Qlioplus

由紀さおりの在日韓国人疑惑は嘘?若い頃の画像や国籍が気になる!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

由紀さおりと入力すると『国籍』がでてくるので

もしやと思ったら在日疑惑があるらしい(・_・;)

ネットの情報なので真偽は不明だけどやっぱり気になるよね。

 

 

経歴をたどりながら疑惑を検証してみようと思う。

スポンサードリンク


プロフィール

3616

由紀さおり(本名:安田 章子)

生年月日:1948年11月13日(68歳)

出身:群馬県桐生市

学歴:洗足学園短期大学英文科卒業

事務所:安田音楽事務所

出典:Wikipediaより

 

ブレイクまでの道のり

生まれは群馬県桐生市だけど

3歳の頃には横浜に引っ越してるのでほとんど記憶ないと思う。

群馬県の東部にある人口12万人ほどの小さな街だよ。桐生織が有名。

 

 

 

姉の安田祥子とともに少女時代から童謡歌手として活躍したのち、

1965年に本名の「安田章子(やすだあきこ)」で本格デビュー。

 

 

その後は鳴かず飛ばずの日々が続くものの、

由紀さおりに改名後、みごとブレイク!

 

 

すっかり代名詞となった「夜明けのスキャット」はミリオンセラーだもんね。

 

 

意味のない音をメロディーにあわせてアドリブで歌うことを

スキャットというように、大半が「ルー、ルールルルー…」だから覚えやすさも◎

 

 

 

誰でも歌えるキャッチーなメロディーや歌詞も大ヒットの要因かも。

 

 

この大ヒットを機に紅白歌合戦に初出場しただけでなく、

いかりや長介にタレント性を見出されて

コメディエンヌ(喜劇女優)としても大活躍!

 

 

 

演技力もバツグンのようで。

松田優作主演の『家族ゲーム』では母親役を熱演、

なんと日本アカデミー賞助演女優賞を受賞するほどヮ(゚д゚)ォ!

 

 

歌手のみならず、司会者・タレント・女優と

マルチな才能をもつ生粋の芸能人だね(゚∀゚)

スポンサードリンク


在日疑惑その1〜名字から派生?

由紀さおりの国籍が怪しまれるのは経歴にあるのかもしれない。

姉の安田祥子が本名を名乗ってるように本名は安田章子

 

 

「安」という字は韓国に多い姓なので安田は通名じゃないか?

と疑われてるようだね。

だとしたら姉が堂々と安田を名乗って活動するとは思えないけどね・・・。

 

 

 

女優の安田成美の影響もあるんじゃないかと。

明確な根拠はなく噂レベルではあるものの、

鄭成美(チョ・ソンミ)が本名で帰化しているというのがネット上の通説。

 

 

 

NHKの朝ドラ「春よ来い」では太平洋戦争のシーンの直後に

ヒロインを途中降板したことや、

 

その理由について作家の塩田丸男がワイドショーで

安田成美さんは在日なんですよね

と発言したこともあって未だに在日疑惑がくすぶりつづける要因に・・・。

 

 

 

このこともあって安田と名のつく芸能人は

おのずと在日疑惑がかけられるようになったのでは?

なんの根拠もない安田美沙子でさえ在日疑惑がもたれてるんだからΣ(´∀`;)

 

 

 

そう考えると塩田丸男が芸能界から追放されたのは当然の処置といえるかも。

テレビがもたらす影響力を考慮せず、

根拠もない出自に触れるなんて言語道断だよね。

 

在日疑惑その2〜顔立ちも原因?

これはあくまで個人的な見解だけど顔立ちによるところも大きいと思う。

最近は丸みを帯びたせいか(失礼!)きわめて日本人顔だけど、

 

 

若かりし頃のCDジャケットを色々探ってみると

日本人というより韓国人のほうがシックリくるのはたしか。

 

 

切れ長の一重まぶたに全体的にのっぺり顔が韓国人の特徴だそう。

頬骨が高く、エラが張ってるところも酷似。

 

 

角度のせいもあるのかな?いや、そうでもないか。

1971年にリリースした『初恋の丘』はチェ・ジウと見間違うほどだし。

チェ・ジウの不動産収入がヤバい!現在はビルオーナーでボロ儲け!?

 

E5889DE6818BE381AEE4B898

 

色白さも相まって余計に韓国人にみえて仕方ない。

経歴うんぬんはさておき、ぶっちゃけ見た目で判断されてる気も・・・。

とはいえ帰化した形跡もなければ明確な根拠を示すデータは皆無。

 

 

とにもかくにも、こういう曖昧さがあるからこそ、

ネットの餌食にされやすい面はあるのかな。つくづく平和な国だw

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top