Qlioplus

大谷亮平は竹野内豊に似てる?出身や経歴は?CMも気になる!

どーも、ポジだよ(´ε` )

 

え?竹野内豊名前変わった?

こんな勘違いをする日本人がどれだけ増えることか…。

 

 

韓国で俳優として活躍していた日本人が

日本でドラマデビューした。

 

 

日本デビュー第1作目にして

あの福山雅治さんと共演を果たした大谷亮平さん!

11039802_1020545344642413_8072758770330410449_n

 

彫りの深いエキゾチックな甘いマスクが特徴的な

韓流イケメンだ。

日本人として生まれながら活動の拠点は韓国。

 

 

第2のディーンフジオカと呼ばれるのも

納得の経歴を振り返ってみよう♪

スポンサードリンク


大谷亮平プロフィール

 

大谷亮平(おおたにりょうへい)

生年月日:1980年10月1日(35歳)

身長:182cm

体重: 72kg

血液型: O型

 

 

35歳で未だ独身。

 

きっとこれまで俳優人生一筋で生きてきたはず。

 

 

ドラマのなかでたくさん擬似恋愛はすれど

リアルではあまり機会に恵まれなかったとか?

 

 

カッコよすぎるのでそれなりの

美貌の持ち主じゃないと近寄りがたいだろうしね。

 

 

 

実はコテコテの大阪人!?

実は大阪生まれの関西人なんだとか。

大阪といえば鶴橋などコリアンタウンもあるし

なにかと韓国とゆかりのある地域。

 

 

特に生野区あたりは韓国人が

2〜3割はいるそうなのでそのあたりの

出身なのかなぁ?と勝手に予測してみたり。

 

 

何区生まれなのかはわからないけど

小さいときから韓国となにかしらの

縁はあったものと考える。

 

 

ハングルも上手だけど関西弁しゃべってる姿も

これからみせてほしい(*´∀`)

 

これまでの経歴

日本でモデルとして芸能界デビューしたのが

そもそものはじまり。

 

 

2003年にダンキンドーナツのCMをきっかけ

韓国で仕事をするように。

 

 

ダンキンドーナツといえばアメリカのドーナツチェーン。

一時期吉野家グループが日本でも展開していたけど

採算がとれず撤退したらしい。殘念(´・ω・`)

 

 

当時のCMをチェックしてみたけど

全然みつからなかった。

 

 

かわりに撮影中のこんな映像を発見!

ペラペラの韓国語がカッコよすぎる!!

 

 

その後も現代自動車、KTFオリンパス、SKテレコムなど

韓国大手企業のCMに起用されて瞬く間に韓国スターに。

 

 

よぽど韓国でもウケる顔立ちなんだろうね。

彫りの深いイケメンは

どこの国でも重宝されるってことか!

 

出演作品もたくさん

2006年からはCMだけでなく

俳優としてのみちを切り開いていくよ。

 

 

CMだけだと演技の幅がかぎられそうだから

オファーが来たときは超うれしかっただろうね。

 

 

▼おもな出演作品

  • ドラマ ソウルメイト、2006年 – リョウヘイ役
  • ドラマ 東京、天気雨、2008年 – ユウスケ役
  • ドラマ 家に帰る道、2009年、ヒロ役
  • テレビ小説 ボクヒ姉さん、2012年 – ペク・テウン役
  • ドラマ ヒーロー、2012年 – イ・ジェイン役
  • ドラマ 追跡者 THE CHASER、2012年 – ペ常務役
  • ドラマ 九家の書、2013年 – 忍者役
  •  果てしない愛、2014年 – マサト役
  • ドラマ 朝鮮ガンマン、2014年 – 金丸(カネマル)役
  • ドラマ 華政、2015年 – イダチ役

 

役柄の名前をみればわかるように日本人の役が多い。

初期のころはほとんど日本人の役柄のようだね。

 

 

韓国語がまったくしゃべれないまま

海を渡ったそうだからきっと制作スタッフの

ひとたちが配慮してくれたんだろうなぁ。

 

 

なんだか優しさと気遣いを感じさせる(*´∀`)

竹野内豊に激似!?

まず最初みたときの印象はただ1つ。

 

「竹野内豊じゃん!!」

 

▼竹野内豊さん

okike

 

▼竹野内…じゃなくて大谷亮平さん!

2e6e080a8c52b78a3ea668c49af44100

 

似すぎでしょww

 

 

45歳の竹野内さんとは10歳離れてるし

俳優人生も竹野内さんのほうがダントツ長い。

 

 

竹野内さんを少なからず意識した結果

似たような雰囲気が

醸し出されていったのかもしれない。

 

 

日本のメディアは第2のディーンフジオカ

で売りだそうとしてるけど本人としては

第2の竹野内豊と呼ばれたいのでは?

 

 

第2の竹野内豊と呼ばれる日もそう遠くない!

ポジっとな(´ε` )

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top