Qlioplus

岡田隆之介の事務所や大学はどこ?実家暮らしで彼女も気になる!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

ますだおかだの岡田一家は典型的な芸能一家なんだね!

嫁は元お笑い芸人の上嶋祐佳、娘はタレントとしてブレイク真っ只中の岡田結実

そしてさらに長男の息子は俳優だったとは(*_*)

 

 

 

本名の岡田隆之介という名義で芸能活動してるそうだよ。

”三代目JSB”風のイケメンだと話題になりつつあるので妹に続いてブレイク必至!?

スポンサードリンク


プロフィール

o0480071913242027930

岡田 隆之介(おかだ りゅうのすけ)

生年月日:1998年1月20日(19歳)

出身:東京都

身長:170cm

趣味:ジョギング、ゲーム

特技:卓球

所属:アービング

 

所属事務所はブレイクタレントぞろい

岡田結実よりも2歳上なのでお兄ちゃんだね!

両親がお笑い芸人の割にクールでおとなしそうな印象だったのが意外。

反面教師かなw父親のサブいギャグを幼少の頃から見続けて冷めちゃったのかも・・・

 

 

 

とはいえ俳優として活動してるので芸能人の血はしっかり受け継いでるんだね。

所属するアービングは葉加瀬マイ永尾まりやなど

人気引っ張りだこのタレントが勢揃い!

葉加瀬マイが在日韓国人の噂はデマ?実家は金持ち?体重も調査!

 

 

 

プロモーションに期待がもてるのでどう売り出していくか楽しみだね♪

さんま御殿!!に出演させるのも世間の反応を見て

今後の参考材料にしようって魂胆だろうな。

 

 

事務所の先輩にあたる葉加瀬マイとは一緒に食事したりする仲のようだね。

 

 

 

イケメンだからかさぞかし可愛がられてるみたいw

素直で聞き分けの良さそうな性格っぽいのでなおさらだね。

謙虚な礼儀正しさがあればきっと仕事オファーは増えてくるはず。

 

 

芸能界のイロハをきちんとわきまえてるのは両親による教育のおかげかも。

大学に進学してる可能性は?

19歳ということで高校卒業して大学1年生にあたる年齢だよね。

妹の岡田結実とおなじく日出高校に通ってたみたいだから

もともと将来は芸能人志望だったと思われる。

 

 

 

ただ、芸能界はいつどうなるかわからない先行き不安定な職業。

父の岡田圭右は少なからず大学進学を望んでるんじゃないかと。

 

 

 

もし違う道に進みたくなったらときに大卒のほうが有利だから

娘に伝えたことがあるそうだし。息子に対してもおなじ思いだと思う。

じぶんが大卒だと子供にも大学までは通わせたいと考えるのが親心というもの。

 

 

 

日出高校の特進コースならば2年生から予備校講師による受験対策もあるそう。

数は少ないけど早慶クラスの大学合格者もいるので

難関大学を目指すこともじゅうぶん可能。

 

 

 

父親の意向を受けて大学に通いながら芸能活動を両立させてる可能性もあるのでは?

ブレイクして芸能活動が軌道にのったら辞めればいいんだし(*´Д`)

リスクヘッジしながら活動したほうが精神的な負担も軽くなるもんね。

スポンサードリンク


はじめての彼女に母激怒?

母親のブログでは愛息・隆之介とのツーショット写真がた〜くさん!

一緒にショッピングしたりと親子の仲良しぶりは相当のもんだね!

マザコン説が広まる恐れもあるのでちょっぴり心配だけどΣ(´∀`;)

 

 

 

まだ実家暮らしのようだから一緒にいる時間は必然的に長くなるよね。

母親が溺愛してるっぽいので実家に居させようと仕向けてる気も・・・

自立を促すならさっさと一人暮らしさせるのがベストだと思うけどね。

 

 

 

過保護に甘やかしちゃうと一人前の俳優として大成させるにもマイナスでは?

ゆとり世代だからといって無理に型にはめる必要はないわけで。

 

 

 

親子共演はいっさいしないと宣言する父・圭佑とちがい、

母は子供の教育というよりエゴを満たそうとする面がつよいのかも。

じぶんのそばにいてほしい、寂しさを紛らわせたいというたぐいの・・・。

 

 

 

20年ぶりのテレビ出演となった『踊る!さんま御殿』では

息子・隆之介の彼女について怒り狂う複雑な心境を激白したらしい。

 

 

その内容はともかく、他の女に取られるのがイヤでたまらんという

恋人同士のような嫉妬心が垣間見れるよね。

もうすぐ立派な大人になるんだからもう少し成長を手助けすべきでは?

 

 

 

誰と付き合おうが本人の自由なので

親のことなんか気にせず堂々と付き合えばいいのだ!

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top