Qlioplus

アリーナザギトワのインスタ画像がかわいい!成績やコーチも調査!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

もうすぐはじまる世界Jr.フィギュアスケート選手権2017

ジュニア世代の大会では最大なので注目度も高い。

 

 

女子では去年みごと金メダルに輝いた本田真凛の連覇が期待されるものの、

日本と覇権を争うロシアからも注目選手が勢ぞろい。

ロシアの次世代のエースと目されるアリーナ・ザギトワが絶好調!

 

Alina-Zagitova-e1489451483580

 

父親はアイスホッケーのコーチ、妹もフィギュアスケーター

家族そろってアスリート一家。

 

 

アリーナという名前はロシア新体操の名選手、

アリーナ・カバエワ(アテネ五輪金メダリスト)にちなんで名付けられるなど、

天才アスリートへと大化けする可能性を秘めた逸材!

 

 

本田真凛との接戦が期待されるので今からチェックしておこう♪

スポンサードリンク


プロフィール

15251832_234497533645925_6948274319101263872_n

アリーナ・イルナゾヴナ・ザギトワ

生年月日:2002年5月18日(14歳)

出身:ロシア、イジェフスク

身長:152cm(2017年3月現在)

所属クラブ:サンボ 70

 

正確にはウドムルト共和国出身!

ロシア人選手として出場してるものの、

正確にいえばロシア連邦に属するウドムルト共和国の出身。

イジェフスクは人口約60万あまりを誇る首都なんだとか。

 

 

ソ連の解体にともなってロシアの共和国へと昇格したんだね。

ロシア語と、ウドムルト語を公用語とするので

必然的にバイリンガルが多い地域になるのかな。

 

 

銃の製造をはじめとした兵器工場がたくさんあるので

日本人が観光目的で行くにはちょっぴり勇気がいるかも。

 

 

ロシアの有名なライフル銃「カラシニコフ(AK-47)」の

一大生産地としても有名。銃好きなら一度は訪れてみたい(´ε` )

 

コーチ変更でみるみる成績が急上昇!

だれに教えてもらうかで実力に差がつくのは

どのジャンルにも共通していえること。

地元にはどうやら優れた指導者がいなかったみたいだね。

 

 

そしてついに2015年、アリーナは故郷を離れて

首都モスクワに行く覚悟を決めたんだとか。

もちろん理由はトップの指導者に教えを乞うため!

 

 

当時まだ12、3歳なのが信じられない腹の括りっぷり。

そんな勇ましい姿に惚れたのか、

 

なんとメドベージェワのコーチでお馴染みの

エテリ・トゥトベリーゼから直々に教えを乞うようにヮ(゚д゚)ォ!

コーチ

エテリ・トゥトベリーゼ

生年月日:1974年2月24日(43歳)

エフゲニア・メドベデワがかわいい!私服もおしゃれ!私生活が気になる!

 

 

メドベデワといえば2015年世界ジュニア選手権

2016年世界選手権など数々の大会で優勝

ロシア女子スケート界の誇るトップスケーター!

 

 

指導者が変われば結果も変わる。

2015-2016シーズンのロシアジュニア選手権では9位だったものの、

2016-2017シーズンのジュニアグランプリファイナルではなんと悲願の優勝!

 

 

しかもジュニア選手として史上初の200点超え(207.43点)!!

 

 

ショートプログラムとフリースケーティングで

ジュニアクラスの世界最高得点をマークできたのも、

本人の圧倒的な努力もさることながらコーチの指導力があったからこそ。

 

 

メドベデワだけでもかなり手強い存在なのに・・・

アリーナまでそれと肩を並べるレベルに成長したんだから

日本からすればまさに脅威だね(;´Д`)

スポンサードリンク


 

インスタでみせるプライベートが可愛すぎる!

平昌五輪のメダル候補とも言われるなど期待は高まるばかり。

そんなスケート界の次世代女王も、氷上を離れれば

ごくフツーのイマドキの女の子。なんたって14歳だもん。

 

 

オシャレも楽しみたいし女の子らしい遊びもやりたいよね!

首都モスクワに行ったことでファッションセンスも垢抜けた?

 

 

都会っ子ならではの感度の高さだね!オッシャレ〜〜(*´∀`*)

 

 

 

ん?これは何だろ?ロシアの感度高め女子に人気のスイーツ的な?

なんかよくわからんけどリア充っぷりは十分伝わったよw

 

 

プライベートでおもいっきり楽しんでるからこそ、

本業でもいい結果が残せるのかもしれないね。

 

 

ロシア期待のニューウェーブの快進撃は止まりそうもない!?

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top