Qlioplus

志水祐介のwikiを調査!結婚前提の彼女いるも収入低すぎで断念!?

どーも、ポジだよ(´ε` )

 

”ポセイドンジャパン”の俗称で知られる水球男子日本代表。

 

 

ギリシア神話にでてくる”海と地震を司る神”

のことをポセイドンと呼ぶそう。

 

 

最高神ゼウスの次に強いらしい。

 

 

せっかくなら一番強いやつから名づけたほうが

ゲンを担げるのでオリンピック優勝を狙うなら

”ゼウスジャパン”のほうが良い気も…

 

 

ま、そんなインテリぶった話はさておき、

ポセイドンジャパンのメンバーは

イケメン揃いでスゴいらしい。

 

【関連記事】保田賢也の出身中学はどこ?イケメン水球選手の彼女もチェック!

 

 

そんな水球日本代表を引っ張るキャプテンも

チーム内きってのイケメンだった!

 

 

志水祐介選手(主将)

BYeLQpRCQAA9wYw

 

筋骨隆々で男性フェロモンたっぷり!

THE・オトコって感じで

なかなか色気を感じさせるねぇ(*´∀`*)

 

 

あごヒゲラインもいいアクセントになってて

セクシー度をアップさせてる気も!?

 

 

リオ五輪に向けて注目が集まりそうな志水選手とはいったい?

熱愛のウワサなどプライベート事情にも踏み込んでみた!

スポンサードリンク


プロフィール

PN2016022301002076.-.-.CI0003

志水祐介(しみずゆうすけ)

生年月日:1988年9月7日(27歳)

出身:熊本県

身長:181cm

体重:88kg

学歴:熊本市立京陵中学校→埼玉栄高校→筑波大学

所属:ブルボンウォーターポロクラブ柏崎

 

水球をはじめたのは友達の紹介がきっかけだったとか。

美容院の紹介みたい(´ε` )

 

 

まだまだ知名度の低いマイナースポーツなのに

水球に誘われるなんてなかなかレアだよね。

 

 

馬刺しが有名な熊本出身だけに

”レア”な場面に遭遇するチャンスが多いのかな!?(笑)

 

 

もし水球をやっていなかったら

教師になりたかったそうなので九州ならではの

堅実かつ安定思考もお持ちのようで。

 

 

マイナースポーツであるが故に、

水球だけで食べていける選手はほとんどいないのが現実。

 

 

アルバイトとかけもちで生計を立てるのが

常態化してるみたいだもんね。

 

 

いざとなったら教員免許を武器に

転職を視野に入れてるのかも!?

 

 

イケメン揃いの背景には認知度アップさせて

スポンサーをつけさせる狙いもあるんだろうね。

もちろん実力ありき。

スポンサードリンク


競技人口アップなるか?地元熊本で水泳教室も

中学まで熊本で過ごした志水選手。

 

 

その後は関東や新潟など生活拠点を転々としているので

地元意識は薄いのかな〜と思いきや

まったくそんなことはなかった!

 

 

ちょくちょく熊本に戻っては小中高生対象に

水泳教室開くなどしっかり地元にも貢献してるみたい。

 

熊本出身のひとって故郷愛強いもんね〜。

 

 

いくらかコーチ料もらってるのかな?

熊本までの交通費もバカにならないだろうし…。

 

 

お金の面ばかり心配してしまう

下世話な著者はいったい…(´・ω・`)

 

 

彼女と結婚も視野に!?収入面で二の足

イケメンでリーダシップがあって

たくましさに溢れた九州男児。

 

 

女性なら誰もがうらやむような理想の男性像では?

特に関東だと九州男児はモテる傾向にある。

 

 

当然ながら志水選手にはすでに彼女がいるようで。

過去のニュースコメントで判明!

 

主将を務める志水祐介(27)=ブルボン=も、「今は無職です」。

所属はクラブチーム。 オフの時期はラーメン屋などでアルバイトしているが、水球に打ち込んでいる時期は収入は0になる。

結婚を考えている交際相手もいるが、状況が状況だけに踏み切れないという。 「これを機に環境を変えて行ければ」と、必死に前を向いた。

 

悲しいかな。これが水球の現実(´・ω・`)

 

 

いくらイケメンでマッチョでも

お金がないと生活すらままならない。

 

 

収入が不安定なせいで結婚したくてもできない…

まさか非正規雇用者の嘆きをプロのアスリートが

味わっていようとは(*´ω`*)

 

 

これがメジャースポーツとマイナースポーツの格差なのか。

 

 

なんとも切実な問題だね。オリンピックで結果を出して

少しでも多くの人に水球に興味をもってもらうのが

解決への糸口となるはず。

 

 

そう信じて日々ハードなトレーニングに

取り組んでいるのかもしれない。

 

 

彼女のため、自分のため、そして愛する故郷熊本のため…

背負うものは数あれど、

なんとか優勝に向けてがんばってほしい!

 

頑張れポセイドンジャパン!!

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top