Qlioplus

高橋尚子の現在はカツラ疑惑で劣化?パチンコ依存症の真相も調査!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

”Qちゃん”の愛称で親しまれた

高橋尚子さんも気づけばもう44歳。

1782

 

マラソン引退後は解説者や

スポーツキャスターとして活躍。

 

 

ほかにも

  • 中日新聞社客員
  • 大阪学院大学特任教授
  • JICAオフィシャルサポーター
  • 観光庁ランナーズインフォメーション研究所所長
  • 日本陸上競技連盟理事

 

など現役時代の素晴らしい功績のおかげで

そうそうたる肩書きがズラリ。

 

 

今月からはじまるリオ五輪でも

TBSのスペシャルキャスターに起用されるなど

引退後も自分の夢に向かって走り続けている。

 

 

そんなQちゃんがまさかパチンカスだったとは…。

 

 

マラソンで鍛えたズバ抜けた体力があるせいか、

朝から閉店まで打ちっぱなす日もザラだとか。

 

 

アスリートはみんな負けず嫌いなので

”あきらめません、勝つまでは”

の精神がはたらいて納得いくまで

やり続けてしまうんだろうね。

 

 

心配されるパチンコ依存症や

カツラ疑惑について調べてみた。

スポンサードリンク


プロフィール

高橋 尚子(たかはし なおこ)

生年月日:1972年5月6日(44歳)

出身:岐阜県岐阜市

学歴:岐阜商業高校・大阪学院大学商学部

身長:163cm

体重:46kg

出典:Wikipediaより

 

教育者の両親のもとで生まれ育ったQちゃん。

その影響なんだろうね、大学卒業後はランナーではなく

教師になりたかったそう。

 

 

もちろん中学からはじめた陸上競技を続けたい

気持ちもあったとか。

 

 

教師になるべきか?それともランナーを目指すべきか?

Qちゃんが選んだのは後者だった。

 

 

高校時代の監督のアドバイスもあって

小出監督のいるリクルートに入社を決めることに…。

 

 

小出監督からは『有森二世』と賞賛されるなど溺愛。

201002220011-spnavi_2010022300033_view

今振り返ると相思相愛の親バカお父さんと

親離れできない娘のようにも見える(´ε` )

 

 

そんな名将小出監督のもとで力をつけていった

Qちゃんはシドニーオリンピックで金メダリストにまで飛躍!

 

 

キュートさと実力を兼ね備えた

完全無敵のランナーだったもんね。

スポンサードリンク


ゴールはパチンカス?

優しくもあり厳しい指導者だった小出監督のもとを

離れて気が緩んでしまったのかな?

 

 

受験を終えて大学に入った途端に

遊び呆ける大学1年生みたいな。

 

 

両親も教育者だったので小さいころから

厳しい環境で育てられたはずなので

その反動もスゴいんだろうね。

 

 

屈託のないQちゃんスマイルからはまったく

想像もできないまさかのパチンコ通い…。

 

 

休日の遊び方を知らないのかも?

 

 

本人曰く、

「月に何回かしか行かないです。昨日は休みだったので……あくまで息抜き(苦笑)」

とコメントしてるので

本当であればひとまず依存症ではなさそう。

 

 

 

ギャンブルは依存性があるので数回で気が済むのか?

疑問は残るところではあるけど…。

 

 

ランナーで培ったタフな自制心で

息抜き程度にコントロールしてると信じよう。

 

 

それにしてもこんなビジュアルがみれるなんて…。

 

カツラ疑惑?劣化も心配

パチンコ通いのショックもさることながら

もう1つ気がかりなのがカツラ疑惑。

 

 

イメージダウンを防ぐための変装なのか?

パチンコ通いのときは必ずカツラをつけるのが

お決まりだったそう。

 

 

とはいえ女性自身の記者がインタビューしたところ

「カツラは1回かぶりましたが(変装とは)違うんです!」

となんだかチグハグな回答も…。

 

 

え?まさか…普段からカツラだった?

 

 

そう言われるとなんだか前髪付近が

カツラっぽくもみえる(;・∀・)

 

 

とはいえ見た目は44歳とは思えない美魔女ぶり。

 

 

肩のラインもキレイだし現役時代とほとんど

変わらない可愛らしさだけど髪の毛だけは

年齢に逆らえなかったとか?

 

 

カツラは仕方ないとしても

パチンコは早く辞めてほしいなぁ。

 

 

”Qちゃん”から”Pちゃん”になっちゃうよ(´・ω・`)

 

 

ファンのためにもこれ以上イメージを壊さないで!

ポジっとな(´ε` )

スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top