Qlioplus

カカオマスが原材料でいちばん多いチョコ菓子は?おすすめを紹介!

 

Chocolate temptation

 

 

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

冬になると無性に食べたくなるお菓子といえばチョコレート

寒さからつい高カロリーなものを求めたくなるんだよね。

 

 

チョコレートに含まれるポリフェノールテオブロミンには

血流を良くする効果も。冷え性対策にもバッチリ!

さむ〜い冬の時期を乗り切るためにもぜひ適度に取り入れたい。

 

 

ただ、市販のチョコレートって砂糖のかたまりが多いのも事実。

しっかり見極めないとデブまっしぐら。

原材料をみると砂糖がトップを占めてることが多いんだよね。

 

 

ブラックチョコを謳ってるくせに

砂糖がいちばん多く使われてる商品がほとんどだったり・・・。

まんまと落とし穴にハマらないためにも消費者側が見極めるしかない。

 

 

そこで今回はカカオマスがいちばん多いチョコレート菓子のなかから

著者が好きなアイテムに厳選して紹介していくよ。

 

スポンサードリンク


 

①ロッテ クランキービター

 

 

サクサクっとしたパフの食感とチョコレートの

バランスが絶妙のクランキーシリーズ。ビタータイプもあるんだな。

 

 

甘さ控えめなのはもちろんのこと、カカオがいちばん多く

使われてるので濃厚な味わい。コーヒーとの相性もバツグン!

 

 

砂糖がいちばん多い通常のクランキーが甘すぎてもう食べれない!

子供のころあんなに大好きだったのに・・・

 

 

ただし取り扱ってるお店は意外と少ない。

著者の住んでる近くだとサンドラッグでしか

お目にかかったことがないんだよね。

 

探す手間を省くならネット注文でのまとめ買いがお得でベスト。

 

カバヤ カレーム クアトロ

 

 

さくさくぱんだシリーズでおなじみのカバヤ食品。

岡山発の菓子メーカーながら、全国どこでも買えるのがウレシイ(´ε` )

 

 

”チョコ好きのためのチョコビスケット”を謳ってるだけに

原材料はカカオマスがトップ!消費者の期待を裏切らない姿勢も評価大。

 

 

ほのかに甘く、ほんのり苦い。サクサクの食感がたまらん。

口に放り込んでそのまま食べるも良し、

じっくり口の中で溶かしながら食べるのもウマい(*´ω`*)

 

 

抹茶タイプもあるけどそっちは砂糖がいちばん多い。

ビター好きなら抹茶なんか目もくれずチョコ味の一択でしょ。

 

 

クランキービター同様、取り扱い店舗が少ないのが欠点。

なんだかんだビターシリーズより砂糖たっぷりの

ノーマルタイプのほうがよく売れるんだろうね。

 

 

著者は実店舗だと”おかしのまちおか”で買ってるよ。

コンビニでも取り扱ってくれたら助かるんだけどな〜(´ε` )

 

スポンサードリンク


③明治 おいしいoff砂糖ゼロ

 

 

今回紹介するなかで唯一コンビニで見かけるのがコレ。

粒サイズなので仕事中でも周囲を気にせず食べられるのも◎

 

 

甘さはかなり控えめ。それもそのはず、砂糖ゼロなんだよね。

砂糖の代わりにマルチトールを使って甘さを再現してるんだとか。

 

 

マルチトールは砂糖の半分のカロリーしかなく、虫歯にもなりにくい。

砂糖にくらべて血糖値の上昇もゆるやかなので

ダイエット商品なんかでよく使われるみたい。

 

 

もちろん摂り過ぎは肥満のもと。せいぜい1日1袋を目安に!

 

 

個人的にはリラックスしたいときや集中力をあげたいときに

食べるのがオススメ。カカオ分61%だからか、すげー癒される(;´Д`)

 

 


値段が安いからとって必ずしも砂糖が

いちばん多く使われてるとはかぎらない。逆もまた然り。

 

 

商品名にごまかされず、しっかり原材料欄をみるクセをつければ

まだまだカカオ優位のチョコに出会えるかも?

 

 

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top