Qlioplus

鈴木砂羽の性格が意地悪そうで不機嫌?老けたと劣化を囁く声も!?

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

険のある物言いであけすけキャラが人気の女優・鈴木砂羽

バラエティでのキャラ設定どまりかとおもいきや、ガチだったのね・・・。

 

 

初演出を手がける舞台で『人道にもとる(=人道に反する)行為

をはたらいたとして、女優2人が出演キャンセルして波紋を呼んでるよね。

罵倒を浴びせたり土下座を強要したとかなんとかで。

 

 

 

おもにネットニュースでしか流れてない様子からすると

必死にもみ消そうとしてるっぽいけど後の祭り。

もともと性格が悪そうと囁かれてたので心象悪化に拍車!?

 

 

とはいえ今回が初犯というわけではない。以前にもブチギレ騒動があったようで。

トラブルメーカーの一面をもつ鈴木砂羽の素顔とは!?

『老けた』と囁かれる劣化についても調べてみた(´ε` )

スポンサードリンク


プロフィール

2045798_201412140520391001418515845c

鈴木 砂羽(すずき さわ)

生年月日:1972年9月20日(44歳)

出身:静岡県浜松市中区

身長:164cm

学歴:女子美術大学短期大学部中退

 所属:ホリプロ

出典:Wikipediaより

 

週刊誌リークは本当だった!?

今回の土下座強要騒動が本当なら

2015年のブチギレ騒動はまんざらデマとはいいきれない。

 

 

篠原涼子主演のドラマ「オトナ女子」の撮影現場で

スタッフに声を荒げてブチ切れしたんだとか。

 

 

衣装が気に食わないことが事の発端と

週刊誌にスクープされるも本人はキッパリ否定。

 

 

「こんなダサい服、着てられないわよ」

「オイ、いつまで待たせるんだよ。助監督呼んで来いよ!」

「うるさいよ、ひっぱたくよこの野郎!」

 

 

と、セリフまできっちり押さえられてるんだけどね(汗)

とっさに起きた出来事だったので音声入手はできなかったようで。

決定的証拠がなかったのでなんとか難を逃れたってところかな。

 

 

 

「このハゲ〜〜〜〜〜!」と罵声を浴びせられた

どこかの秘書のようにはいかないもんだねw

 

 

でも今回の土下座強要が発覚したことで

数年前のブチギレ騒動も真実だったように思えて仕方ない。

 

 

ただ、当時は10歳年下の夫(吉川純広)と離婚した直後。

私生活で溜まったストレスから情緒不安定をもたらし、

感情がうまく制御できなくなっていた部分もあったと思う。

 

 

少なからず、このときはまだ同情の余地があったというべきか。

スポンサードリンク


意地悪ではなく意識が高すぎる?

じゃあ今回の土下座騒動はどう捉えるべきか?

週刊誌リークではなく、出演女優らによる証言とあって信憑性は高い。

しかも今回は直前にショッキングな出来事も見当たらない。

 

 

 

かねてから囁かれてた性格の悪さが露呈されたにすぎないんだろうか・・・。

険のある顔つきもあいまって意地悪女の印象は強まるばかり。

役柄ならまだしも、リアルだとすればなんと恐ろしい(;´Д`)

 

 

 

もちろん演技指導に熱が入るのは当然といえば当然のこと。

自身初となる演出家デビューだもんね。

作品への思い入れやこだわりも人一倍強くなって然るべき。

 

 

 

最高の作品を作りたい!という思いが強すぎるあまり、

出演者たちに対する要求がどんどん過剰になっていったのかも。

 

それが行き過ぎた結果、

罵声を浴びせたり土下座強要へと発展してしまったのでは。

 

 

 

プロの職業人としての意識が高すぎるゆえに

皮肉な結果を生んでしまったように思う。

性格が意地悪なのではなく、仕事に対してストイックすぎるだけかと。

 

若さにフォーカスしすぎない?

とかく女優って年齢不詳だけど44歳になるんだねヮ(゚д゚)ォ!

どおりで『老けた』とか劣化ワードが検索されるわけだw

若い頃と比べられる年代に差し掛かるとつくづく女優は大変だな(汗)

 

 

 

たしかに2010年頃と比べると老けた印象は拭えない。

 

 

▼2010年7月頃

100715_1506

▼2017年現在

 

 

女優といえど、老化には抗えないのでこればかりは仕方ない。

同年齢でドラマ共演歴もある篠原涼子と比べると

いささか劣化が早い気もするけど・・・。かたや向こうは二児の母。

 

 

 

意識の差がおおきいんだろうか。

いまなおドラマで主演を張り続ける篠原涼子とちがい、

鈴木砂羽はもともと主演は少なく、バラエティなどタレント要素が強い。

 

 

 

若さにフォーカスするのではなく、

加齢しても奪われないポジションの定着に念頭を置いてるのでは。

過激な人物像とは裏腹に、じつは意外と堅実路線だったりして。

 

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top