Qlioplus

京都市右京区のごみ屋敷がヤバい!住民は50代男性!心理や理由が気になる!

こんばんは、ポジだよヽ(=´▽`=)ノ

ポジは典型的なA型だからスゴく几帳面で

キレイ好きなんだよ。

でも世の中には汚い部屋のほうが

落ち着く人もいるから不思議だよね。

 

京都市にある有名なごみ屋敷でゴミが行政代執行(強制撤去)

に踏み切って話題になってるよ。

 

ゴミ屋敷の住民男性に対して

行政側が何度もごみを撤去するよう促していたそうだけど

改善する気配がなかったからいよいよ最終手段に踏み切ったとか・・・

 

行政おそるべしΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

スポンサードリンク


ごみ屋敷に住む50代男性

wst1511120077-p4

これはヤバすぎだよねw

道路にも出ちゃってるから通行人が通れないと

ブーブー文句を言ってるそうだよ。

 

場所は右京区西院乾町付近にあるそうだよ。

 

近くに住む住人の人たちも大迷惑だし

「なんとかしてほしい」

と市役所に通報するのも無理のない話だよね。

 

7月にも文書指導したそうだけど

まったく改善されなかったんだって。

 

市の職員が直接家まで文書を書くように

求めていれば少しは改善したかもしれないけど

ちゃんと家まで行ったのかな?

 

もし郵送で書類を送っていたとのであれば

そもそも郵便受けにもゴミが溜まってて

書類が届いたことすら気づいてない可能性もあるかも。

 

ごみ屋敷の住人は50代の男性とでてるけど

どういう人なんだろうね?

 

ごみ屋敷は長屋型のアパートのようだけど、

男性はちゃんと家賃払っているのかな?

 

ゴミ撤去どころか家まで追い出されたら

ひとたまりもないけど特にニュースに

なっていないから収めているんだろうね。

 

 

まだ50代だから十分に働ける年齢だけど

仕事はしていなかったのかも気になるけどね。

 

頑なにゴミ撤去を拒否し続けてきたことから

自分の哲学を貫く頑固なタイプなのは間違いなさそう。

 

ごみ屋敷に住みたがる人の心理は?

きれい好きな日本人には相反する心理状態だけど

どんな心理なんだろう?

 

京都以外にもごみ屋敷は全国にたくさんあるけど

どうやら「心が満たされていない状態」

が共通点として挙げられるんだって。

 

仕事や家族間のトラブル等、なんらかのストレスが原因で

精神的に病んでしまってごみが片付けられない状態でも

なんとも感じなくなるんだろうね。

 

精神疾患を患ってる人が多いと誤解されがちだけど

まったくそんなことはなくてむしろ

ごく普通の人が多いのも特徴なんだって!

 

一見人当たりがよくてコミュニケーション能力が

高そうなひとでも意外と部屋が散らかっている人はたしかに多いもんね。

 

素の自分を人前に出せずに取り繕ってしまう

傾向のある人は要注意だね。

 

そもそもゴミ屋敷に住んでいる人は

ゴミをゴミと感じていない人が多いそうだよヮ(゚д゚)ォ!

 

ポッカリ開いた心の穴を埋めようとして

ゴミを溜め込んでしまった結果、

本人の気づかぬうちにごみ屋敷と化してしまうんだろうね。

スポンサードリンク


ごみ屋敷条例にもとづいて行政代執行

いくらごみ屋敷とはいっても

行政側が勝手にごみを撤去することは財産権の侵害にあたるから

法律的にできないのがネックだったんだよね。

 

そこで国土交通省が考えたのがゴミ屋敷条例。

ゴミ屋敷をなんとかするために制定された条例というわけだねw

 

病害虫の発生や悪臭など、既に社会的な問題となっていたり、

周辺住民から何らかの苦情等が寄せられているものなど

をゴミ屋敷に定義しているそうだよ。

今回の京都のケースは完全に該当してるよねw

 

全国の250の市区町村でごみ屋敷が

確認されたというからビックリだよね(汗)

 

大阪市や東京の足立区でも

すでにゴミ屋敷条例が制定されているけど

強制撤去(代執行)は今回が初というから注目されるのも当然だね。

 

さぁどうなるゴミ屋敷!

一日でも早く撤去されて平和な日が訪れますように。

ポジッとなヽ(=´▽`=)ノ

 

【11/13追記】

ごみ屋敷問題で全国初となる行政代執行の様子が

速報ニュースで公開されてたよ!

(※動画が削除されていたり読み込みが遅い時があるかもしれないのでご承知をm(_ _)m)

まるでドラマでよく見る財産差し押さえのシーンのようw

行政の人も大変だったろうね。

ひとまずご苦労様でしたヽ(=´▽`=)ノ

スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top