Qlioplus

レイデオロが強いのは名前の由来のおかげ?騎手と馬主も気になる!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

5月28日に東京競馬場でおこなわれる日本ダービー。

人生初の競馬デビューなので楽しみでしょうがない♪

 

 

 

8年以上も東京住んでるのに1度も

競馬行ったことないとか絶対損してるよねΣ(´∀`;)

 

 

前の職場に競馬好きたくさんいたから興味はあったんだけどね。

大井町はまだしも、府中だったら最寄り駅から1時間かからず行けちゃうし。

 

 

 

職場を離れてフリーになってからは競馬トークを聞く機会はゼロ。

興味が薄れつつあったけど京王線の車内広告を目にするたびに

ふと競馬行きたい熱が再燃!

 

 

よ〜し、いっちょビギナーズラックでも当てて儲けたる!

と射倖心が突き動かされたってわけ。

でもちょ待てよ。いったいどれに賭ければいいのやら??

 

 

 

とりあえず3連単は当たる気がしないから単勝に賭けることにしよう。

18頭いるから全部賭ければ当たるけどそれじゃクソつまらん。

1頭だけに賭けたほうが当たった時の喜びもひとしおというもの。

 

 

 

武豊が騎乗するダンビュライトも捨てがたいんだけどね、

唯一知ってるジョッキーだからw

皐月賞3着だから勢いはありそうだけどね。

 

 

 

ただ競馬初のド素人からすると験を担ぎたい気持ちがあるんだな。

その意味でレイデオロならゲン担ぎできるかも!?名前の由来も縁起いいし!

騎手も調教師もベテランだし、これはもしや??

 

スポンサードリンク


プロフィール

 o0750050013814013407

レイデオロ

性別:牡

毛色:鹿毛

生年月日:2014年2月5日(3歳)

産地;北海道安平町

獲得賞金:9,477万円

通算成績:4戦3勝

 

ネーミングセンス抜群の馬主

レイデオロってなんだかカッコいい名前だよね。顔もイケメンだし。

黄金の王”って意味があるんだとか。縁起も良さそうだな。

 

 

 

それもそのはず、なんといっても両親の実績がヤバすぎる!

父は04年最優秀3歳牡馬に輝いたキングカメハメハ

母・ラドラーダも過去に3連勝経験をもつサラブレッドだからね!

 

 

 

血統の良さはお墨付きだし優勝経験もあるので

黄金の王”と呼ぶにふさわしい存在!

 

 

直近の皐月賞こそ5位に甘んじてしまったものの、

それまで母とおなじく三連勝を達成するなど勢いがスゴい!

 

 

 

馬主のキャロットファームはネーミングセンスも抜群。

ステファノス(冠)、シャイニングレイ(輝く+母馬の一部)など、

どれもゲン担ぎがウマいんだよね!

 

 

 

前代表は元NHK記者で外交ジャーナリストの手嶋龍一だもんなヮ(゚д゚)ォ!

スッキリ!!ミヤネ屋などでゲストコメンテーターとしても活躍中だよ!

 

 

 

職業柄、キャッチコピー考えるのはお手のもんだろうし、

代表退いた今もネーミング付けには関与してるのかもしれないね。

 

 

それにしてもサブちゃんこと北島三郎といい、馬主は有名人が多いもんだ(*_*)

キタサンブラックの値段はいくら?馬主・北島三郎の購入理由も!

スポンサードリンク


 

調教師も騎手も超一流クラス!

血統やネーミングの良さもさることながら、調教師と騎手も超実力派ぞろい!

JRA賞最多勝利調教師賞を11年連続で受賞した藤沢和雄調教師

そしてデビュー以来騎手をつとめるルメール・クリストフだからね。

 

 

 

2017年のオークスではこのコンビで

ソウルスターリングを1着に持ち込んだばかり。

レイデオロでも日本ダービーを制するんじゃないかと期待が高まって当然!

 

 

 

騎手のルメールはJRA歴は3年目と日が浅いものの実績はピカイチ!

99年にフランスで騎手免許を取得、

その後フランス国内の大会で何度も優勝するなどキャリアは豊富だしね。

 

 

 

2015年に外国人初となる通年騎手免許を取得してJRAデビュー以来、

破竹の勢いで勝利数を重ねるなど今もっともアツい騎手だとか。

JRA通算600勝超えという数字をみてもその勢いはホンモノ!

 

 

クリストフ・ルメール

生年月日:1979年5月20日(38歳)

国籍:フランス

身長:163cm

体重:53kg

 

 

ウマも騎手もイケメン同士なので余計に相性良いのでは?

馬が合うこと間違いなしΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

 

 

縁起よし、勢いよし、相性良しときたか。

人生初の競馬デビューはレイデオロで決まりかな!?

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top