Qlioplus

ティーナ・カリーナの大学はどこ?歌唱力を動画でチェック!

どーも、ポジだよ(´ε` )

 

関西弁のタイトルが印象的で

バツグンの歌唱力をもつ

ティーナ・カリーナさん。

photo06

 

「あんた」「あかん」など

コテコテの関西弁を

曲名にしてるのでなんだか印象的!

 

 

斬新さでヒットしたわけではく

歌が超ウマいんだから売れて当然!

 

 

日本レコード大賞新人賞を受賞

するほどの実力者だもんね!

 

 

オペラ歌手の父とピアノの先生の母をもつ

音楽サラブレッドなので

DNAの影響も少なからず

あるかもしれないけどね。

 

 

夜間大学に通ってたそうだけど

大学はどこなんだろ?

ウワサも交えて検証してみたよ(´ε` )

スポンサードリンク


ティーナ・カリーナは夜間大学に通っていた!

大阪の夜間大学に通っていたそうだよ。

 

 

昼は梅田にある阪急百貨店でバイト。

夜はそのまま大学に通う二重生活を

繰り返していたというから驚きヮ(゚д゚)ォ!

 

 

苦学生だったのかもしれないね。

 

 

夜間大学ってお金に困ってる人が行く

イメージが根強いから

勝手な偏見かもしれないけどね。

 

 

大学名こそ明かしていないけど

梅田から通える範囲内にある

大学に通っていたはず!

 

 

近畿大学に通っていたというウワサも

出回っていたけど

あながち間違っていないかも!?

 

 

ミュージシャンの大御所でいえば

シャ乱Qのつんく♂さん

近畿大学出身だし夜間の学部もあるしね。

 

 

梅田からも電車で通える範囲なので

結構イイ線いってる気がするなー

スポンサードリンク


歌唱力はプロデューサー泣かせ!?

メジャーデビューしたのは2012年9月。

 

 

約50社の音楽事務所にデモテープを送って

なんとか1社からオファーがかかって

念願のメジャーデビューにこぎつけたそうだよ。

 

 

絶対プロになる!

覚悟をキメていたんだろうね。

 

 

送られてきた音源テープの歌声を

聴いたある音楽プロデューサーは

思わず目頭がアツくなった

なんてエピソードもあるしね!

 

 

人の心を揺さぶる強いメッセージ性が

歌声にこもっている証拠だね!

 

 

当時音楽プロデューサーは

東日本大震災で被災直後だったから

なおさらズシリと心に響いたんだろうね。

 

 

人の心に強い記憶とメッセージを残せる

歌手は間違いなくホンモノの証!

 

 

やらされてる感じが微塵もなくて

心の底から自分の伝えたい思いを歌にして

表現しようとしてるんだな〜って感じたよ!

 

 

すごく素直で心が真っすぐな

女性なんだろうね〜(*´∀`*)

 

 

歌声についてネットの反応は?

 

文句のつけようがないレベルだもんね!

評判良くて当たり前!

 

 

それにしても歌上手すぎ(*´∀`*)

 

 

関西弁の歌詞といえば

ドリカムの「大阪LOVER」

がいちばん印象に残ってたけど

すっかり更新されちゃったw

 

 

まさに今イチオシのアーティストだね!

 

 

年齢はまだ30歳。

これからいろんな経験を重ねて

歌声にもますます磨きがかかっていくんだろうな〜

 

 

ポジっとな(*´∀`*)

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top