Qlioplus

草刈紅蘭はやりたいことを曲げない!カップ好評で水着グラビアも?

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

強烈で個性的なキャラクターでおなじみの紅蘭(くらん)

本業はダンサーながらもタレントとしても活躍中だよね。

草刈正雄の長女ってことで当初話題になったけど今ではすっかり独り立ち!?

 

 

 

会社を設立したみたいだね。

エクササイズのレッスンを行う会社のようだけど27歳で独立とはスゴイ。

 

これまでは草刈正雄の個人事務所に所属していたものの、

親の七光りと思われるのが嫌だったとか。

 

 

ダンサー、パーソナルトレーナー、タレント、そして実業家。

やりたいことをどんどん実現させていく行動力の源泉とはいったい!?

スポンサードリンク


プロフィール

001 (4)

紅蘭(くらん)

生年月日:1989年8月30日(27歳)

出身:東京都

身長:166cm

スリーサイズ:89 – 58 – 87 cm

所属:バービィオフィス

出典:Wikipediaより

 

芸能よりダンサー志望に傾いた背景

意外や意外!もともとテレビに出ることは興味がなかったそう。

俳優、元モデルの両親のもとで生まれ育ってるのに不思議だよね。

もちろん両親からは『女優になれ、歌手になれ』とさんざん言われたみたい。

 

 

 

トラウマによる反抗心から憧れがなくなったのが原因のようだね。

押し付けられると反抗したくなるのが子供心というもの。

 

 

そのまま従うことなく、

中学生の頃に興味をもったダンサーとして歩んでいくことに・・・。

 

 

 

ヒップホップ、ジャズ、ハウス、ロックダンスと歩んで

最終的に行き着いたのがポールダンサーという職業。

ジャンルに縛られることなく自由に踊れるところに魅力を感じたそう。

スポンサードリンク


自分の意志を曲げない強い女!

とにかく束縛を嫌う自由人気質なんだろうね!ポジと似てるなw

ただ、父・草刈正雄はというと大反対。

 

 

 

ポールダンサーといえばセクシーな衣装を身にまとって

妖艶なポーズで踊るのでいろいろ不安があったんじゃないかと。

 

 

そんな親の反対を尻目に、

高校に入ると独断でアメリカダンス留学を決行したそうな(・_・)

 

 

 

ホリエモンがバカは最強の法則を説いてたけどまさしく(゚∀゚)

 

行動力と勇気さえあれば人生なんてどうにでもなるんだね!

未だに英語ができないにもかかわらずプロダンサーの夢を叶えてるんだから。

やりたいことを曲げずにそれしか考えないことが夢を叶える秘訣だそう。

 

 

 

ワガママたれ!と置き換えられるかも。せっかく一度きりの人生。

人生の主導権を誰かに委ねるのはラクではあるものの、

それだとあまりにもったいない。

 

 

人間のもつ無限の可能性を信じてるからこそ、

大胆な行動がとれるのかもしれないね。

小利口におさまりすぎて行動力がない者からすれば羨ましい存在だね!

 

 

あ〜、もっとバカになりてぇーーーー∠( ゚д゚)/

(もちろんいい意味で)

 

最強!グラマラスボディー!

日テレの『有吉反省会』に初出演したときはかなり反響を呼んだよね!

草刈正雄の娘という二世タレントのネームバリューはもちろん、

ダンディな正統派二枚目俳優とは似ても似つかないアゲアゲ感だもんw

 

 

 

面白そうだったからテレビ出演することにしたそうなΣ(´∀`;)

女心と秋の空。きっと大人になるにつれて心変わりしたんだろうね。

2013年に満を持して興味のなかったはずの芸能界デビュー!!

 

 

 

ド派手なアゲアゲメイク、ポールダンスで鍛えた抜群のスタイル、

ぶっ飛んだトークも相まって瞬く間に人気タレントの仲間入りだからスゴイ。

 

 

 

二世タレントとしてのデビューは本意でないにせよ、

唯一無二のキャラクターを築き上げたのは自身の行動によるもの。

推定Fカップといわれるグラマラスボディも本人の努力の賜物だからね。

 

 

 

89 – 58 – 87 cmのグラドル顔負けのスリーサイズは

張本だったら確実にあっぱれ!を与えたくなるはず。

ボン・キュッ・ボンのプロポーションは水着映えもヤバい!

 

 

なみにサトエリ(佐藤 江梨子)と同等のスリーサイズだよ?

その気になればプレイボーイの表紙とか余裕で飾れるよね。

グラビア進出しないのが不思議でしょうがない。稼げるチャンスなのに・・・。

 

 

 

は、会社を立ち上げたってことはもしやこれから新規事業でやるかも!?

グラビア本格進出が待ち遠しくて仕方ない。

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top