Qlioplus

3.11黙祷2017年の時間は?内閣府追悼式の場所や一般参加について!

20160311sikiten01_1

 

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

東日本大震災の発生からもうすぐ6年

3月11日の地震発生日にあわせて毎年内閣府では

政府主催による追悼式を行っているんだよね。

 

 

未曾有の大震災を風化させないために式典を開催するというもの。

2017年の追悼式の会場や黙祷時間について調べてみた!

スポンサードリンク


 

2017年も国立劇場で追悼式開催!

去年に引き続き、政府主催の追悼式が

千代田区内にある国立劇場でおこなわれる。

 

 

3月11日(土)午後2時30分から開始。

黙祷は地震発生日時の午後2時46分

 

 

追悼式閉式後の午後4時30分から午後6時ごろまでは

一般からの献花も受け付ける。

 

⇒詳しい開催スケジュールはこちら

 

 

また、実行委員長をつとめる安倍首相をはじめ、

秋篠宮親王ご夫妻らも参加し、テレビ中継も行われる。

 

 

今年は天皇皇后両陛下は不参加で、代わりに秋篠宮親王ご夫妻が参加となる。

天皇の公務負担軽減が理由か?など、

不参加について疑惑が飛び交うも真相は不明。

 

 

東日本大震災六周年追悼式

日時:平成29年3月11日(土)午後2時30分から

黙祷時間:午後2時46分から1分間

場所:国立劇場(東京都千代田区隼町4-1)

 

 

一般参加はできるの?

基本的に一般の方は献花のみ受付ということになるようだね。

16:00ごろから国立劇場の正面近くにある屋外待機所で待機したのち、

16:30ごろに大劇場内にある献花台に案内されるんだとか。

 

 

ただし、午後4時 30 分頃から午後6時頃までと献花できる時間は短い。

献花用の花は会場に用意されてるので不要。

御香典や御供物はできないのであらかじめ心得ておきたい。

 

 

会場周辺は大混雑が予想されるのでクルマでの来場は控え、

地下鉄など公共交通機関を利用するようにしよう。

国立劇場までのアクセス方法

 

もし献花をするなら午後4時ごろまでは待機できる場所がないので

時間ギリギリに到着できるよう、時間調整したほうがいいと思われる。

スポンサードリンク


 

黙祷時間は地震発生日時で広まった!?

黙祷を捧げる時間については賛否両論ある。

地震が発生した14時46分におこなうのがいいとする見方、

 

たくさんの命が失われた最大の要因となった

津波の発生時刻を黙祷時間とすべきなど意見はバラバラ。

 

 

ただし、津波到着時刻は地域によって異なるので

それに合わせようとすると国民の心を統一しづらくなる。

 

 

黙祷時間を統一させたほうが直接被害を受けなかった地域に

住んでるひとたちの心も風化しにくいのでは。

 

 

そもそも黙祷が日本に広まったのは

1923年に起きた関東大震災がきっかけ

 

 

震災1年後の慰霊祭にて、

地震発生時刻の午前11時58分にあわせて

1分間の黙祷をしたことから黙祷を捧げる習慣が根付いていったとか。

 

 

政府が地震発生日時に黙祷を促すのは

そんな歴史と伝統にもとづいてるんだろうね。

 

 

なにはともあれ、黙祷時間うんぬんよりも

風化させないことがなによりも大事。

 

 

3月11日の14時46分は黙祷を捧げられるよう、

自発的にしっかり時間を確保しよう。ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top