Qlioplus

島本真衣アナの黒目はカラコン?目頭切開の整形疑惑や脇汗も調査!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

グッドモーニングでキャスターを担当するテレ朝の島本真衣アナ

同局アナとの不倫疑惑報道で姿を消した田中萌アナの代役

すっかり定着したよね。

 

 

 

ただ、平日レギュラーでほぼ毎日人前に立つとなると

有名税なのかあることないこと噂が飛び交ってしまうのも事実。

人気の裏返しともいえるさまざまな噂を検証してみた!

スポンサードリンク


プロフィール

que-1463665719

島本 真衣(しまもと まい)

愛称:まいぷー

生年月日:1983年12月11日(33歳)

出身:兵庫県

身長:159cm

学歴:学習院大学文学部

所属:テレビ朝日

 

先輩アナの暴露でカラコン疑惑浮上?

ファッションアイテムのひとつとされるカラコン

黒目を大きくみせる効果があることから可愛く見せたい女子に大人気だよね!

実際に女子アナ界でもカラコンを装着してるひとが多いんだとか。

 

 

 

テレ朝の久保田直子アナがバラエティ番組でカラコン告白して波紋を広げたばかり。

ご多分に漏れず『黒目を大きく見せたい』という理由からだそう。

 

 

人前に姿をさらす以上、コンプレックスは

なるべく隠したい心理がはたらくんだろうね。

 

 

 

そんなわけでテレ朝の女子アナ後輩にあたる島本アナに

カラコン疑惑が飛び火したのは言うまでもない。

結構みんな入れてます!」と主張したもんだから余計にタチが悪いw

 

 

 

黒目の比率が1:2:1(白目、黒目、白目)となるのが

一番可愛くみえる黄金比率にあたるんだとか。

 

 

 

平均的な日本人の瞳は1:1.5:1とされるので

ちょっと黒目が大きくなるだけでガラッと印象が変わるんだね!

 

eec11ad2faf27d8a4acd9927b3187293_14859

 

パッチリした瞳が魅力的といわれるのはもしやカラコンのおかげ?

もとの可愛さをさらに引き立てる効果があるんだから

個人的にはカラコンでも問題ないと思うけど・・・

 

オシャレの延長としてカラコンをつけてる可能性はあるかもね(´ε` )

スポンサードリンク


目頭切開の整形疑惑はデマ?

カラコンはまだしも目頭切開の噂はさすがに信憑性が低い。

アジア人特有の”蒙古ひだ”と呼ばれる目頭を覆う皮膚を取り除くことで

目元の印象をガラッと変える目頭切開。

 

 

 

蒙古ひだを取り除くと目頭のピンクのみえる部分が大きくなって

大人びた美人顔になるということで芸能人の間でも大人気!?

元モー娘。メンバーの辻希美は目頭切開のレジェンドなんて言われてるよね(・o・)

 

 

 

アイドルに多いとされる目頭切開が女子アナ界に波及してもおかしくはない。

人目を浴びるという点ではアイドルも女子アナも似たようなもの。

 

 

 

より魅力的にみせようと整形願望こそ芽生えるかもしれないけど

局アナだとなかなかむずかしいのが現実では?

 

 

会社の看板を背負って仕事してるんだから許可なしに

顔をイジるなんてことはまず許されるはずがない。

テレビ局のブランドイメージに関わるので許可するとも思えんw

 

 

 

フリーアナだったらいざしらず、局アナだとかなり厳しいんじゃないかと。

整形であってほしいと願うアンチによる嫉妬心がウワサのもとだろうね。

整いすぎた美人顔で生まれるのも意外と大変だな(;´Д`)

 

ネットで話題の脇汗とは

テレビ出演中に脇汗がみえてたそうで『脇汗』と検索するひとも多いようだね(汗)

新陳代謝がいい証拠なので健康的でいいんじゃない?

高校在学中はチアリーディング部で活躍したバリバリの体育会系だしね。

 

 

 

そしてなんといってもお父さんは元プロ野球選手!

プロ引退後も野球解説者として活躍する島本講平の娘なんだよね。

現役時は南海ホークスや近鉄バファローズで活躍した外野手だったとか。

 

 

 

アスリートは一般の人より汗腺が多いそうだから体質的な遺伝もあるかも。

刺激の強い食べ物は交感神経を活発にして汗をかきやすい体質にさせるので

タイ料理や韓国料理を好んで食べてるとかも考えられるよね。

 

 

 

豆乳や豆腐、納豆、もやしなど、

イソフラボンがたくさん含まれる食べ物は

交感神経を抑えて副交感神経を刺激するので脇汗対策になるんだそう。

 

 

ネット民に叩かれないために食生活改善で対策に励んでたりして!?

人に見られ続けるのも大変だヮ(゚д゚)ォ!

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top