Qlioplus

谷岡慎一アナは恋人の桑子真帆と結婚間近?イケメンと美女の関係!

ac-taniokashinichi-ec

 

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

交際が噂されてるアナウンサー同士の2人。

ブラタモリでアシスタントを務めてブレイクした桑子真帆アナ

ノンストップ!で水・木担当の谷岡慎一アナ。ラブラブなんだとかヮ(゚д゚)ォ!

 

 

そりゃそうか、局はちがえど2010年入社の同期。

シューカツ中に知り合ったらしく、

そのときに連絡先も交換しあってたんだろうね。

 

 

アナウンサーになる!って共通の目的があったワケだし。

シューカツ中で知り合って仲良くなるケースってよくあるもんね。

そういえば著者もそうだった。集団面接とかおわったあとによくお茶してたなー。

 

 

その後みごとアナウンサーになった2人。

NHKとフジという別々の道をあゆむものの、

桑子アナが広島から東京に異動になったことで再会・・・

 

 

ってシチュエーションが完全にドラマ!!!

 

 

偶然とおもわれた再会。じつは必然だった・・・的な。

萌え〜〜〜(*°∀°)=3 なるでしょ、そんなもん。

 

 

さきに三十路になったのは早生まれの谷岡アナ。

桑子アナも5月30日の誕生日でいよいよ30歳!

節目を大切にする傾向の強い女性なら結婚を意識しないわけがない。

カウントダウンはもうすぐ?

スポンサードリンク


プロフィール

answer_pt_201503tanioka04

谷岡 慎一(たにおか しんいち)

生年月日:1987年2月16日(29歳)

出身:高知県

血液型:A型

身長:173cm

学歴:法政大学経営学部

出典:Wikipediaより

 

 

スポーツ実況が専門の谷岡アナ。それもそのはず、

バリバリの体育会系で野球少年だったもんね。

 

 

甲子園に計12回も出場経験のある私立土佐高校の野球部出身!

腰のケガが原因で1年生で辞めちゃってるけどね。

 

 

悔しい思いもたくさんあっただろうけど、その経験がなかったら

アナウンサーになっていなかったかもしれない。

桑子アナとも出会っていなかったはず。

 

 

人生は見方次第でいくらでもプラスにもマイナスにもなる。

素敵な女性との出会い、さらにアナウンサーとしても順風満帆な日々。

 

 

当初思い描いてた夢とはちがえど、スポーツ実況を任されたりと

大好きな野球とも関わりをもててるので後悔してないと思う。

時間が経つにつれて解釈の仕方は変わるもの。だから人間っておもしろい!

 

共通の趣味で意気投合した可能性も

イケメンで体育会系出身の谷岡アナ。

じつは女子がトキメク意外なギャップの持ち主でもあったりする。

フジのプロフィールにかかげるほどピアノが得意なんだとかヮ(゚д゚)ォ!

 

 

3歳から習ってるので腕前はかなりのレベルかと。

”ネコ踏んじゃったしか弾けない”なんてことは天に誓ってありえない。

 

 

ガタイのいい外見からはピアノ弾いてる姿は想像できない。

いやいや、待てよ。なんかデジャブだなぁとおもったら思い出した!

柔道で金メダルとったベイカー茉秋とおんなじパターンだ!

ベイカー茉秋はイケメンでピアノも上手い?過去の成績や彼女も調査!

 

 

いるんだよね〜、”女子がキュンとくること間違いなし男”がさ。

そういう男にかぎってイケメンなんだなこれが。ほんと神は不公平なもんだよ。

 

 

そのいっぽうで桑子真帆も楽器経験者。東京外大時代

ブラジル音楽のバンドでサックスと打楽器を担当してたそう。

ブラジル音楽?サックス?2人そろってギャップがスゴい(笑)

 

 

とにかく共通点がい〜〜〜っぱい。

”引き寄せの法則”に照らしあわせてみても付き合うのは自然な流れだね。

スポンサードリンク


 

桑子真帆の独立が先?結婚はいつ?

39ed1f76dee03fd28254c73454b9aec8

 

30歳までに結婚、さらに独立まで視野に入れてるとウワサのある桑子アナ。

ブラタモリでタモさんから好かれたなら十分ありえる。

 

 

タモさんの所属する田辺エージェンシーに口利きしてもらえれば

仕事は安定するはずだし。なんといっても芸能界のドンが代表だからね。

田邊昭知社長の経歴がスゴい!息子が巣立って小林麻美と離婚危機?

 

 

NHKって規則にがんじがらめで窮屈だからもっと自由にやりたいのかも?

NHKからフリーに転身した住吉美紀のハッチャケっぷりを

みてると余計にそう思ってしまう。

 

 

キャラ封じを迫られるのでストレス溜まるんだろうなぁ。

リスクを背負ってでもフリーの道を選ぶんだからね。

やっぱり人間は本能的に束縛を嫌うのかもしれないね。

 

 

結婚が先か、独立が先か・・・なかなか難しい選択だね。

看板アナだけに、NHKとしてはそう安々と手放したくないはず。

 

 

全力で阻止しようとするNHKにどう対抗できるか?

そこが判断の分かれ目かな。

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top