Qlioplus

大橋巨泉はがんステージ4で余命わずか!?妻と子供への遺産は?

 

どーも、ポジだよ(´ε` )

 

言わずと知れた大物タレントの大橋巨泉さん

etc13111517320001-p5

 

『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』など

時代を彩った数々の名物番組で司会者として大活躍!

 

 

 

恰幅の良さで印象づいてる人も多いかもしれないけど

その面影は今やどこにもない。

 

 

80キロ近くあった体重もガンの影響で

43キロまで落ち込んでしまう激ヤセぶり。

 

 

身長178cmということをふまえると

どれだけ危険な状態かは容易に察しがつく。

 

 

2005年に胃がんを患った巨泉さん。

その後はがんの転移に脅かされるなど

闘病生活を余儀なくされてる様子。

 

 

ガンの進行度を示すステージは

末期を意味するにもなるとか・・・。

 

 

起き上がるのもままならない状態なので

予断を許さない状況がつづいてると思われる。

スポンサードリンク


集中治療室で治療中の現在!

ガンを患ってからは入退院を繰り返す日々が続いてるらしい。

 

 

一時期は自宅療養するまでに回復するも

クスリが合わず再入院するハメに…。

 

 

2005年の胃がんにはじまり、13年に中咽頭がん

さらにはリンパ節や肺にもガンが転移するなど

治るどころか悪化の一途をたどってるようにすら思える。

 

 

15年11月に腸閉塞の手術を受けた直後に巨泉さんを

見舞った知人曰く、

 

「手術後に会った時には話し辛そうにしていた。頭ははっきりしているのに、口がついていかずにもどかしそうでした。痩せて、皮膚も黒ずんで見えました」

 

と答えていた。

皮膚が黒ずんでみえたのは3度にわたる

放射線治療の副作用だろう。

 

 

久しぶりに会った友人が痩せこけていたら

ショックだよなぁ(´・ω・`)

 

余命カウントダウン?徹子の部屋が見納めか!?

激ヤセが悪化したのは2015年に

腸閉塞の手術を受けた影響によるもの。

 

 

今年2月には友人の永六輔さんと『徹子の部屋』にゲスト出演。

そのあまりの激やせっぷりに衝撃を受けた人も多いはず。

4a9d009e6de13a5e27298bf531308613_26145

 

関連記事:永六輔の余命や引退時期について!復帰は病気でムズカシイ?

 

 

ガチで激ヤセっぷりがスゴい…。

トレードマークの黒ぶちメガネがなかったら

もはや誰だかわからない(´・ω・`)

 

 

あまりの別人ぶりをテレビにさらけ出すことに

みかねた巨泉さんの弟は

「こんな、やせた顔をファンに見せるのはどうなんだ?」

 

とたまらず意見したとか。

 

 

これに対し当の巨泉さんは

 

「隠しているわけじゃないし、徹子さんとの約束だから」

 

と反論。プロ根性を感じさせるエピソードに

おもわず胸が熱くなる。

 

 

残された命があとわずかなのは間違いないだろう。

それでも最後まで約束を優先しようとする姿は

一人の男としての生き様と強さが感じられる。

 

 

黒柳徹子さんが感激するのも無理はない。

スポンサードリンク


自宅売却で遺産準備はすでにスタート!?

そんな満身創痍の巨泉さん。辛い闘病生活は

奥さんと2人の娘によって支えられている。

 

 

▼妻で女優の浅野順子さん

WS000036

 

▼長女の大橋美加さん

0810120132

 

▼次女の豊田チカさん

toyota_chika

 

女優の奥さんにジャズシンガーの愛娘たち。

 

 

なんて理想的な家庭環境なんだ!とおもいきや

奥さんとは再婚、2人の娘は再婚前の奥さんとの

間に生まれた娘だとか(・_・)

 

 

▼最初の妻のマーサ三宅さん

00002012692016428

 

マーサ三宅さんはジャズシンガーなので

2人の娘さんは実母の影響を強く受けたんだろうな。

 

 

遺産のことも考えているのかも!?

巨泉さんといえば数十年前からオーストラリア

ニュージーランドにも自宅を構えていた。

 

 

しかし去年10月にはオーストラリアの自宅を売却、

手放した理由は”終活”の一貫とのウワサも…。

 

 

「自分の命がそんなに長くない」と悟って

財産整理しようと試みたのかも!?

 

 

愛する妻と娘たちになるべくたくさんの

遺産を残そうとする家族思いの精神も

働いて自宅売却に動いた気も…。

 

 

ま、真意は本人にしかわからないので

妄想にすぎないけどね。

ポジっとな(´ε` )

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top