Qlioplus

岩坂名奈の太ももの筋肉美がスゴい!脇ちらはワールドカップ級!?

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

全日本女子バレーでキャプテンをつとめる岩坂名奈選手

8月におこなわれたアジア選手権では

10年ぶりの優勝に導くなどポテンシャルの高さを証明!

 

 

グラチャンではさらなる真価が問われることになりそうだね。

 

 

とかくメディアは岩坂名奈を推しメンとしてるので注目度バツグン。

キャプテンという責任ある立場にあるだけでなく、

ルックスも突出してるからね。

 

 

サオリンに次ぐ・・・いや、もしかしたらそれ以上かも。

 

 

女子バレー界屈指の美女とささやかれる岩坂名奈はなぜ人気?

かわいさの秘訣について探ってみたよ(´ε` )

スポンサードリンク


プロフィール

25294674304_f393f0c052_b

岩坂 名奈(いわさか なな)

生年月日:1990年7月3日(27歳)

出身:福岡県福岡市

身長:187cm

体重:72kg

ポジション:ミドルブロッカー

所属:久光製薬スプリングス

出典:Wikipediaより

 

美の秘訣は博多美人にあり?

福岡市の出身やったんやね!!

ポジも大学時代に4年間、城南区に住んどったけん親近感湧くとってw

南区とか車でよく行きよったなぁ。野間大池のマックとか(*´ェ`*)

 

 

 

しかも高宮中出身らしいやん。ここめっちゃ芸能人多いんよね。

タモリ、森口博子、博多華丸、氷川きよし・・・etc

芸能養成所でもなんでもないフツーの公立中なんやけどねΣ(´∀`;)

 

 

 

どおりでスター性が備わっとるわけやね!

アイドルになるべくして生まれてきたようなもの!?

美女だらけの福岡とはいえ、文字通りの博多美人やもんねー。

 

 

 

博多美人といえば秋田美人・京美人とならぶ「日本三大美人」の1つ。

色白で肌がきれいな人が多いんやけど岩坂選手はまさしく!

 

 

福岡は太平洋側にくらべて日照時間が短く、

紫外線を浴びる機会が少ないことがその理由なんやとか。

室内で活動するバレーやから色白美人がキープされとるんやね!

スポンサードリンク


太ももの筋肉美がスゴい

色白なのに筋肉もしっかり付いとるとギャップ萌えしやすい?

引き締まった太ももに視線があつまっとるみたいw

太すぎず細すぎずバランスのいい肉感がなんともセクシー。

 

 

健康的なキュッと締まった体型やんね。

バレー選手ってとかくスタイルいい傾向にあるけど群を抜いとるよね。

ポジションがブロッカーやから高身長ではあるんやけど全然気にならん。

 

 

 

横に並んだらさにあらずか・・・身長187cmだもんな。

実際の身長より小さく見えるのは小顔効果がはたらいてるからかも!?

小顔でスタイルバツグンって・・・最高かよ!!!

 

 

 

サオリンと比べるとバストは小ぶりではあるものの、

太ももの筋肉美とルックスは甲乙つけがたい。

愛嬌ならサオリン、正統派美人なら岩坂選手といったところ。

 

 

 

ともにキャプテン経験者ってことをふまえると、

リーダーに選ばれるには実力やリーダシップはもちろん、

高いアイドル性が求められるのかもしれんね(´ε` )

 

女子バレー限定の脇ちら現象

バレーボールって男女で服装が異なるよね。

半袖でプレーすることが多い男子に対し、女子はほぼノースリーブ

 

 

本来なら腕を回しやすいノースリーブで

統一したほうがプレーにはふさわしいはず。

 

 

 

これにはもちろん深いワケがある。

脇毛がみえて観客を不快にさせないための配慮だそう。

とくにルールに決まりはないけど男子は自重する傾向にあるとか(-_-;)

 

 

 

ボーボーが気になって試合観戦に集中できん!

ってクレームもあるみたいやしね。

そんなわけで女子バレーにのみ頻繁に見受けられるのが脇ちら現象

 

 

 

サーブを打つとき、トスを上げるとき、スパイクを放つときなど、

脇チラショットをお目にかかる機会は必然的に増える。

男子の脇チラは目を背けたくなるけど女子となれば事情が異なるw

 

 

 

女子バレー界屈指のアイドル、岩坂名奈の脇チラとなればなおさら。

 

20130129185024

 

これ目当てに試合観戦する野郎も少なくないのでは。

悲しいけどそれが現実だったりするんよね(;O;)

 

 

そのうちアメリカ女子ゴルフのように

服装規定が厳しくなる日も訪れるんやろうか・・。

女子アスリートの葛藤は終わりそうもない。ポジっとな☆彡

 

関連記事:竹下佳江は結婚して太った?カップや旦那を調査!テンの由来も!

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top