Qlioplus

ヒロド歩美は髪型変えて可愛くなった!身長や右目のほくろに迫る!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

旅サラダでリポーターとして活躍中のヒロド歩美アナ

プロレスラーさながらの迫力満点な名前が印象に残るよね。

父親が日系オーストラリア人三世でハーフなんだそう。

 

 

 

本名はヒロド・ビクトリア・歩美。ベッキーならぬビッキーって呼ばれてるそう。

インパクトに残る名前だけでなくルックスも激ヤバ!可愛すぎると評判だよ!

その秘訣とはいったい・・・???

スポンサードリンク


プロフィール

CpbqSADVUAA3HBE

ヒロド 歩美

生年月日:1991年10月25日(25歳)

出身:兵庫県宝塚市

国籍:オーストラリア

身長:164cm

学歴:早稲田大学国際教養学部

所属:朝日放送

出典:Wikipediaより

 

アナウンサーを目指したきっかけ

ハーフで兵庫生まれだけど国籍はオーストラリアなんだね!

宝塚市といえば宝塚歌劇団の聖地!

身長164cmでスタイル的にもクリアしてるので受験資格は十分あるよね!

 

 

 

容姿端麗がマストだけどちょっとタイプが違うかな?

キレイというよりかわいい系だもんな。

いずれにせよを活かす職業には就いてただろうね。

 

 

透き通った力強い声はポジティブですごく元気もらえるよね。

アナウンサーを志すようになったのは声の良さに気づかされたから。

声を聞くと元気が出ると言ってくれたおばあちゃんの一言がきっかけだとか。

 

 

 

さりげなく孫の才能を見抜いてるあたりがさすがおばあちゃんw

身内の一言ってものすごく影響力あるもんね。

早稲田に進学したのもアナウンサーになるためだったんじゃないかと。

 

 

 

高学歴じゃないとアナウンサーは厳しいから勉強も頑張ったのでは?

学生時代には「早稲田コレクション2010」でファイナリスト、

ミス・ユニバース・ジャパン千葉大会でベストパーソナリティ賞に輝くなど経歴も申し分ない。

 

 

 

テレビ局から内定をもらうための手段として箔をつけようとしたんだろうね。

夢を実現できたのはハーフ特有の天性の美貌だけでなく、

綿密な計画にもとづいた努力と行動の結果だと思う。

 

 

 

ネアカで外交的、人見知りとはいっさい無縁な性格もアナウンサー向きだよね!

西のカトパン”と呼ばれるのもまぁ分からんでもないな。顔は全然似てないけどw

スポンサードリンク


髪型変えてさらにキュートに!

イマドキの女の子らしく、オシャレに敏感で髪型のイメチェン頻度も高め

カラーを染めたりショートにバッサリしてみたり・・・とにかく変幻自在!

 

 

 

大学時代はロングで茶髪のギャル風。今とはまるで別人だヮ(゚д゚)ォ!

hirodo01

 

 

とおもいきや、ABC入社時は一気にトーンダウン。

ギャル風ヘアから一転、和風美人なデコ出し黒髪スタイルに!

224_full

 

新人らしい初々しさと清楚感たっぷりの黒髪がいいかんじ♪

もともと大人っぽいのがさらに大人っぽく可憐に

でもハーフだから自毛じゃないよね?

 

 

 

入社3年目に突入した現在はこなれ感を演出する茶髪スタイルに!

すっかり仕事も板についてきて余裕がでてきたあらわれかも。

 

CpbqSADVUAA3HBE

 

その人の生まれ持った色(肌・髪・瞳・頬・唇など)と

雰囲気がマッチした色はひとりひとり違うもの。

茶髪スタイルが定着してきたのはパーソナルカラー診断した結果だったりして。

 

ホクロは隠れチャームポイント?

ルックス、美脚、笑顔とかわいいポイントを挙げたらキリがないほど!

個人的にはそれらももちろん、目のホクロもチャームポイントだと思う。

 

 

 

さっきピックアップした写真をよくみれば分かるんだけど

右目の下あたりにホクロが確認できるよね?

目の周りのホクロは可愛さを際立たせるチャームポイントのひとつ!

 

 

 

泣いてるようにみえることから”泣きぼくろ”と呼ばれることも。

人相学によると泣きぼくろの位置で運勢がわかるんだとか。

右目の泣きぼくろは人気者の証らしいのでズバリ当たってる!

 

 

 

恋愛運にも恵まれ、最終的に安定した家庭を築くことができるそうな。

どおりで阪神の藤浪晋太郎投手と熱愛疑惑が浮上するワケだw

双方とも否定してたのでガセだったとはいえ、いつ誰と熱愛するかわからんな・・・

 

 

 

運も実力も伴った最強女子アナの行方から目が離せんッ( ・ิω・ิ)

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top