Qlioplus

小嶋陽菜の卒業時期はいつ?卒アルで整形疑惑?肌荒れもスゴい!?

どーも、ポジだよ☆彡

 

卒業発表で今後の動向に注目があつまる

こじはること小嶋陽菜さん

 

 

卒業時期はまだ未定だそう。

 

 

モデル業やファッション関係の仕事に定評があるので

今後は得意分野に絞って活動していくのでは?

 

 

28歳という年齢はなにかと将来について

考えたくなる時期でもある。

 

 

「このままでいいんだろうか?」

と思い悩んだ末の決断だったと思う。

 

 

卒業時期はいつなのか?気になる整形疑惑に

ついても触れてみた(*´ω`*)

スポンサードリンク


プロフィール

maxresdefault (18)

小嶋 陽菜(こじま はるな)

生年月日:1988年4月19日(28歳)

出身:埼玉県

血液型:O型

身長:164cm

事務所:プロダクション尾木

出典:Wikipediaより

 

 

AKB48の初期メンバーだけに在籍期間は

10年以上にもなるベテラン!

 

 

結成当初から”正統派美形アイドル”として

親しまれてきただけにそのキャリアはダテじゃない!

 

 

 

あっちゃん(前田敦子さん)曰く、

「AKB48の美人代表」

と太鼓判を押すほどルックスにも定評がある。

 

 

 

それもそのはず。

AKBに加入前はあのスターダストプロモーション

芸能活動をしていた経歴を持ってるんだとか!

 

 

スターダストといえば北川景子さん本田翼さんなど

美女ぞろいの一流事務所だもんね。

 

 

秋元康さんの目に留まる前にしっかりヨソで

スター性を見ぬかれていたワケだね。

 

 

卒業時期を予想!

「私、小嶋陽菜はやっと卒業できま~す」

明るく声をはずませて卒業宣言したこじはる。

 

 

悲しむどころかもう何の未練も残っていないと

いった印象すらあった。

 

 

やり切ったという思いが強いのか?

はたまた総選挙で1位になれる自信がないと悟り

別のステージで戦う決意をあらたにしたのか?

 

 

真偽のほどはわからないけどすでに気持ちは

新しい居場所に向かっているのは間違いなさそう。

 

 

せっかくならたくさんの人に卒業を祝ってもらいたい。

そんな思いもあるに違いない。

 

 

しかし世間は今、参院選や都知事選のほうに

意識が向いているのも事実。

 

 

こじはるファンとて例外ではない。

それらを考慮すると参院選が終わって一段落したころに

卒業するのでは?ないかと予想する。

 

 

10年以上もトップアイドルとして活躍してきたので

絶好のタイミングを見計らってくるのでは?

スポンサードリンク


目と鼻が違う?卒アルで整形疑惑!?

正統派美人と言われてきたこじはる。

今も昔も変わらないルックスと思いきや、

卒アルをみるかぎり整形ではないか? と疑ってしまう。

 

 

ネットでは小学校時代(?)の卒アル写真が

出回っていたので写真をみながら検証してみよう。

 

 

▼卒アル写真

6070907

▼現在

42f8ec467d4bb56d50ef90d26854f2cf_630

 

どうだろう?

大人になるにつれ顔も変化するので

小学生時代と比べてもあまり意味を成さないかもしれない。

 

 

とはいえ目や鼻のカタチまでそんなに

大きく変わるとは思えない。

面影こそ残っているものの、なんだか別人のようにも…。

 

 

より美しくみせるために目には目頭切開、

鼻にはプロテーゼを入れた可能性はあるかも!?

 

 

高橋みなみさん曰く、「人一番美意識が高い」

と語ってるくらいなのでより美しくなれるのであれば

整形なんてどうってことない!?

 

 

▼鼻にプロテーゼ入れるとこんな感じに!

パッと見だと全然わかんないやヮ(゚д゚)ォ!

スゲ〜職人技だ。

 

 

肌荒れもスゴい!?

整形疑惑とともに肌荒れを指摘する声も多い。

 

▼めちゃ×2イケてるッ!SP出演時

f9a00997

 

ん〜たしかにこれは隠し切れないレベル…。

湿疹のようなブツブツができちゃってるね。

 

 

ハードワークによる睡眠不足が原因なんだろうな。

しっかり休ませてあげればこんな事には

ならなかったはずなのに…AKBはブラック体質?

 

 

卒業発表したのは激務による肌荒れを

解消したい思惑もあったのかも!?

 

 

女子なら誰だって美肌を保ちつづけたいもの。

念願の美肌が手に入る時期はもうすぐか!?

 

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top