Qlioplus

雅山(二子山親方)の美人嫁の画像!子供やツイッターも気になる!

top_img

 

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

ツイッター、フェイスブック、インスタなどSNS全盛の現代・・・

もはや年齢なんて関係なく、使いこなせないとドンドン取り残されていく。

 

 

その反面、うまくSNSを使いこなせればものすごい影響力がもてる。

「おもしろい」と評判の元大関・雅山こと二子山親方のツイッターアカウント。

彼はそんなデジタルテクノロジー社会をなんなく乗り切れそうな巧みな使いっぷり。

 

 

グルメあり、笑いあり、相撲ありの人間味たっぷりの投稿が共感を生むんだろうね。

ツイッター使いこなすのが上手い親方ってほかにいないのでは?

なんたって弟子募集すらツイッターでやっちゃう斬新さ!

 

 

 

アドレスがGメールってところからしてIT猛者だね(笑)

 

 

クリエイティビティに富んだ企画力は相撲部屋をマネジメントするうえでもかなり有利。

相撲の指導だけでなく、多方面にわたってなんとも頼もしい存在。

 

 

頼りがいがあっておもしろい男には自然と美女が寄ってくるんだな〜。

親方を支える美人奥さんと子供について調べてみたよ♪

スポンサードリンク


プロフィール

qGr5iUDc

雅山 哲士(みやびやま てつし)

本名:竹内 雅人

生年月日:1977年7月28日(39歳)

出身:茨城県水戸市

身長:187cm

体重:188kg

出典:Wikipediaより

 

 

サラリーマン経験があるわけでもないのになぜITに強いのか?

その理由は高学歴によるIQの高さに秘訣があるのかも。

 

 

3年で中退してはいるものの、

MARCHの筆頭でもある明治大学に入学できるほど賢い頭脳の持ち主。

 

 

ただ、若いときはちょっと血気盛んすぎたようで。

長期間にわたる後輩部員への暴力が原因で大学中退を余儀なくされるハメに。

 

 

せっかく明治大学に入れたのに・・・もちろん学歴を棒に振ってしまったのは自業自得。

若くして相撲人生をあきらめずに済んだのはその後すぐに武蔵川部屋に入れたおかげ!?

 

 

事件ウンヌンよりも実力をみて拾ってくれたんだろうね。

 

 

20世紀最後の怪物」の異名で知られるようになったのは

角界でのすさまじい強さもさることながら、

そんな過去の恐怖におびえそうなエピソードに起因してるのかもしれない。

スポンサードリンク


美人すぎる奥さんは一般人!

若いときにどんなにイケイケドンドンだったとしても

結婚して子どもができるとコロッと丸くなるタイプも多い。

 

 

奥さんが美人だとなおさら骨抜きにされやすいので

雅山はそのパターンだな、きっと。

 

 

▼福岡県出身の妻・堀江侑加(当時24歳)

PN2008112401000381.-.-.CI0002

 

あ〜ら、なんて素敵な美人妻だことッ(*´ω`*)

 

 

奥さんが稽古を見学したのが出会いのきっかけだとか。

ってことはもとから相撲ファンだったのかも?

 

 

もちろんプロポーズしたのは雅山。

そういえば突き押し相撲が得意だったもんな。

押して押して押しまくってみごと押し出し勝利をかざったワケか。

 

 

当時の奥さんはギリ大学生。就職も内定しててようやく入社!

ってときにそれを辞退して結婚に踏み切ったんだからね。

 

 

年収2800万円〜といわれる大関の年収、さらに雅山の実家が

茨城交通グループのオーナー一族ということを考えると内定辞退も当然か( ・ิω・ิ)

 

次男の死をきっかけに

横綱にはあと一歩手が届かなかったものの、みごと大関までのぼりつめた雅山。

大相撲力士を引退後は親方として”二子山雅高”を名乗って後輩の指導に。

 

 

じつはこの”雅高”という名前、次男から名付けたものなんだとか。

2009年と2011年に2人の男の子が生まれたんだけど

次男は2歳になる誕生日の直前にまさかの急死。

 

 

死因はハッキリせず。なんの予兆もないままに突然死んでしまう

乳幼児突然死症候群の可能性が高いとのウワサも。

 

 

元気だった子どもが突然いなくなるショックは計り知れない。

”二子山雅高”へと改名したのは亡くなった次男の分まで

しっかり生きようと決意した意思表明なんだろうか・・。

 

 

人生の浮き沈みをぞんぶんに味わってきたからこそ、

ユーモラスで人間味たっぷりな性格へと丸みを帯びていったのかもしれない。

 

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top