Qlioplus

ウーマン村本のラジオ打ち切り理由は?原因や炎上発言まとめ!

どーも、ポジだよ(´ε` )

ウーマン村本さんの

オールナイトニッポンが終了かぁ。

 

 

あの毒舌ぶりがラジオで

聴けなくなるのはなんだか寂しいよね。

 

 

オールナイトニッポン月曜担当から

外れる理由は一体なんだろう?

 

 

過去の炎上発言をふりかえりながら

打ち切り理由を予想してみた!!

スポンサードリンク


ラジオ打ち切り理由は伊集院光に負けたから!?

深夜の時間帯にもかかわらず

一部のリスナーからは

絶大な支持を集めて人気だったそうだよ。

 

 

正真正銘のゲスだもんねw

どんなゲス発言が飛び出すのか

毎回楽しみにしていたファンも多いはず。

 

 

そんなウーマン村本さんをもってしても

裏番組の伊集院光さんには

勝てなかったのかも。

 

 

毎週月曜深夜1時〜3時放送の

伊集院光の「深夜の馬鹿力」。

 

 

リスナーはほぼ100%

野郎どもで構成されてる

というからビックリヮ(゚д゚)ォ!

 

 

やっぱり深夜の時間帯は下ネタトークを

楽しみにしてる男性リスナーが多いんだろうね。

 

 

視聴率で勝てなかったということは

ウーマン村本さんよりも伊集院光さんのほうが

トークが面白いと感じたなによりの証。

 

 

肛門にからんだギャグなど

持ちネタも多いので

しゃべくりスタイルだと

伊集院さんに軍配があがるようだね。

 

 

伊集院光さんが男性ターゲットならば

逆手をとって女性ターゲットにした

方向性を打ち出しておけば

視聴率争いに巻き込まれなかったかも。

 

 

ウーマン村本さん的にはしゃべくりには

かなり自信もってるはずだから

勝算はあったんだろうけどね。

 

 

しゃべりの腕が試されるラジオで負けたのは

相当悔しい思いがあるだろうな〜(´・ω・`)

スポンサードリンク


過度なベッキー擁護発言も原因か!?

ラジオではたびたびベッキーを

擁護する発言を繰り返していたそうだね。

 

 

多くの芸能人がベッキーを批判するなかで

真逆の発言を繰り返したことで

ネットでも炎上芸人と揶揄されていたもんね。

 

 

スポンサーからの収益で成り立ってる

ラジオ局としてはベッキーを擁護する発言は

スポンサーに対して望ましくないと

ジャッジされたのも原因では!?

 

 

ベッキーとウーマン村本さんは

一時期熱愛のウワサもでるほど

仲が良いので庇いたく気持ちが

出るのは当然だけどね。

 

 

大手メディアを通じての本音トークは

諸刃の剣だと実感させられるな。

 

 

ま、ツイッターで

発言してもおんなじだけどねw

 

 

 

本音を語らずに面白いトークはできないので

ウーマン村本さん的には打ち切りが決まって

吹っ切れたかもしれないねw

 

 

残りの回で”キメ”てほしい(*´∀`)

 

 

過去の炎上発言をおさらい!

20140628-00000005-wordleaf-0f5fb1866fcdaa1c9783c212dac6c8b87

なんとなくゆずの北川悠仁さんにも

雰囲気似てるし黙ってれば

意外とカッコいいんだけどなぁ。

 

 

口を開けばすぐ炎上しちゃうのは厄介だねw

 

 

これまでの炎上発言を

おさらいして人物評してみよう!

 

こいつの返信おもろなさすぎて見るのめんどくさいのでブロック

こーいうお笑いセンスのない人がいるおかげで僕らのお笑いという職業が成立してる。感謝(^人^)

俺を、好きなやつも嫌いなやつも、オンエアみてすぐにアカウント探しだし飛び付いてコメントしてきてるということを忘れるなよ。 おれに対して行動を起こしてるという事実がおれに支配されているという現実。 わかったか! 暇人ブスとモテないネクラども! ヒャッハ♪

君らは必死にコメントもらおうとする側。わたしはのんびりとコメントしてあげる側。金魚に餌やる気分!!!!

 

 

エグいくらい本質突いてるな〜ww

 

 

言ってることがチグハグだったら

スルーされたかもしれないけど

こんなに的を射たツイートされると

思わず反発したくなるのかも。

 

 

うん、でもそれだと

ウーマン村本さんの思うツボ(T_T)

 

 

みんなが心のなかで思ってることや

感じていることを

ただ代弁してるだけなんだろうけどね。

 

 

ストレート過ぎてグサッとくる人が

多いのねきっと。

 

 

ジャックナイフは

千原ジュニアさんだけでいいかもw

ポジっとな(´ε` )

スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top