Qlioplus

清水富美加の父親の職業は何?5000万円の借金を作った理由を考察!

simizufumika

 

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

芸能人から宗教家へ。清水富美加の決断は揺るぎない。

幸福の科学の信者だったことが

ここまで芸能活動を続けてこれた原動力だったんだろうか。

 

 

信じるものがある人は強い。

力強い芯のある表情をつくりだしていたのは「心の拠り所」のおかげ!?

いやいや、それだけじゃない。生い立ちや両親の影響もおおきいと思う。

 

 

甘えん坊になりがちな末っ子ではあるものの、

両親が離婚して父親に引き取られたり、14歳で厳しい芸能界に入ったりと

 

精神的に自立せざるを得ない状況に

追い込まれたことが力強さを増幅させてるように思う。

 

 

さらに父親に5000万円もの借金があったことが発覚!

もしや芸能界に入ったのは父親のため?火の車だった家庭の金銭事情を

なんとかしたい!と思ったからではないかと思えてくる。

 

 

父親の借金と今回の出家についての因果関係はわからない。

給料の少なさや自分のやりたくない仕事をやることに不満を抱えていたのは事実。

 

 

「芸能界は思ったより稼げない」と知り、

さらにやりたくない仕事までやってストレスを抱えるくらいなら、

 

幸福の科学のために働きながら活動したほうが

借金も返しながらやりたいことをやれるのでいいのでは?

そんなふうに考えたくもなるんじゃないかと思う。

 

 

そもそも父親はなんで借金作ったんだろう?職業も気になるよね。

スポンサードリンク


 

父親の職業は浮き沈みが激しい?

借金5000万円がどういう内訳なのかはわからない。

なんでも過剰に伝えたがるマスコミのこと。

じつは家を買ったときのローンだったなんてこともじゅうぶん考えられる。

 

 

ただ、「仕事がうまくいってない」という表現がどうも引っかかる。

サラリーマンだとすれば毎月給料は固定のはず。

完全歩合制の営業マンだったらそういう表現ももちろんありえる。

 

 

とにかく収入が安定しない仕事についているのはたしかかと。

だとすれば自営業で事業をやっているけど売上が落ちてきた

もしくは完全歩合制のサラリーマンで成績が芳しくないのいずれか。

 

 

まだ中学生だった娘を芸能界に入れることに抵抗のない父・・・

サラリーマンだったら即反対しそうなので自営業の可能性は高い。

 

 

著者の実家も自営業だからか、小さいときから放任主義で

「好きにすれば〜」状態だったからなんかそんな気がするのよ(*´ω`*)

 

 

【追記】やっぱり会社経営だった。ホームページやイベントの企画をする会社だったそう。

自己破産しちゃったみたいだね。なので現在は借金はチャラに。

スポンサードリンク


 

5000万円もの借金を調達するなら

もし事業やってたとすれば5000万円ぐらいの借金はぜんぜんある話。

借りれる信用力があるってことはそこそこ大きな会社なんだろうか。

事業用資金として銀行から借りようと思ってもなかなか審査通らないもん。

 

 

事業者ならまずパッと思い浮かぶのが日本政策金融公庫

普通貸付で最大4800万円の融資が受けられるし政府銀行なので低金利。

 

 

計画書作るのめんどくさいのが難点だけど比較的審査も甘いので

5000万円の借金する手段としてはいちばん敷居が低い。

 

 

もちろん返済の見込みがあって将来性のある事業でないと貸し出さない。

返済に窮していたとなると、やっぱり単なる多重債務者だったのか?

 

 

事業継続のための健全な借金だったのか、

それとも浪費癖が止まらずヤミ金にも手を出した末の借金だったのか。

ひとくちに借金といってもその状況によって捉え方もさまざま。

 

 

幸福の科学の信者であれば、前者でないと信用に傷がついちゃうけど・・・。

ポジっとな☆彡

 

関連記事:本間憲(レプロ社長)の経歴や素顔は?妻や子供の存在も気になる!

清水富美加の引退理由の真相は?体調不良は嘘でレプロに干された?

 

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top