Qlioplus

森野恭行の事故原因は?プロフィールやポルシェの車種について!

a9c7816231e50e5fbd50d97a57f321d1

どーも、ポジだよ(´ε` )

 

ポルシェの試乗中にまさかのアクシデント…‥

 

 

自動車評論家の森野恭行さんが運転中に

事故を起こしてしまったらしい。

 

 

病院に運ばれるもそのまま帰らぬ人に…‥

衝撃ニュースのウラには何があったんだろう?

 

プロフィールや事故原因を探ってみた!

スポンサードリンク


森野恭行プロフィール!

読み方は森野恭行(もりのやすゆき)さん。

1963年生まれ53歳だった。

 

 

根っからのクルマ好きだったんだね。

自分のことを「カーキチ」と名乗っていたw

 

 

自動車専門誌のアルバイト、編集プロダクションの社員を経て

84年からフリーのカーレポーターとして活動を開始!

 

 

プロの自動車評論家として

30年以上もキャリアをもつベテランだった。

 

 

日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員を任されるなど、

その実績は肩書からもよみとれる。

 

 

 

 

スピード出し過ぎが原因か!?

事故当時乗っていたのはポルシェ。

ポルシェといえばフェラーリと並ぶ

スポーツカーの代名詞的存在。

 

 

スピードは300キロを超えるタイプも多い。

 

 

残念ながら日本はドイツのアウトバーンと違って

制限速度があるので性能を試すには不向きではある。

 

 

ポルシェのあまりの性能の良さに気を良くして

法律を無視してでもスピードを

試したくなったのかもしれない。

 

 

プロの評論家としての自覚も災いしたのでは?

きちんと性能を試すには

スピードを出さないと判断できない。

 

 

そんな持ち前のカーキチ魂が

スピードの出し過ぎにつながって

最悪の事故を招いてしまったものと考える。

スポンサードリンク


 

MAZDAターンパイク箱根とは?

事故現場となったのは小田原市にある有料道路。

その名も「ターンパイク箱根」。自動車専用道路だ。

 

 

▼ターンパイク箱根の道路写真

top

森野さんが事故を起こしたのは

片側1車線の緩やかな下り坂なのでおそらく

上の写真のようなところだと思う。

 

 

一般の高速道路にはない珍しい形状なだけに、

思わずスピードを出したくなる心理も高まりそうだ!

 

 

 

ポルシェの車種は?

クルマは出版社から借りたものだったそうだよ。

 

乗っていたのはポルシェ911GT3

NewPorsche911GT3_07

価格はなんと1859万円!!

 

 

ヴィッツやカローラが20台近くも買えちゃう(´ε` )

スピード価格もウルトラモンスター級だw

 

 

最高速は315kmにも達するので加速スピードも

国産車とは比べものにならない。

 

 

動画をみつけたので試しにみてみよう!

颯爽と駆け抜ける走りの素晴らしさはもちろんのごとく、

走行音の美しさにも思わずウットリ(*´∀`*)

 

 

実際に乗れるひとはお金持ちの

ごく一部のひとに限られるだろうけど、

本当にどこまでも夢を与えてくれるクルマだよね!

 

 


クルマに関心のない若者がどんどん増えている。

 

そんな時代に逆風を起こそうと

森野さんは必死だったに違いない。

 

 

そのひたむきな情熱を

ぜひ若者は受け継いでほしい!

 

ポジっとな(*´ェ`*)

 

スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top