Qlioplus

丹羽孝希はすね毛が濃いイケメン!両親や兄弟など家族構成に迫る!

どーも、ポジだよ☆彡

 

卓球界の若手ホープ、丹羽孝希選手がイケメンだと話題に!

丹羽孝希

 

好みが分かれるタイプではあるけど

プレーしてる真剣な眼差しにキュンとくる女性も多いのでは?

さわやかイケメンであることは確か。

 

 

21歳の大学4年生ながら今回のリオオリンピックが

2度目のオリンピック出場だとか。

 

 

現在の世界ランキングは14位なので

メダル獲得は厳しいラインにあるものの、

オリンピック出場で脚光を浴びるに違いない。

 

 

イケメンで世界トップレベルの卓球センスをもつ彼。

そんな丹羽孝希選手のビックリ仰天事実が明らかに!?

スポンサードリンク


プロフィール

960-1

丹羽 孝希(にわこうき)

生年月日:1994年10月10日(21歳)

出身:北海道苫小牧市

学歴:青森山田中学高校−明治大学在学中

身長:162cm

体重:48kg

出典:Wikipediaより

 

 

まず目に飛び込んできたのが

男性アスリートとは思えない華奢すぎる身長と体重。

 

 

162cm、48kgって女子かと思ったヮ(゚д゚)ォ!

CanCamの読者モデル並じゃん…。

 

 

卓球選手にムキムキマッチョは少ないと思うけど

もう少し体重増やさないと体力が心配…

 

 

アスリートなので自己管理は徹底してるはずだし

優秀なコーチもいるので大丈夫なんだろうけどね。

 

 

パワーよりテクニックが要求されるスポーツなので

軽すぎるぐらいがちょうど良いのかな!?

スポンサードリンク


壮行会で家族の名前が明らかに!

20160521m08

苫小牧市出身ということで地元では

丹羽選手のオリンピック出場を応援しようと

市役所主催で壮行会を開いてくれたそう。

 

 

約200人の市民に見守られながら

「団体戦ではメダルを狙う」と力強いコメントも!

 

 

じつは壮行会では家族も駆け付けてくれたとか。

内心恥ずかしくもあっただろうけどね(;・∀・)

 

 

卓球をはじめるきっかけを与えてくれた

元卓球選手で父の孝司さん(45)、

母の美加さん(43)、弟の孝太さん(15)

らが駆けつけてくれたみたい。

 

 

弟のほかにもお姉ちゃんがいるみたいだけど

スケジュールの都合が合わなかったのか

来れなかったそう。

 

 

イケメンのお姉さんということは美人なんだろうね〜。

美人すぎるとマスコミに注目されちゃうので

あえて参加しなかったとか!?

 

 

上の写真だと小さすぎてわかりづらいけど

このなかに両親と弟が映ってるのかもしれないね。

 

 

あたたかい地元市民と家族に見守られながら

オリンピックの舞台で活躍できるって

サイコーだろうな〜(*´∀`*)

 

すね毛が濃い?

ネットでは思ったことをダイレクトに

検索したくなるもの。

 

 

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンを使えば

すぐに答えが出てきたりするので尚更。

 

 

「丹羽孝希 すね毛」

 

 

ヤフーの検索画面でまさかのキーワードが!!

 

 

気になってさらに調べていくと

丹羽選手の”すね毛が濃い”と評判らしい。

 

 

▼まずはプレー動画でチェック!

 

ん〜、動きが俊敏すぎてよくわからん(´・ω・`)

濃いようには見えないんだけどね〜。

 

 

▼つづいて画像をチェック!

1719-4

 

言われてみるとたしかに濃いかも!?

”ボーボー”がスネ毛MAXの表現だとすれば

”ボボ”って感じだね(´ε` )

 

 

▼著者が定義するスネ毛の濃さレベル

超濃い:ボボボーボ・ボーボボ

かなり濃い:ボーボー

ちょい濃い:ボボ ←ココ

 

 

スネ毛が濃いのは男性ホルモンが活発な証拠。

 

 

個人的にはツルッツルよりも

ある程度生えてたほうが男っぽくて良いと思う。

 

 

きっと丹羽選手も著者とおんなじ考えなんだろうね。

 

 

とはいえ最近の野郎どもの間では

スネ毛処理が常識になりつつある。

 

 

あえてなのか?それともたまたまなのか?

 

 

個人的にはスネ毛の濃さより

卓球でいかに良い成績を残すかに

優先順位を置いてるのでそんなに

気にしてないんじゃないかと思う。

 

 

スネ毛を野放しにしているのは

本気で卓球に向き合ってるからこそ!?

 

 

ポジッとな(´ε` )

スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top