Qlioplus

ホセ・ムヒカの年収いくら?資産や愛車は?嫁や子供もチェック!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

世界の政治家のなかには本当に偉大なひとがいるもんだね。

 

「世界で最も貧しい大統領」なるキャッチコピーで知られる

元ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ氏

1d95f90c

 

元大統領なのに毎月の生活費は17万円で過ごしていたとか!

いや〜舛添さんも見習ってほしいわw

 

 

2015年2月末で大統領は辞めてるけど

年収は資産はどうなってるんだろう?

スポンサードリンク


ホセ・ムヒカのプロフィール

本名:ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ

生年月日:1935年5月20日(80歳)

出身:ウルグアイ

出典:Wikipedia

 

 

清貧と呼ばれる質素な生活ぶりは幼いころの

貧乏体験があるのかも!?

 

 

首都モンテビデオの都会っ子ながら家庭は貧しかったそう。

家畜の世話や花売りをしながら家計を助けていた

エピソードからもかなり極貧だった様子。

 

 

モンテビデオ大学に入学しているので

大学の入学金や学費なども自分で稼いでいたのかもしれない。

 

 

苦学生だったのはあきらかだ。

 

大学卒業後はゲリラ活動に参加したおかげで

4回も逮捕されるなど波乱万丈の人生を過ごしてる。

 

 

大統領なのに刑務所に入った過去があるとは意外だった!!

 

 

出所して紆余曲折を経てようやく念願の政治家デビュー!

どこまでも激動の人生だ(・∀・)

スポンサードリンク


年収や資産は?

世界で最も貧しい大統領とはいっても

あくまで”大統領”のなかでの話。

 

 

庶民からみれば手が届かないような年収を

稼いでいるのはカンタンに想像がつく。

 

 

大統領時代は毎月120万円前後の収入があったそう。

年収に換算するとかる〜く1000万オーバーなので

高給取りのサラリーマンよりも少し多いくらい。

 

 

現在も政治活動は続けているけど大統領は

辞めてるので給料はグッと減ってるはず。

 

 

とはいえ不動産や株なんかも持ってるだろうから

不労所得だけで十分生活ができそうだよね。

 

愛車は旧式フォルクスワーゲン!

大統領辞めても大物政治家に変わりない。

 

 

エラいひとたちは自分で車は運転せずに

リムジンなどで送迎してもらうのが通常だと思うけど

ムヒカ氏は自家用車を使うらしい。

 

 

▼愛車のフォルクスワーゲン・タイプ1

???????????????????????????

 

1987年式のかなり古いタイプ。

お値段なんと32万円!!!

 

 

ぜんぜん大統領価格じゃないww

小さいときの貧乏体験のせいなのか

お金持ちになっても庶民感覚が抜け切らないんだね。

 

 

親しみまれる秘訣はこういうところにありそう!

国民から支持を得るためのエセ庶民アピールではなく

ホンモノの庶民感覚の持ち主だもんね!

 

 

この発言がすべてを物語ってる。

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

 

嫁や子供は?

こんな素敵な人格者なので当然だけど結婚してる。

 

▼嫁のルシア・トポランスキー

20151012180117

 

夫婦そろって人格者のオーラがにじみ出てる!

おしどり夫婦なんだろうね!

 

 

奥さんも上院議員の政治家らしい。

どおりで知性がにじみ出てるワケだね!

 

 

子供はいないみたい。

お互い政治家同士だと忙しすぎて子育てに費やす

時間がもてなかったんだろうな。

 


清貧って言葉は日本では受け入れがちだけど

実際にホンモノの清貧は数少ない。

 

ムヒカ氏のようにホンモノの清貧に触れてみると

物欲主義から解放されてもっとラクに生きれるかも!?

 

ポジっとな(´ε` )

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top