝クリ”が定着しすぎて忘れ去られてる感あるけど、じつは滝川雅美としてデビューしたってことは覚えておこう(´ε` )

スポンサードリンク


目尻にシワが増えて老けた?

最近はあんまりテレビでも見かけなくなったよね。レギュラー番組は「教えてもらう前と後(TBS)」の1本のみ。

露出はかなり減ってしまった。たまに特番とかには出てるけど、

一時期のようにしょっちゅう見ることはなくなった。

 

久しぶりにみた人からすると「老けた」と感じるのは無理もないかもね。

 

 

View this post on Instagram

 

滝川クリステルさん(@christeltakigawa)がシェアした投稿

いやいや、ぜんぜん変わってないじゃん!ってパッと見は思えるけど、よくみると劣化が目立つ…。

目尻のシワが年齢を感じさせるのかも。なんだかシワっぽい印象を受けてしまうのが正直な感想。

笑いジワが目立つとどうしても老けてみえるんだろうな。

 

40代に入ると、肌の保水力が低下して目元の皮膚が乾燥しやすくなるからシワができやすくなるんだよね。

保湿ケアはしっかりできてるはずだけど、ビーナスといえどもやっぱり加齢には勝てないのか…。

ネットの声は本当だった・・・

 

2013年くらいから「老けた」って声がささやかれはじめたようだね。

30後半くらいから劣化が目立つようになってきたってことか。あれ、芸能人にしてはなんか早すぎじゃね?

ハーフは老けるのが早い?

そういえば数年前に、社会学者の古市憲寿が「ハーフは劣化が早い」なんて本音トークをぶちかまして大炎上したことがあったっけ。

おもったことを発言したにすぎないんだろうけど、ハーフを全員敵に回してしまったのは失敗だったね。

 

でも個人的にはあの意見にはおおむね同意で、ハーフは純日本人女性に比べると老けやすい気がする。

ハーフって色が白いのでシミも目立つし、

顔の彫りが深いからちょっとシワが刻まれるだけで目立ちやすいっていうのはあるかと。

 

若いときは日本人女性よりも可愛くみられるぶん、歳を重ねていくうちに逆転現象がおきるというか…。

結局世の中は公平にできてるんだよね。可愛い子にかぎって年取ると目も当てられないくらい劣化してたりするし、

ブサイクの子は意外と年取っても老けなかったりするじゃん!?

 

可愛い子は早熟で、ブサイクは晩熟。これが個人的に思う女性美にまつわる見解だね。

ハーフは例外なく可愛いので早熟型がほとんど。滝クリもしかり。

どんな美人だっていずれは劣化していくんだよな…。ハーフも美人もブスも区別なく。

生きとし生けるもの、劣化は避けられない宿命なんだ。

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


関連記事(一部広告含む)

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top