Qlioplus

川津祐介は奥さんを愛する愛妻家!長女と三女の娘は女優だった!?

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

いつまでも夫婦仲良しってうらやましい。

おしどり夫婦ってなんだか心がホッコリするよね。

 

 

浮気が原因で離婚したりが多い時代だからなおさらそう感じるのかも。

俳優の川津祐介ハートネットTVに夫婦そろって出演!

 

0da1e9a8

 

夫婦というのは持ちつ持たれつの間柄。

お互いに介護しあったりしたおかげで

さらに深い愛情が芽生えるようになったんだろうね。

 

 

どんな困難にも負けず、夫婦で支えあいながら

寄り添って歩んでいく人生ってすごく幸せなんだろうな〜(*´∀`*)

 

 

3人の娘もいるんだとか。

奥さんと娘にフォーカスしつつ、いろいろ調べてみたよ。

スポンサードリンク


プロフィール

Cv8CP4DVUAAWBy_

川津 祐介(かわづ ゆうすけ)

生年月日:1935年5月12日(81歳)

出身:東京都

学歴:慶應義塾大学医学部⇒経済学部卒

代表作:『ザ・ガードマン』『Gメン’75』

出典:Wikipediaより

 

 

ザ・ガードマンの人気もあってアクションスターの印象が強いのでは?

ザ・ガードマンはセコムをモデルとした警備員ドラマだよ。

最高視聴率はなんと40.5%。テレビ不況の今じゃ考えられん数字!!

 

 

そんな人気ドラマの俳優としてだけでなく、

くいしん坊!万才では5代目リポーターとしてタレント活動も。

 

 

さらに過去には自然食レストランを経営したり

京都造形芸術大学で客員教授をつとめたりとマルチっぷりがすごいッ!!

 

 

学歴をみればその理由がうなずける。

 

慶応大医学部から経済学部へ

慶應卒のエリートなんだけど最初に入ったのは

そのなかでもケタ違いにムズカシイ医学部!!

東大・京大に引けをとらない全国屈指のツワモノぞろい。偏差値74て…ヮ(゚д゚)ォ!

 

 

そんな超選りすぐりのエリート集団。

まわりのレベルの高さに圧倒されてしまったのか、

それとも途中で医者は向いていないと悟ったのか、

 

 

なんと途中から経済学部へと編入。オールラウンダーっぷりがハンパない。

アタマが良くてなんでもこなせる器用なタイプだからこそ、

ジャンル問わずマルチに活躍できるんだろうね。

 

 

イタズラな神よ。少しくらい著者にも頭脳を与えたまえ(´・ω・`)

スポンサードリンク


奥さんとの金婚式がいいかんじ♪

結婚して50年たった夫婦の記念イベントといえば金婚式

2014年におこなわれた金婚式の様子をブログにアップしてたッ!

 

6154b5f4-s

引用元:http://blog.livedoor.jp/kawazuyusuke/archives/51510261.html

 

いい歳こいてもラブラブなんだね(笑)

それもそのはず、ワケあって結婚式を挙げれずにいたんだとか。

なので気分は新婚ホヤホヤの夫婦モードだったのかもしれない。

 

 

奥さんの愛沙は口元の口角がキュンとあがっててすごく上品。

皇太子妃のようなお嬢さま感すらかんじさせる。

若い頃はキレイだったんだろうな〜。

 

夫婦そろって大病を克服!

何不自由ないおしどり夫婦であっても、

人生なんていつ何が起こるかわからない。

 

 

夫の川津 祐介は60歳のときに心臓左心室壊死で余命宣告

生死をさまよう事態に。

 

 

その影響で20年以上司会をつとめた朝の番組も降板するハメに・・・。

奇跡的に回復したのはよかったものの、今度は奥さんにも突然の病魔が!

脳梗塞と脳出血をおこして大変な時期があったんだとか。

 

 

幸い、2人ともみごとに病魔を克服!

ともに病を患って乗り越えてきた夫婦。

痛みも分かち合ってるので愛情もキズナもより深まったんじゃないかな。

 

長女と三女は女優業を経験

おしどり夫婦の間には3人の娘がいるんだそう。

父親が俳優だったので自然と女優志望になったんだろうか。

 

 

次女だけは別の道に行ったのかもしれないけど、

長女と三女はともに女優のみちへ。

 

 

▼長女の川津花

171f18e2

出演作:はぐれ刑事純情派、犬神家の一族など

 

▼三女の川津春

8341

生年月日:1975年4月17日生まれ(41歳)

出演作:嫌われ松子の一生、天国への階段など

 

 

ただ、2人とも現在は女優活動をつづけてる気配ナシ。

三女は09年にイギリス人男性と結婚してるので

専業主婦になってるのかも?

 

 

芸能界で生き残りつづけるのはほんの一握り。

あくせく働きつづけるのではなく、

のんびりほのぼのと生きる道を選んだように思える。

 

 

しあわせのカタチは人それぞれ。

好きなように生きればいいのだッ!

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top