Qlioplus

桑田泉の真澄との兄弟仲が気になる!妻や子供など家族もチェック!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

知らなかった!!桑田真澄に弟がいたなんてッヮ(゚д゚)ォ!

アウト✕デラックスに出演するのはいいんだけど

残念ながら兄弟出演ではなく弟オンリー。

 

kuwataizumi_070322_06

 

 

ん〜、せっかくなら兄弟出演を実現させてほしかった(T_T)

そのほうがゼッタイ視聴率とれるのに・・・モッタイナイ!

 

 

弟はプロゴルファーなんだそう。

独自の理論をもとに”ティーチングプロ”としても活躍中。

 

ゴルフの指導で生計を立ててるゴルファーのことを

ティーチングプロっていうんだね。

 

 

それにしても兄弟そろってプロアスリートってスゴいなヮ(゚д゚)ォ!

まるで若貴兄弟のよう。

関連記事:花田虎上(まさる)の改名理由は風水?老化で現在がヤバい!?

 

 

さらに野球歴も。なんとッ!高校は兄とおなじPL野球部だった!

清原だけじゃなく、こっちも立派なKKコンビじゃん(笑)

スポンサードリンク


プロフィール

2011_w18_01

桑田 泉(くわた いずみ)

生年月日:1969年11月25日(47歳)

出身:大阪府八尾市

学歴:PL学園ー青山学院大学

出典:Wikipediaより

 

 

もともとは兄とおなじプロ野球選手を目指してたみたい。

ただ、兄があまりにも偉大すぎたのか、存在感はいまひとつ。

 

 

PL学園時代はベンチ入りが多かったのが原因かな。

 

 

代打で甲子園に出場したときは球場からドヨメキの声があがったらしいけど、

それは残念ながら桑田泉としてではなく、「桑田真澄の弟」として

注目を浴びたに過ぎないので心境は複雑だったかもしれない。

 

 

その後も青学で野球を続けるものの、ケガを理由にプロ野球の道は断念

奇しくもそのおかげで現在の生活の糧となるゴルフと出会うことに・・・

 

 

ピンチをチャンスに変えられるのは強いメンタルの証!

 

 

結果オーライな運命をつかんだのはほかでもない。

プロ野球選手として順調に歩んでいく兄と比べることなく、

自分は自分と信じて突き進んだ結果だと思う。

 

僕と兄貴はタイミングが合っている

兄が68年生まれなので年齢差は1つ。

年が近いと小さい頃は兄弟ゲンカも多かったりしただろうけど

その分仲も良かったする。男同士ならなおさら。

 

 

2人で食事する機会こそほとんどないものの、

一緒にゴルフしたり野球話に花を咲かせたりすることもあるんだそう。

2007年にはみごと兄弟対談も実現。

 

kuwataizumi_070307_01 (1)

 

確執のある若貴兄弟だったら考えられない光景(笑)

顔も雰囲気も似てるんだよなぁ。どちらかというと兄は冷静沈着でスマート、

弟のほうがヤンチャそうな印象。

 

 

だいたい兄と弟ってそんな感じだよね。

似てるようでどこか対極的なところもあったり。

 

 

弟の泉曰く、

 僕と兄貴はタイミングが合っているというかなんというか,

 そんなところがあるみたいですね

 

 

さらに兄の真澄も

自分の子供もかわいいけど,兄弟も同じ。子供と一緒くらい大事だと感じていますよ。

とアツ〜い兄弟愛をかんじる発言も。

 

何年経っても心で通じあえる関係って素敵だねッ(*´∀`*)

スポンサードリンク


 

奥様さまはお医者さま!?

兄・真澄の奥さんといえば元キャビンアテンダント。

プロ野球入り前からモテモテだったので言い寄られたパターンかな?

 

 

機内で移動中、寝て起きてみたらキャビンアテンダントからの

ラブレターがどっさり置かれてた・・・なんて逸話があるくらいだもんね(;・∀・)

 

 

「オレもお兄ちゃんに負けない美女をゲットしてやる〜」

とライバル心が燃えたぎったかのかどうかはさておき、

弟も負けじと”女医”の美人奥さんをゲットしてるんだからスゴいッ!

 

 

▼妻の千歳、長女の唯心ちゃん

5a65a3f6

 

マダムオーラ全開でなんとも気品高い奥さんだことッ(*´ω`*)

2013年に結婚、2015年に長女が生まれたんだとか。

爆報フライデーに出たことがあったんだね。

 

 

10個下の美人奥さんでしかも女医。

おっとり系の兄と違ってガツガツ系なので自分からアプローチして

結婚まで至ったパターンかな。

 

 

口が悪かったりと兄とは対極の存在にありながら、

しっかり着実に幸せをつかんでいく姿はなんとも勇ましい。

 

 

いやはや、なんとも興味深い兄弟だ。

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top