Qlioplus

眞子さまのアヒル口はわざとらしく可愛くない?猫顔がモテる理由!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

結婚に向けて着々と準備が整いつつある眞子さま

お相手の小室圭さんとの婚約会見もいよいよだね!

 

 

小室圭さんに至ってはいろいろ噂もあるけど

それだけ世間が嫉妬してるってことかな。

小室圭の素性が怪しくて胡散臭い?在日韓国人の噂や経歴について!

 

 

なんたって眞子さまといえば皇室関係者。

天皇陛下の初孫ということもあり、

幼少の頃からワイドショーで頻繁に取り上げられたほど。

 

 

ファンからすれば我が子が親元を離れていくような

寂しさがあるのかもしれない。

 

 

アヒル口と陰口を叩かれるのも愛情の裏返しだったりして・・・。

猫顔がモテる理由についても探ってみたよ(´ε` )

スポンサードリンク


プロフィール

img_0eeba01d3016620f1e1d659ebde81651704252

眞子内親王(まこないしんのう)

生年月日:1991年10月23日(25歳)

出身:東京都千代田区

学歴:国際基督教大学

出典:Wikipediaより

 

口角があがってるのは論理的に正しい

テレビやメディアでみる眞子さまっていつも笑顔だよね。

公務のときに撮影されるケースがほとんどだから当然といえば当然だけど(汗)

ずっと口角上げてると疲れるからプライベートはもう少しラフだと思う。

 

 

 

口角が上がってると美しく上品に見えるので皇室らしさも際立つよね。

明るく前向きな印象を与え、まわりからの注目もひきやすいとか。

それだけじゃない!見た目に与える影響はもちろん、なんと健康効果まで!

 

 

 

口角を上げるだけで幸せホルモンの「セロトニン」が分泌され、

副交感神経が上がることからリラックス効果も期待できるんだそう。

たるみ防止にも一役買ってくれるのでじつに理にかなってるんだよ。

 

 

 

皇室という手前、常に注目を浴びる立場だからストレスにもさらされやすい。

心身ケアのためにも口角を上げた笑顔は欠かせないんだね!

たとえ作り笑顔であっても脳は楽しいと勘違いするので効果は絶大!

スポンサードリンク


アヒル口に賛否両論!?

ただなかにはアヒル口がわざとらしいと揶揄する向きも・・・

口角を上げると自然にアヒル口になるから仕方ないのでは?

 

 

 

先天性のものと意図したものに分かれるものの、

眞子さまのアヒル口はおそらく後者。

 

7

 

可愛いという意見もあればそうでないという意見も。

おそらく年齢や世代によって感じ方に差があるんだと思われる。

そもそもアヒル口が広く知られるようになったのは鈴木亜美のおかげ。

 

 

 

可愛すぎるルックスの背景にアヒル口があげられると98年頃から爆発的人気に!

それまでコンプレックスと捉えられがちだったアヒル口は一転、

キュートさやセクシーさを含むポジティブな意味合いへと変化していったとか。

 

 

最近だと桐谷美玲なんかも”アヒル口芸能人”として有名だよね!

桐谷美玲の痩せすぎは拒食症が原因?食べても太らない体質は本当?

 

 

 

時代が変われば人々の認識も変わるもの。アヒル口はまさにその身近な例。

今ではアヒル口にあこがれて整形を希望する子も

いるんだからスゴい変化だよねw

 

 

少なくとも眞子さまのアヒル口を毛嫌いする

若者(10〜20代)はほとんどいないのでは。

 

猫顔がモテるワケとは?

アヒル口は賛否両論分かれるものの、猫顔は意外なほど好かれやすい?

眞子さまは子どもの頃から猫顔っていわれてるよね〜(ΦωΦ)

釣り目がちでくりっとした黒目然り、小さな鼻はたしかに猫っぽいかも。

 

 

 

とかく猫顔の女性には美人が多く、モテやすい傾向にある。

芸能人でいえば北川景子、柴咲コウ、桐谷美玲あたりは

猫顔美人として有名だよね!

 

 

犬顔の男性がモテるのとは対照的に女性は猫顔が人気のようだね。

 

 

 

自由気ままでどこかミステリアスな猫。

人懐っこい甘え上手とおもいきや、急にそっぽを向いたり・・・。

 

 

ツンデレのバランスが絶妙なのも手伝ってか、

そのギャップに虜になる猫好きは後を絶たない。

 

 

 

そんな猫の特徴をそのまま人間にも当てはめてしまうんだろうか。

愛され上手な女性にやたらと猫顔が多いのは

ネコ特有の小悪魔っぽさにシンパシーを感じるからかも。

 

 

 

幸いにも、みんなが大好きな猫顔をもつ眞子さま。

一般人になってもその猫っぽさで

人々を魅了しつづけるにちがいない!ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top