Qlioplus

イップスとはどんな病気?原因や対策は?井端弘和が暴露で話題!

巨人那覇キャンプ
こんばんは、ポジだよ(・∀・)イイ!!

晩ご飯を食べない生活に慣れちゃったから

夜も眠くならずに元気モリモリで作業してるよ。

一日二食バンザイヽ(´エ`)ノ

 

さて今回は引退を発表した

読売ジャイアンツの井端弘和選手について!

 

イップスを患っていたそうだけど、なんじゃそりゃ??

スポーツに詳しくないからサッパリ意味不明だよ。

気になったからさっそく調べてみたよ。

スポンサードリンク


イップスとはどんな病気なの?

なんだかカタカナで難しそうな病名だけど、聞けば意外とシンプル。

普段できるはずのプレーがうまく出来なくなってしまう

運動障害のことなんだって。

 

「当たり前にできていたことができなくなる」

 

これは正直、かなり精神的にも参るだろうね。

並のメンタルの持ち主だったら諦めてすぐに引退しそうだけど、

井端選手は隠し通してきたそうだからスゴイよね。

 

イップスの名前の由来は?

もともとはゴルフ用語として使われ始めたそうで、

1930年ごろに活躍したプロゴルファーのトミー・アーマー

最初に患ったことからイップスと名づけられたそうだよ。

 

イップには「わお!」「きゃあ!」など感嘆の意味があるけど、

それが派生してイップスと呼ばれるようになったとか。

 

脳の痙攣に似たような症状があらわれるんだって。

てんかん発作に近い症状なのかも。

 

イップスはとくにプロゴルファーや

野球選手にかかりやすい傾向があるんだって。

 

25年以上プレーしているとさらに発症する確率は

高まるそうだからなかなか厄介な病気といえるよね。

 

スポーツ選手としては致命傷レベルじゃないかな?

まともにプレーできなかったら仕事にならないしね。

スポンサードリンク


対策や治療法は?

まずはイップスにかかった原因を探ることが肝心なんだって。

何事も問題の背景には必ず原因があるから

そこを追求して見つめることが大切なんだね。

 

今までできていたプレーが突然できなくなるんだから

自信も喪失してしまっているのは間違いないけど、

まずはちょっとずつでもいいから

成功体験を積み重ねていくことが効果的なんだね。

 

ある程度覚悟ができていないと過去の自分と比べてしまい、

「ちくしょー、昔の俺だったら

こんなの当たり前にできていたのに!」

と自己嫌悪に陥って余計に悪化してしまいそうだから

忍耐と根気強さも求められそうだね。

 

いい意味での開き直りが肝心ってことかな。

 

井端弘和がイップス暴露で話題に!

守備名人としてその名を広めていった井端選手。

ゴールデングラブ賞を7回も受賞するなど

輝かしい実績をもつ選手なだけに、イップスで思うように

プレーが出来なかったのは相当精神的にも辛かったはず。

 

引退宣言するまで周囲にもらさずに我慢していたなんて

かっこ良すぎるよね。

人一倍メンタルが強いことを証明しているよ。

だからこそ長年活躍しつづけられたんだろうけどね。

 

プロの意地をみせつけられた気がして

ニュースを知ったときは思わず感動しちゃったな。

 

イップスにかかりやすい人の傾向とは?

「マジメで責任感が強くてやさしい人」にかかりやすいんだって。

うつ病にかかりやすい人と特徴が似ているよね。

 

井端選手はまさそんな性格にふさわしいタイプ。

 

仕事だから手を抜くのはマズイけど、

やっぱりある程度ラクにかまえて生きてたほうが

病気にもかかりにくくていいのかもね。

 

テキトー男でお馴染みの高田純次さんみたいな

感じでいたほうが病気とも無縁になれるかも!?

テキトーの称号が与えらるのはあんまり気分良くないけどねw

ポジッとなヽ(=´▽`=)ノ

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top