Qlioplus

文在寅(ムンジェイン)は反日?韓国次期大統領になったらヤバい!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

韓国の朴槿恵大統領のスキャンダルが招いた韓国史上初となる罷免。

任期全うすらできず、まさかのクビ。サヨナラ、パクちゃん・・・。

 

 

次期大統領選は罷免後60日以内。5月9日投開票が予定されてるので

世間の関心はもう次期大統領が誰になるのか?という一点のみ。

最有力候補とされるのが元民主党代表の文在寅(ムン・ジェイン)

 

99_20141117102009

 

支持率36%とトップを独走中なのでこのまま逃げ切れば当選確実。

李在明(イ・ジェミョン)は韓国次期大統領?経歴やプロフィールも!

 

 

元弁護士ということで弁が立っているのはもちろん、

盧武鉉政権時代には側近として大活躍するなど政治経験も豊富。

最有力候補に名前があがるのも当然といえば当然のキャリア。

 

 

保守派だった朴槿恵に国民の不信感が募りまくったので

次は革新派の文在寅に期待する声が高まるのも自然だよね。

 

 

ただ、保守から革新派に変われば

当然日本に対する外交方針も一転しちゃうよね。

 

 

文在寅は筋金入りの反日で知られるんだとか。

大統領になったら日韓関係は悪化の一途?

かなり北朝鮮寄りの人間らしいのでなおさら恐怖心は募るいっぽう・・・。

スポンサードリンク


プロフィール

400214

文在寅(ムン・ジェイン)

生年月日:1953年1月24日(64歳)

出身:韓国・慶尚南道巨済郡

学歴:慶煕大学校

所属:民主党

出典:Wikipediaより

 

 

エリート出身ながら刑務所収監歴も!

どうやら根っからの革新思想の持ち主なんだね。

慶熙大学校(キョンヒ)に通ってた学生の頃から

朴正煕政権に反対する民主化運動に参加するなど血気盛ん。

 

 

朴正煕(パク・チョンヒ)はあの朴槿恵のお父さん。

(1963年から1979年まで大統領)

朴槿恵(パククネ)は夫も子供もいない!結婚せず独身を貫く理由は?

 

 

韓国の経済成長を推し進めるなど功労者ではあったものの、

強硬的な独裁政権で知られ、民主化運動をことごとく弾圧しようとするなど

民主化に賛成だった文在寅とはまるで対極。

 

 

そんな朴正煕に反対する民主化運動に加わったことで

学生の頃には刑務所に入れられた経歴があるんだそう。

 

 

どんな仕打ちを受けようとも思想を曲げることなく

強い正義感で立ち向かおうとする姿は勇ましいとはいえど、

 

犯罪者としてのレッテルを貼られるまで

突き進んでしまう性格はちょっと危ない気も・・・。

スポンサードリンク


反日で親北主義者?

国民からの支持率が高いということは

それだけ国民感情を吸い上げるのが得意だということ。

 

 

ドナルド・トランプのような典型的なポピュリストだね。

ただ、日本からすると日韓関係を悪化しかねない厄介な人物なのもたしか。

 

 

なんたって極度な反日・親北(北朝鮮寄り)なんだから。

 

大統領に当選したら米国より「北朝鮮に先に行く」

と発言したこともあるなど、

朝鮮半島をふたたび1つに統一しようとする意図がチラつくのも脅威。

 

 

あの金正恩率いる北朝鮮と一緒になったら日本はどうなるやら?

竹島や対馬奪還はもちろん、

日本列島すらも奪いにくるんじゃないかと不安で仕方ない。

 

北朝鮮との協調路線をつらぬく革新派

さすがに金正男殺害の一件については

「非常に野蛮なことだ」「北朝鮮は正常な国ではない」

と金正恩の姿勢を真っ向から否定したものの、

 

2015年に日本軍の慰安婦問題を解決するために結ばれた

慰安婦問題日韓合意に反対するなど、反日姿勢は一向に揺らぐ気配はない。

 

 

また、北朝鮮の兵器開発を後押ししかねない

開城工業地区の操業再開を待ち望んだりと、

 

あくまで北寄りのスタンスを崩さないところも

日本側からすれば歓迎できない相手のように思えてしまう。

 

 

北朝鮮へ強い姿勢で臨むべきとする保守系に対し、

あくまで対話で臨むべきとする革新系。

どちらが政権を取るかで北朝鮮への対応も180度変わってくる。

 

 

保守系に愛想を尽かした国民の大半が革新派に

次の政権を託したくなる気持ちは自然な感情ではあるものの、

世界情勢に照らしあわせて冷静に考えればそれが正しい選択なのか?

 

 

まわりの空気感にただ漫然と流されるのではなく、

国民ひとりひとりがじっくり自国の政治と向き合って

ジャッジしてくれることを切に願う。

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top