Qlioplus

紀真耶は多部未華子似でかわいい!水着やスリーサイズも気になる!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

サタデーステーションとサンデーステーションで

スポーツキャスターをつとめる紀真耶アナ

テレ朝の若手アナのなかでも有望株といえる存在だよね!

 

 

高島彩とのツーショットではまだ見劣り感が否めないものの、

少しずつ存在感が増して大人の色気も纏いつつあるので今後が楽しみ♪

スラッとしたスレンダー体型も見逃せない!

スポンサードリンク


プロフィール

f50243eb

紀 真耶(きの まや)

生年月日:1992年11月7日(24歳)

出身:東京都

身長:162cm

学歴:青山学院大学国際政治経済学部

趣味: 舞台観劇、美味しいお菓子を探すこと

特技:アルペンスキー

 

多部未華子にそっくり!

たぶん最初見たときこんなふうに思ったひとも多いハズ。

 

え?多部未華子じゃね?

 

 

 

女優だけじゃなくキャスターまでこなすなんてスゴイ!

桐谷美玲に対抗して事務所がキャスティングしたのかな?な〜んてね。

まさか2015年入社の紀真耶アナだったとは・・・

 

 

 

多部未華子似のテレ朝新人”とネットニュースでも報じられたそうなので

やっぱりみんなの感じ方もいっしょ!(安心感w)

よくみると多部未華子のほうがエキゾチックな顔立ちだけどまぁ似てるわな。

 

sikaku

 

ともに東京育ちでお嬢さま学校出身(多部未華子は東京女子大卒)だからか、

顔立ちだけじゃなく放つ雰囲気までソックリ!

もし多部未華子がアナウンサーだったら完全にキャラかぶりだね(汗)

 

 

 

スポットライトを浴びる職業って意味では共通だけど

活躍するジャンルが違うからひとまずセーフ(´ε` )

 

紀貫之との関係は?

多部未華子似もさることながら、名字の珍しさもあいまってインパクト大。

平安時代の歌人で有名な紀貫之とおんなじ名字だもんね!

漢字三文字にあてはめた様子をみると末裔かな?と勘ぐっちゃうよね。

 

 

 

好きな本が『土佐日記』だったら末裔といっても過言じゃないけど

夜のピクニック(恩田陸)』と村山由佳の本が好きらしい。

イマドキ女子が好みそうな現代小説ばっかじゃん(*_*)

 

 

 

歌を詠むのが得意というわけでもなく、特技はスキー

スキー準指導員の資格まで持ってるんだから超本格派!

インドアよりアウトドア寄りのアクティブウーマンなんだね!

 

 

 

強いていえば原稿を読むのがアナウンサーの仕事だから

”よむ”という意味では共通項も・・・。

 

 

「読」は書いてあるものをみて言語化(黙読したり、音読したり)すること、

「詠」は自分の中にある思いをある形式にのせて言語化すること。

うん、意味違うねw

 

 

 

そもそも珍しい名字には違いないものの、全国でおよそ1300人もいるんだとか。

もしホントに末裔だとすればメディアが目を付けないわけがない。

織田家の末裔を猛プッシュした織田信成のように・・・。

 

 

 

入社前から”大型新人”として注目されてたので

売り出しポイントがあるならなるべく使ったほうがテレ朝的にも好都合。

自社の局アナに注目が集まればそれだけ視聴率が見込めるんだから。

 

 

 

そういった動きがまったくないってことは末裔ではなく

たまたま姓が一緒なだけなのかもしれないね。

スポンサードリンク


 

水着審査ありのミスコン出場歴も

紀真耶アナといえばプロポーションの良さも人気の秘訣。

それもそのはず、大学時代から芸能事務所に所属して

モデルやタレントとして活動してたんだとか。

 

 

 

身長162cm、スリーサイズはB76-W59-H82

キュッと引き締まったスレンダーボディは

小5からはじめたアルペンスキーで培われた賜物?

 

 

 

世界4大ミスコンテストのひとつとされる

ミスアースの日本代表選考会でファイナリストに選ばれたほど!

水着審査も含まれるので今ではまずお目にかかれない貴重なビキニ姿もヮ(゚д゚)ォ!

 

mej001-IMG_1879_thum

 

 

自身に満ち溢れた表情はプロのモデルそのもの!

個人スポーツのスキーのおかげで周りに流されない性格が形成されたらしく、

その強みがきちんとモデルにも活かされてるよね!

 

 

 

日本代表に選ばれてたらアナウンサーではなくモデルの道に進んでたかも。

清楚系でありながらセクシー路線もいける紀真耶アナ。

”大型新人”と言わしめた看板に偽りナシだね!ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top