Qlioplus

金子理江はハーフで姉が一般人!?出身高校や両親についても調査!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

講談社主催のアイドルオーディション『ミスiD』。

iDにはアイドルアイデンティティの意味が込められてるとか。

 

 

ミスiD2015でグランプリに輝いて

今年ブレイクしそうなのが金子理江!

news_header_iinioi_201506_16

 

グラビアアイドルや女優としても活躍中の期待の若手!

(若手って表現するとよしもと芸人みたいだねw)

 

 

LADYBABYというアイドルグループの一員でもあるみたい。

国内大手のコスチュームメーカー・クリアストーン

PRユニットとして2015年3月に結成されたそうだよ。

 

 

そんな中心メンバーのひとり、金子理江とはいったい何者??

ブレイク前にメッタ斬り!!!

スポンサードリンク


プロフィール

tumblr_nnn4z5iicg1qzxivmo1_500

金子 理江(かねこ りえ)

生年月日:1997年12月18日(18歳)

出身:東京都

身長:158cm

スリーサイズ:80 – 57 – 80 cm

所属:アーティストハウス・ピラミッド

出典:Wikipediaより

 

 

日本人に見えない!?それもそのはず。

お父さんは日本人、お母さんはスペイン系のフィリピン人だとか!

 

 

正真正銘のハーフタレントってことだね。

 

 

フィリピンといえばその昔スペインの植民地だったよね。

230年もの間(1565年-1898年)スペインに

占領されてた歴史がある。

 

 

金子理江はどちらかというとフィリピンより

スペインの血のほうが濃い気がする。

 

 

東京で生まれ育ってるのでハーフ共通の美しい

顔立ちをのぞけば日本人となんら変わりない。

 

 

芸能人になれたのもハーフだったからこそ!?

ブスと無縁のルックスに生まれたのは運も味方につけた証拠か。

 

LADYBABYがよう分からん

アイドルカルチャーにまったく足を踏み入れたことのない著者。

新感覚エンタメグループを標榜するLADYBABY

正直サッパリ何がいいんだか…。

 

アキバ系ミュージックに位置づけられるのかな?

 

 

外国人ウケを狙ってるようなかんじだから

ターゲットの人にはドツボなんだろうね。

 

 

数字の伸びをみれば人気の高さは一目瞭然!

YOUTUBE公開4ヵ月目で1000万再生だとかヮ(゚д゚)ォ!

 

 

日本での知名度はイマイチでも海外では超有名人?

 

 

空前のアイドルブームから早10年あまり。

 

 

ビジネスとして展開するなら次から次へとアイドルグループが

量産される日本より海外を主戦場にしたほうが

ライバルも少ないので儲けやすい。

 

 

日本の消費活動をみても中国人の”爆買い”などで

下支えされてるのが現実だしね。

 

 

今後はアイドルビジネスも外国人向けにシフトしていくのか…。

少子高齢化が進んで人口が確実に減ってきてるので

商売やるならそうならざるをえないね。

スポンサードリンク


出身高校の偏差値がヤバい!

アイドルが通う高校といえば堀越か日出学園の二択。

小さい頃から芸能界に憧れがあったりスカウトされてたら

とくにその傾向は強くなる。

 

 

金子理江はそのどちらでもない。高校に入ってから

芸能人志望が目覚めたパターンかもしれないね。

 

 

北区赤羽にある東京都立桐ケ丘高校という

聞いたことない無名の高校を卒業してる。

 

 

偏差値は38(゚∀゚)

 

うん、これはなんか著者の母校とおなじニオイがする。

(ロバートの秋山・馬場が卒業生)

 

 

勉強のほうはからっきしだけど個性的でおもしろい、

そんなクリエイター気質な人間が集まる学校なんだな、きっと。

 

 

不登校経験者や他校中退者などを

ターゲットとする定時制高校らしいので

ネジのぶっ飛んだヤバい輩が多そうだね(笑)

 

姉の金子ともみは一般人?

兄弟はお姉ちゃんがいるんだとか。

金子ともみという名前まで判明してるけど一般人みたい。

 

 

ボカシを入れとけば問題ないとは思うけど

2人で仲良く映った写真は一切ナシ。

 

 

よほど警戒心が強い性格なのか?

もしくは自分の容姿に自信がなくて写真に写るのが嫌い…

いずれかだと考える。

 

 

 

とりあえず接客には向かないタイプらしい(笑)

ネタにするくらいなので姉妹愛は良さそうだね。

 

 

LADYBABYの新メンバーに加わってくれることを密かに期待!

ポジっとな☆彡

 

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top